イギリス食器「ロイヤルアルバート」の優雅で洗練された華やかな世界をお届け☆

イギリス生まれのロイヤルアルバート。美しい花柄を得意とする食器なんです。ロイヤルアルバートの食器はどれもステキで、1客持っているだけでテンションが上がりそう。しかも色々な種類があるんです。そんなロイヤルアルバートの世界をお届けします。

2016/10/19更新
イギリス食器「ロイヤルアルバート」の優雅で洗練された華やかな世界をお届け☆

イギリス生まれのロイヤルアルバート。美しい花柄を得意とする食器なんです。ロイヤルアルバートの食器はどれもステキで、1客持っているだけでテンションが上がりそう。しかも色々な種類があるんです。そんなロイヤルアルバートの世界をお届けします。

華やかなロイヤルアルバート

19世紀に誕生した老舗

ロイヤルアルバートの誕生は1896年。実に100年以上も続いているブランドなんです。


 

広告

 

イギリスで誕生

イギリスで誕生したロイヤルアルバート。名前の由来は王室から。イギリス王室を代表する女王ヴィクトリアの夫、アルバート公と夫妻の孫であるアルバート・ジョージ王子の名前からとられました。


 

高貴な名前

そんな高貴な名前を冠されたロイヤルアルバート。100年たってもその輝きは変わらないでいますね。


 

シリーズ展開も豊富

ロイヤルアルバートは、いくつものシリーズを展開しています。その数5つ以上。どれも長い歴史の間に誕生してきたものばかりですよ。


 

薔薇のパターンが定番

ロイヤルアルバートといえばバラのパターンというほど薔薇を愛しているブランドです。こちらのレディーカーライルにも薔薇のパターンは使われています。


 

何を載せても合う

ぶどうをそのままのせても、ロイヤルアルバートがぶどうを素敵にみせてくれます。おいしさがアップしたように感じますよ。


 

スイーツも合う

もちろんスイーツにだって合います。夢のような華やかな世界を体現するロイヤルアルバートとスイーツなんて、素晴らしい組み合わせですね。


 

フルーツパンチにも

もちろんフルーツパンチだって。イギリスで誕生した食器ということで、紅茶をイメージされるかもしれませんが、紅茶だけでなくなんだって合わせられるんです。


 

ピクニックに持っていっても

室内だけでなく、外での食事にもロイヤルアルバートはぴったりですよ。青い空の下でロイヤルアルバートを使ってピクニックなんてすばらしいですね。


 

朝食にも

朝からロイヤルアルバートで優雅な気分をどうぞ。1日の始まりに使えば、その日はずっとハッピーが続きそうです。


 

ミルクティーにも

やっぱり王道なのが紅茶。ミルクティーを飲むなら、ぜひロイヤルミルクティーで。


 

3時のおやつにも

色とりどりのスイーツと色鮮やかなロイヤルアルバートのシリーズ。とっても素敵です。


 

記念日にも

記念日にはぜひロイヤルアルバートの食器を使ってほしいですね。テーブルがより華やぐこと間違いないですよ。


 

まとめ

いかがでしたか。優雅で洗練された夢のようなロイヤルアルバートの世界。ぜひ食器を集めてこの世界に浸ってみてくださいね。

 

こちらもおすすめ☆

https://folk-media.com/265031

https://folk-media.com/293099

https://folk-media.com/140429

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!