レトロ感にキュン♡海外インテリアに学ぶ「タイル」のある憧れのキッチン

レトロ感にキュンとくる、タイル壁のあるキッチンの風景。今回は海外インテリアでの風景に注目します。新築やリノベ、プチDIYにも優秀な素材。配置や面積、色や柄を参考にしてイメージを膨らませてみましょう。

2016/10/03更新
レトロ感にキュン♡海外インテリアに学ぶ「タイル」のある憧れのキッチン

レトロ感にキュンとくる♡【タイル】のあるキッチン

少しレトロな印象のある、タイル壁のあるキッチンの風景。日本のお台所でも愛されてきた、レトロ感にキュンとくる素材ですが、海外のキッチンではもっとモダンな雰囲気でおしゃれに使われています。


 

機能的にも優秀です

水や汚れに強いタイルは、見た目だけでなく機能的にも優秀な素材のひとつ。水回りなどを中心に部分使いで活躍させることもできます。古くから愛されるものには、やっぱりそれなりの理由がありますね。


 

広告

 

海外インテリアから学ぶ【タイル】のあるキッチン

和風レトロもいいけれど、今回は海外インテリアでキッチンタイルの風景に注目。新築はもちろん、大幅なリノベーションやプチDIYにも応用できるから、配置や面積、色や柄にも注目してイメージを膨らませてみましょう。


 

まずは憧れの、一面タイルの風景。清潔感がありながら上品でレトロな質感は、やっぱりキッチンにぴったりですね。ナチュラルな木製小物や、ゴールドの蛇口など、テイストのミックス加減がハイセンスです。


 

水回りでの部分使いも得意なタイル。ウォールシェルフやバーを使ったかける収納を組み合わせて、機能的な構成になっています。


 

ここでもウォールシェルフが活躍しています。タイルと合わせて白にすることで、よりすっきりとした印象になりますね。汚れに強いから、油ハネの気になるコンロ周りにも最適です。


 

同じ白でも、正方形のタイルだと少し表情が変わります。壁紙との切り替えがとても良いアクセントになっていますね。陶器のシンクもレトロ感があって素敵。


 

こちらも少し変わった、六角形のタイル。おしゃれなカフェなどで見かけるような風景、お家で再現できたらとっても素敵ですね。


 

色付きタイルもまた素敵です。薄いブルーグレーのタイルなら、より優しい印象を与えてくれます。窓枠や柱の白とのコントラストが綺麗ですね。


 

思い切って、自分の大好きな色を使うのもおすすめ。深いエメラルドグリーンのタイルなら、目にするたびに嬉しいお気に入りの場所になりますね。アクセントカラーは、部分使いで上手に取り入れます。


1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!