《サンドイッチ》お弁当の詰め方のコツって?崩れずに彩りよく見せる方法をご紹介

毎日続くお弁当作りの主食は白米だけでなく、パンも取り入れてバリエーションを増やしたいですね。彩りが美しい野菜や玉子、ハムなど栄養のバランスをとりやすいサンドイッチは、お弁当におすすめ。サンドイッチのお弁当箱へのおしゃれな詰め方をご紹介。

公開日:
《サンドイッチ》お弁当の詰め方のコツって?崩れずに彩りよく見せる方法をご紹介
otemoto

otemoto

ライター

4人家族のおうちごはんを作ってきた働くママです。私も家族も食べることが大好き!いろいろなジャンルの献立をご紹介して、忙しい毎日のお役に立てていただければうれしいです。

サンドイッチお弁当の詰め方のコツをご紹介

毎日続くお弁当作りの主食は白米だけでなく、パンも取り入れてバリエーションを増やしたいですね。彩りが美しい野菜や玉子、ハムなど栄養のバランスをとりやすいサンドイッチは、お弁当におすすめですよ。

サンドイッチをお弁当箱に詰めるときには、ちょっとしたコツが必要です。サンドイッチのお弁当箱へのおしゃれな詰め方をたくさんご紹介していきましょう。

サンドイッチお弁当の詰め方《食パン》

野菜たっぷり彩りサンドイッチの詰め方

野菜

yoshiko.wada.0725

ボリュームたっぷりの美味しそうなサンドイッチには、野菜がたっぷり入っていますね。ジューシーなトマトは彩りも鮮やかで栄養満点の具材です。

水気が多い野菜のサンドイッチの詰め方のコツは、ワックスペーパーを敷くなどすることです。

おしゃれなワックスペーパーは100均グッズにもなっていますね。ぜひお弁当用品に加えて、上手なサンドイッチの詰め方に使ってみましょう。


 

 

おかずとサンドイッチのシンプルな詰め方

長方形

nonon723

長方形のお弁当箱には、おかずとサンドイッチをシンプルな詰め方にしましょう。お弁当箱の短い辺に合わせるサンドイッチの詰め方はよく見かけますね。

サンドイッチの向きを変えておかずを詰めるスペースを開けると、スマートな印象になりますね。

ちょっとした詰め方のアレンジで、定番のサンドイッチがおしゃれに見えますよ。彩りが良いおかずとのバランスも取りやすいですね。


 

萌え断サンドイッチをシックなお弁当箱に

シック

momokangd

カラフルな彩りがおしゃれな「萌え断」サンドイッチ。色とりどりの具材がとても鮮やかですね。

カラフルな野菜を使ったサンドイッチは、シックな色のお弁当箱に詰めるのがおすすめです。

お弁当箱とサンドイッチのコントラストが、シンプルな詰め方でもおしゃれに見せてくれますよ。

具材の野菜はあらかじめ水気をしっかり切っておくのがコツです。厚めのサンドイッチはラップをして切りましょう。


 

くるくる食パンロールサンドの詰め方

ロールサンド

sasmc1120

ラップなどで食パンをくるくる巻いた彩りが素敵なロールサンド。とても食べやすくて、幼稚園の子供から大人まで人気があるサンドイッチですね。

ロールサンドの詰め方は、丸い形の曲げわっぱを使うのがおすすめです。

おかずもちくわやウインナーなど丸い形のものをセレクトするのが、おしゃれな詰め方のコツですよ。

ふわっとしたイメージのサンドイッチお弁当に仕上がりますね。


 

楕円形のお弁当へのサンドイッチの詰め方

楕円

momokangd

楕円形がおしゃれな曲げわっぱのお弁当箱にも、サンドイッチを詰めてみたいですね。

ちょっとしたコツをつかめば、簡単に彩り鮮やかなサンドイッチの詰め方をマスターすることができますよ。

サンドイッチをお弁当に詰める順番さえ守れば、きれいな詰め方になります。真ん中を一番、その後にサイドを詰めるようにしましょう。

両サイドの具材は、楕円形の丸い弧に添うようにレイアウトするとおしゃれですね。


 

サンドイッチお弁当の詰め方《ロールパン》

可愛いお弁当箱のロールパンサンドイッチの詰め方

ココット

yoshiko.wada.0725

女の子のおしゃれなお弁当にロールパンサンドイッチを使うときには、余白を楽しむのがコツですね。

楕円形のロールパンサンドイッチに、円形のお弁当を利用する詰め方をご紹介しましょう。

可愛らしい彩りのワックスペーパーを使った詰め方は、簡単でおしゃれですね。ココットタイプの入れ物にロールパンを入れる発想はとてもきれいです。


 

使い捨て容器へのロールパンサンドの詰め方

使い捨て

hiroko.0130

プラスチック製の使い捨てのお弁当箱は、100均でもおしゃれなものを購入することができますね。

子供たちの遠足のお弁当に食べやすくて彩り鮮やかなロールパンサンドイッチは、とても人気があります。

小さめのロールパンで作ったサンドイッチは、高さがある容器につぶれない詰め方をしましょう。

おしゃれなピックでウインナーをパンに刺しておくとさらに食べやすいですね。


 

紙製の入れ物へのロールパンサンドの詰め方

紙製

hiroko.0130

おしゃれなサンドイッチの紙製のボックスへの詰め方のコツをご紹介しましょう。

普通のお弁当箱に入れるには、深さが足りないことが多いロールパンサンドイッチ。縦長の紙製の入れ物にならぴったりサイズが合いますよ。

具材の水気対策と包み方がサンドイッチの詰め方のポイントですね。

彩りが鮮やかなサンドイッチには、英字新聞タイプのシックなワックスペーパーを合わせるとおしゃれですよ。


 

フルーツサンドのお弁当箱の詰め方

フルーツ

hiroko.0130

葡萄やベリー類などの彩りがきれいなフルーツは、サンドイッチの具材に使うと彩りがきれいでおしゃれになりますね。

ただし、お弁当箱に詰めて持って行くとなると、水気が出るのが難点です。

ジューシーさを味わいたいフルーツを使ったサンドイッチの詰め方は、ワックスペーパーで包んであげるのがコツですよ。

キャンディタイプの包み方は簡単で可愛らしいですね。


 

食べやすく包んだロールパンサンドイッチ

包んだ

yoshiko.wada.0725

ソースをたっぷりかけたロールパンサンドイッチも、ワックスペーパーを使った詰め方で持ち運びすると安心ですね。

水気やソースがしみ出すのが心配な時には、ワックスペーパーとラップを二重にして使うのがコツです。

ワックスペーパーの下にラップを重ねて巻いてしまうと、美味しさと可愛さが両方手に入る詰め方になりますよ。

彩りを添えるマスキングテープをつかうのもおすすめです。


 

サンドイッチお弁当の詰め方《その他》

クロワッサンサンドイッチのおしゃれな詰め方

クロワッサンサンド

ebico_nicoben

おしゃれなミニクロワッサンのサンドイッチのおすすめの詰め方は、パッケージが可愛いクッキー缶を使ったアイデアです。

美味しいクッキーを食べた後も使えるクッキー缶は、とても人気がありますね。

深さがある缶なら、具材をたくさんはさんだサンドイッチもきれいに収まりますよ。

缶のイメージに合わせたワックスペーパーを使って、素敵に詰めてくださいね。


 

 

バゲットサンドの曲げわっぱへの詰め方

細長い

sasmc1120

軽くトーストしたバゲットを使ったサンドイッチは、朝食やランチタイムに人気がありますね。

ですが、いざお弁当箱への詰め方となると悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そんな時におすすめなのが、細長いまるでバゲットそのもののようなフォルムの曲げわっぱお弁当箱を使うアイデアです。

パンは斜めすぎないようにスライスするのがコツですよ。


 

ベーグルサンドのおしゃれな詰め方

ベーグル

momokangd

二人分のサンドイッチお弁当を作る時には、ぜひモチモチ食感が美味しいベーグルサンドを試してみてください。

ベーグルは真ん中でスライスしてもパン自体の厚さがあります。

お弁当箱への詰め方を考えると、二種類のサンドイッチを半分ずつ使った方が彩りも鮮やかでおしゃれに仕上がりますよ。

具材をたくさんはさんだサンドイッチは、ラップで包んで切り分けましょう。


 

大きいバゲットサンドイッチの詰め方

大きい

momokangd

セサミの粒がおしゃれでボリューミーなバゲットサンドイッチも、丸いお弁当箱を使うと簡単に詰めることができますよ。

曲げわっぱは油分を嫌うので、必ずワックスペーパーを使った詰め方にするのがおすすめです。

底にあたる部分のバゲットを平らにカットしておくと、スムーズに詰めることができますね。真ん中のサンドイッチを最初に詰めるのがコツですよ。


 

マフィンサンドの食べやすい詰め方

マフィン

yoshiko.wada.0725

イングリッシュマフィンを使ったおしゃれなサンドイッチは、ハンバーガーのような包み方がおすすめです。

包んでしまうとお弁当箱への詰め方も、ランチタイムに食べるときも楽チンですよ。

ペーパーでサンドイッチを包むときには、ホッチキスを使って固定するのがコツです。クッキングペーパーで代用することもできますね。


 

サンドイッチお弁当のおしゃれな詰め方

さてここまで、サンドイッチお弁当のおしゃれな詰め方のコツをたくさんご紹介してきましたが、試してみたいアイデアは見つかりましたか?忙しい日には具材を前日に作って置くこともできるサンドイッチお弁当。

意外と詰め方に時間がかかるのが悩みの種です。ぜひご紹介した詰め方をお試しいただいて、ランチタイムに彩りがおしゃれなサンドイッチを味わってくださいね。

こちらもおすすめ☆