キャベツ×ピーマンを使った簡単料理まとめ。冷蔵庫の食材を上手に使いこなそう!

小さな玉になったキャベツや、大袋入りで購入したピーマンの残りは、どのようにお料理しようかと悩ましいですね。今回は、キャベツとピーマンをふんだんに使った美味しい人気料理のレシピをご紹介します!

公開日:
キャベツ×ピーマンを使った簡単料理まとめ。冷蔵庫の食材を上手に使いこなそう!
kezelnuts

kezelnuts

ライター

栄養士。生活習慣病予防アドバイザー。出版社勤務後、西洋料理を学びに渡仏。シェフの「追いバター」に衝撃を受け、路線変更。調理器具メーカーに勤務し、圧力鍋など調理器具の正しい使用法や家庭料理から西洋料理など幅広いジャンルの料理教室の運営等に携わってきました。

キャベツ×ピーマンの人気レシピ集

小さな玉になったキャベツや、大袋入りで購入したピーマンの残りは、どのようにお料理しようかと悩ましいですね。

今回は、キャベツとピーマンをふんだんに使った美味しい人気料理のレシピをご紹介します!

キャベツとピーマンをはじめ、冷蔵庫に残りやすい食材も使いこなす簡単なおかずやおつまみ、そして副菜が少ない日のおかずになるスープなどのおすすめレシピをぜひ味わってみてください。

キャベツ×ピーマンの人気レシピ☆おかず

鶏肉とキャベツ×ピーマンの人気マヨ味噌炒め

ピーマン、キャベツ、鶏むね肉、炒めもの。

ai.ouchigohan

鶏肉をマヨネーズと味噌を中心とした味付けで、野菜はキャベツとピーマンのみで簡単に炒めることができるお料理です。

鶏むね肉は、パサついた感じが苦手な方もいらっしゃるかと思いますが、こちらのレシピでは先にマヨネーズで鶏肉を10分ほど漬け込んでいますので、少し緩和されますね。

さらに味噌とみりんによる適度な塩分と甘みのコンビネーションが良く合い、おかずやおつまみにもおすすめ。

詳しいレシピはこちら


 

 

ご飯がすすむ定番人気の簡単ホイコーロー

豚ばら肉、ピーマン、キャベツ、炒め物。

yuukitohikari

脂身が美味しい豚バラ肉を使った回鍋肉は、キャベツとピーマンを加えて炒めるだけの簡単な中華料理としておすすめ。

甜麵醬や豆板醬を使って甘さと辛さをお好みの味付けに調節してくださいね。

キャベツとピーマンは大きめのざく切りの方が、厚みのある豚バラ肉と炒め具合がそろいます。

レシピでは、はじめに炒め油を使わずに豚バラ肉の脂を活用しているところも魅力的。

詳しいレシピはこちら


 

絶品!麻婆ピーマン豆腐にキャベツをプラス

唐辛子、ピーマン、豆腐、豚ひき肉、炒め物、麻婆豆腐。

utosh

人気家庭料理の麻婆豆腐に、ピーマンを投入した絶品レシピです。ピーマンはヘタを取って、少し大きめにザクザク切り入れています。

レシピ上にはなくとも、キャベツもざく切りにして、少しワイルドに加えてみませんか。お野菜多めの麻婆豆腐は、ご飯のおかずにもピッタリ。

お酒のおつまみにもおすすめです。ピーマンは元をたどれば、唐辛子の分類ですから仲間同士の野菜がそろいますね。


 

たっぷり野菜で人気のおうちBBQ!

ラム肉、豚肉、キャベツ、ピーマン、もやし、かぼちゃ、ジンギスカン、BBQ

yukirichi119

ジンギスカンというとラム肉を使うお料理ですが、こちらのレシピでは味付け豚肉も使っています。

ジンギスカンに近づけた形のおうちBBQならば、お持ちのホットプレートやフライパンで簡単に準備ができますね。

キャベツやピーマンともやしやかぼちゃなどの野菜がたくさん食べられます。お肉はお好きな種類を焼き肉用のタレに漬け込んだものでもOK。


 

簡単シーフードMixで人気の八宝菜風野菜炒め

ウズラ卵、エビ、豚肉、キャベツ、玉ねぎ、ピーマン、人参、きくらげ、しめじ、中華炒め、八宝菜。

ai.ouchigohan

シーフードミックスを使って、キャベツやピーマンと冷蔵庫にある野菜を集めたら、美味しい中華料理を作ることができます。

シーフードミックスは、エビなどの下ごしらえがいらないので簡単ですね。ピーマンの緑色と人参やエビの暖色があるので彩りが豊かになります。

ご飯のおかずに限らず、ランチの中華丼ぶりや、あんかけ焼きそばなどにもおすすめです。

詳しいレシピはこちら


 

キャベツとピーマンのみ人気の肉みそ野菜炒め

ひき肉、ピーマン、キャベツ、炒め物。

gucci_fuufu

豚ひき肉と野菜はキャベツとピーマンのみで簡単に作る肉みそ野菜炒めのお料理です。こちらのレシピでは、ひき肉の味付けにお味噌を50g使います。

お味噌50gとは大さじでいうと3杯弱で、お味噌の種類によっても炒め物の味が違ってくるのも魅力的ですね。

ご飯が良く進むおかずですし、汁気をとばせば味付けがしっかりしているのでお弁当の副菜やおつまみにもおすすめです。

詳しいレシピはこちら


 

人気のマヨ味噌味で鮭のホイル焼き

鮭、しめじ、人参、ピーマン、キャベツ、玉ねぎ、ホイル焼き。

ai.ouchigohan

生鮭にキャベツとピーマン、人参やキノコをマヨネーズと味噌で味付けしたホイル焼きのレシピです。

食材をホイルに包んで焼くだけですので、他のことを準備しながら完成してしまう簡単なお料理法でおすすめ。

キャベツもピーマンもシメジに合わせて細く切ったり、ザク切りにして食感を楽しむのも良いですね。

味噌とマヨネーズが生鮭の臭みを取り払い、美味しくしてくれるひと品です。

詳しいレシピはこちら


 

キャベツ×ピーマンの人気レシピ☆副菜

和風だしとお醤油の味付けでシンプル野菜炒め

ピーマン、キャベツ、人参、ひき肉、野菜炒め。

yuukitohikari

豚ひき肉が適度な脂をプラスしてくれるので、キャベツとピーマンの美味しさが際立つレシピです。

大きなお肉ですとメインのおかずになりやすいですが、ひき肉を使うことで、肉脂のアクセントだけを上手く加えた副菜のポジションにかえることができます。

キャベツとピーマンと人参など野菜がたくさん入っているので、ヘルシーなおつまみとしても良いですね。

和風だしとお醤油の味付けなので、メイン料理がお魚の日やお弁当の副菜にも役立ちます。

詳しいレシピはこちら


 

キャベツとピーマンを入れて人気ラタトゥイユ

玉ねぎ、ピーマン、ニンニク、なす、ズッキーニ、パプリカ、トマト、煮込み。

tsukuoki

ラタトゥイユは、南フランスで主に夏野菜とトマトを煮込んだ簡単な家庭料理で、鮮やかなな食材の色合いが特徴的です。

ラタトゥイユのレシピを用いるとキャベツやピーマンをはじめ、冷蔵庫の野菜をたくさん消費できますので、冷蔵庫整理にもおすすめ。

お魚やお肉のソテーのソースにも使えますし、ランチのショートパスタにも良く合いますね。作り置きしておくと便利な副菜です。


 

キャベツとピーマン入りカラフル温野菜

キャベツ、パプリカ、小松菜、人参、温野菜、サラダ。

tsukuoki

冷蔵庫の残り野菜をザクザク切ってゆでた、体を冷やさない温野菜の簡単レシピです。

レシピではパプリカを使いますが、緑色や赤ピーマンも一緒にゆでて加えたら彩りが豊かになります。

キャベツやピーマンと冷蔵庫の野菜を消費できますし、不足しがちな野菜やビタミンを補えておすすめ。

しんなりする前にゆでて作り置きしておくと、あとはドレッシングをかけるだけでカラフルな副菜がひと品出来上がります。


 

おかずスープにもOKな餃子入りスープレシピ

餃子、もやし、人参、キャベツ、スープ。

ai.ouchigohan

焼き餃子の油に躊躇するときには、餃子とキャベツとピーマンを入れたスープ料理がおすすめです。

こちらのレシピでは「ピーマンを入れておけばよかった」という後悔のコメントがある通り、ピーマンとキャベツが餃子との相性ピッタリ。

もやしや人参も同時に消費できます。スープにすると、キャベツやピーマンの水に溶けやすいビタミン類が簡単に補給できますね。

詳しいレシピはこちら


 

子供にも人気のウィンナー入りコンソメスープ

ウィンナー、キャベツ、パセリ、パプリカ、セロリ、コンソメスープ。

ai.ouchigohan

キャベツやピーマンと一緒に子供に人気のウィンナーを入れた簡単スープ料理です。

レシピ中はパプリカを使いますが、最近では手に入りやすくなった赤ピーマンでもOK。

ピーマンもパプリカも同じ唐辛子の分類にあり、収穫時期が少し違うだけです。

緑のピーマンの方が青臭さを感じることもありますが、ウィンナーの脂も強いので、キャベツなどの野菜と一緒に煮てしまえば気になりませんね。

詳しいレシピはこちら


 

ベーコン入り千切り野菜の簡単サラダスープ

コンソメ、スープ、ベーコン、ピーマン、キャベツ、玉ねぎ、人参、ロールパン、オレンジ。

ai.ouchigohan

キャベツとピーマンとベーコンの組み合わせは人気がありますね。

こちらのレシピでは、キャベツとピーマンに、人参と玉ねぎも加えて冷蔵庫のおなじみ野菜を使ったサラダスープを作ります。

コンソメをベースに使いますので、あっさりとした味付けが好ましい日にはぴったり。

ベーコンも入っているので、朝のパン食やランチのサンドイッチのサイドにも最適です。

詳しいレシピはこちら


 

残り野菜がヘルシーに変身したトマトスープ

トマトスープ、ベーコン、キャベツ、パセリ、パプリカ、人参、バゲット、イチゴ。

ai.ouchigohan

キャベツやピーマンをはじめ、冷蔵庫で持て余しているお野菜をたくさん使ったスープは、野菜の幅広い栄養が簡単に摂れるお料理です。

野菜の栄養は水に溶けだしてしまい、取り損ねることもありますので、スープ料理は栄養を逃さずいただける調理法ですね。

レシピではパプリカを使っていますが、同じナス科の仲間同士のピーマンなら、煮込むうちに青臭さはキャベツなどと馴染んでいきます。

詳しいレシピはこちら


 

キャベツ×ピーマンの人気レシピ☆まとめ

キャベツとピーマンをすぐに使いたくなるおかずやおつまみ、副菜などをご紹介しました。

中にはパプリカを使うレシピもありますが、ピーマンとパプリカは同じナス科唐辛子の仲間で、収穫時期の違いにより区別されているだけですから、パプリカ同様にピーマンも使えます。

キャベツとピーマンを合わせて絶品料理にチャレンジしてみましょう。

こちらもおすすめ☆