【連載】大人も楽しめる野の花あそび!花活けのポイント&花冠・押し花の作り方紹介

散歩をしていると、草花や樹々の緑に癒されます。すっかり初夏らしくなってきましたが、野の花を楽しむのにもちょうどいい季節! 野の花の種類やナチュラルな花飾り、花冠の作り方などたっぷりとご紹介します。

公開日:
著者:
【連載】大人も楽しめる野の花あそび!花活けのポイント&花冠・押し花の作り方紹介

春から初夏にかけての道端の草花をオシャレに活ける方法!

散歩をしていると、草花や樹々の緑に癒されます。すっかり初夏らしくなってきましたが、野の花を楽しむのにもちょうどいい季節!

野の花の種類やナチュラルな花飾り、花冠の作り方などたっぷりとご紹介します。

散歩途中の道端や公園の野の花を観察してみよう♪

この春、子どもを散歩に連れていくと、昆虫や草花に興味津々!(うちの場合は主に昆虫ですが…)

よく見かける野の花、雑草だな~と思いながらも、この植物の名前なんて言うの~?と聞かれると、
困ってしまうこともしばしば。

そんな時は、ちょこっと摘み取って、お家に帰って観察して、調べることが多いです。


 

 

この日は色々な種類の野の花を摘み取ったので、ひと種類ずつ並べてみました。

帰る途中に花が散ってしまい、何の植物か分からなくなってしまった種類もありましたが、12種類は植物の名前を調べることが出来ました。


 

左上から
・カラスノエンドウ
・シロツメクサ
・コメツブツメクサ
・ハルジオン
・西洋タンポポ
・ナガミヒナゲシ
・ユウゲショウ
・ノゲシ
・マメグンバイナズナ
・チガヤ
・ナガハマグサ
・ベニバナツメクサ

春の野花、雑草、というキーワードで検索すると、もっとたくさんの種類が見られます。


 

野の花をナチュラル可愛く花瓶に活けてみよう!

野の花を持ち帰ってきたら、まずやってほしいのが、水あげ。

バケツの中で茎を切って、切り口を新しくするだけでOK!

持ち帰る間にくたっとなってしまった草花も、もう一度水を吸い上げさせることで、ぐっと活き活きとしてくれます。

また、外の草花にはアブラムシなど付いていることが多いので、水をはったバケツで軽くすすいで、
虫を落としておくといいですよ。


 

30分くらい水あげしたら、花瓶に活けてみましょう♪

今回は透明ガラスの水差しを使ってみました。

野花は草丈が短いので、お家にある空き瓶など活用するのもオススメですよ。

茎の長さはあえて揃えず、バラバラに!ふんわりと活けることで、ナチュラルな雰囲気に仕上がります。


 

シロツメクサの花冠を作ってみよう!

春の草花あそびと言えば、一番に思い浮かぶのが、「シロツメクサの花冠」ではないでしょうか?!

小さい頃に遊んだ記憶がある方も多いのでは♪

小さめサイズなら短時間で作れるので、ぜひチャレンジしてみて下さいね。

用意するシロツメクサの本数は、作りたい長さによって異なりますが、頭用の花冠で50本くらい。

腕輪用ですと、20~30本くらいでOK。


 

まず2本を手に取って、1本目の上に2本目を重ねます。

1本目の後ろ側を通って、ぐるっと1周巻き付けます。


 

3本目以降は、同じように1本目の後ろを通って、ぐるっと1周巻き付けます。

これを輪っかにした長さまで続けていきます。


 

最後、輪っかにして巻き付け終わったら、バラバラと飛び出ている茎を、今までの輪に通していきます。

だいたい通れば外れないので大丈夫です!


 

この大きさで子どもの腕輪サイズになりました♪

お散歩のついでに作ってみると、楽しい春の思い出になってくれると思います。


 

懐かしい!四葉のクローバー探し&押し花を作ってみよう♪

このお散歩中、道端で四葉のクローバーを見つけました!

普段何気なく歩いている散歩道ですが、じっくりと探すと、意外とあるものですね~。

この日2つ見つけることが出来ました。


 

せっかくなので、押し花にして残しておくのもステキですね。

押し花の作り方はとても簡単。

分厚い本の間に、ティッシュペーパーと一緒に挟んで、押しておくだけ♪

毎日、ティッシュペーパーを交換すると、水分の抜けが早く、カビにくくなります。

数日でこんな感じで、パリっと乾燥してくれました。


 

春~初夏にかけての野の花、雑草の種類、活け方、花遊びまとめ

春から初夏にかけては、野に咲く雑草と呼ばれる草花も可愛い花を咲かせています。

ちょこっと摘み取って、お家で花活けをしたり、シロツメクサの花冠作りや、四葉のクローバー探しを楽しんでみてはいかがでしょうか。

大人も童心に帰って楽しめますよ~♪

宮崎 いくみさんの連載一覧

 

こちらもおすすめ☆

関連タグ

内容について運営スタッフに報告