「フィットする」家具を選び、つくれるものはつくる。二人暮らしのインテリア

お部屋のサイズに合う家具を厳選し、つくれるものはつくる。そんな風にして「自分たちにフィットする暮らし」をつくっている、素敵な二人暮らしのお部屋を拝見しました。

著者:
公開日:
「フィットする」家具を選び、つくれるものはつくる。二人暮らしのインテリア

「フィットする」家具を選び、つくれるものはつくる。二人暮らしのインテリア

二人暮らしのインテリア

お部屋のサイズに合う家具を厳選し、つくれるものはつくる。そんな風にして「自分たちにフィットする暮らし」をつくっている、素敵な二人暮らしのお部屋を拝見しました。

text : Miha Tamura / photo : @2rskrsk

 

 

「ジャストサイズ」を選んで暮らす、12畳のLDK

西口さんご夫妻が暮らすのは、50㎡ほどの2LDKのお部屋。二人暮らしのスタートに選ばれたお部屋は、実はちょっとした掘り出し物。

築30年で古い状態だったお部屋をたまたま見せてもらう機会があり、入居を条件にリノベーションしてもらったものだそう。

「立地のわりに家賃が安く、満足しています。繁華街にも徒歩圏内だし、ほとんど自転車で行動ができるので。休みの日には近所のカフェや、おしゃれなお店に行くのが楽しいです」

 

「ジャストサイズ」を選んで暮らす、12畳のLDK

縦長12畳のLDKに合わせた家具は、きっちり採寸してベストなサイズのものをチョイス。ダイニングの椅子は、それぞれ別々のお部屋で吟味して選んだもの。

京都の70B、ANTRY、CRASH GATE、niko andなど、様々なお店に足を運んだそう。

 

ソファの後ろにはプロジェクタが置ける棚をDIYで設置。大画面で映画などを楽しみます。


 

窓際には、ブロックと板を使って、本棚とパソコン作業ができるスペースを用意。


 

こちらは和室。落ち着いた雰囲気の空間ですね。


 

廊下には、お二人の雰囲気によくマッチするアートと、グリーン。


 

「極力、つくる」がマイルール

ナチュラルスタイル、ヴィンテージスタイルなど決まった形にとらわれるのではなく、なるべく自分たちの好きなものを詰め込んで、ミックスしてお部屋をつくっているという西口さん。

リビングはウォルナット、玄関や洗面所はメープル、というように、「木の色を揃える」ということもポイントのひとつです。そして、「つくれるものは、極力つくる」がルール。

リビングにあるプロジェクタの棚、本棚兼テーブルなども、お店で売られているものを参考にしながら、自分でぴったりのものを作りました。

 

DIYを始めるきっかけとなったのは、こちらのキッチン前のカウンターをつくったこと。

3段のカラーボックスを土台に壁をたて、奥には冷蔵庫&パントリーのスペースも作りました。

作業台や収納スペースが増え、とても便利になったそう。


 

レンガ風壁紙に、有孔ボードを使ったディスプレイウォール。カフェみたいな素敵な雰囲気になってますよね。


 


 

これも素敵だな!と思ったのは、洗面所にある小さな棚。扉があることで、スッキリした見た目になっていますね。


 

ベッドルームにあるおしゃれなスタンディングライトも、なんと手作り!単管パイプの中に電源コードが隠されています。


 

 

夜も素敵な雰囲気ですね。ひとつひとつ、自分たちの暮らしに必要なものを吟味して選び、ぴったりのものを自分でつくる。

そんな風にしてできた二人暮らしのお部屋。必要なものにすぐ手が届き、それぞれ居心地の良い場所がある。

そんな「自分たちにフィットする」暮らしのありかたが、とても素敵だなぁと感じました。


 

西口さんのInstagramアカウントはこちら
https://www.instagram.com/2rskrsk/

二人暮らしのインテリア実例を見る

東京・神奈川・埼玉・千葉 ふたり暮らし13万円以下の賃貸を探す

大阪・京都・神戸 ふたり暮らし10万円以下の賃貸を探す

名古屋 ふたり暮らし10万円以下の賃貸を探す

福岡 ふたり暮らし9万円以下の賃貸を探す

札幌 ふたり暮らし9万円以下の賃貸を探す


 

インテリア

「私らしく暮らす。賃貸インテリア」特集はこちら

 

本

人気の連載が、本になりました!

 

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告