ロフトの活用はどうしている?ロフトの個性的なインテリアを紹介!

ロフト付きの家に住んでいる人は、どのようにロフトを有効活用しているのでしょうか。物置代わりではなく、素敵なインテリアを楽しんでいる実例を紹介。ロフトの特徴を活かした個性的なインテリアの楽しみ方を参考にしてみませんか。

著者:
公開日:
ロフトの活用はどうしている?ロフトの個性的なインテリアを紹介!

ロフトの有効活用は?個性的なロフトのインテリア例を紹介!

ロフト付きの家に住んでいる人は、どのようにロフトを有効活用しているのでしょうか。その楽しみ方が気になります。

物置代わりではなく、素敵なインテリアを楽しんでいる実例を紹介。ロフトの特徴を活かした個性的なインテリアの楽しみ方を参考にしてみませんか。

ロフトは狭い空間の特徴を活かしてどう楽しむかがポイント!

生活感から切り離された特別な空間を楽しんで!

生活感から切り離された特別な空間を楽しんで!

_a.tjmt_

ロフトは、階段やはしごなどによって下の階とは切り離された特別な空間が魅力です。

ロフトを日常から離れた特別な場所として、インテリアを楽しむのがおすすめです。天井が低くなっているのがロフトの特徴。

できるだけ明るくなるように、壁紙も淡くて薄いきれいな色にしてみましょう。また、あえて閉鎖的な雰囲気を演出して、ロフトでの時間を楽しむ方法もあります。


 

 

黒で統一することで大人の趣味のスペースに!

黒で統一することで大人の趣味のスペースに!

ito_mikayo

ロフトを自分だけの趣味のスペースにする人も多くいます。黒の家具とソファで、大人な雰囲気で楽しむスペースも演出すると素敵です。

読書やCD鑑賞やゲームなどの趣味の部屋にしてみるといいでしょう。

低めの家具を並べ、色を統一することで、あまり圧迫感もなくてスッキリしたおすすめの空間となります。


 

和の空間を楽しむスペースに!

和の空間を楽しむスペースに!

chikuwa15

部屋に和室が設けられなくても、ロフトに和室スペースを設置して楽しんでみませんか。

天井が低いからこそ、照明も凝ってみると、素敵な明かりの空間になります。

和室好きで、古道具を集めることが趣味の人は、こんなインテリアにすると、ゆったりとできます。アンティークな家具をいろいろと揃えてみたいですね。


 

ホワイトインテリアを楽しむ場所に!

ホワイトインテリアを楽しむ場所に!

reiya_14

ロフトをホワイトインテリアを楽しむ場所にするのもおすすめです。白で統一することで、狭さをあまり感じずにすみます。

そして、一つアクセントになるようなオブジェを置いてみると、おしゃれな個性的なインテリアになりますよ。


 

狭い空間だからこそ可愛い自分だけのスペースに!

ガーリーなお姫様気分のロフトにするのも魅力的

ガーリーなお姫様気分のロフトにするのも魅力的

reiya_14

ロフトを自分だけで場所、楽しめる空間として、ガーリーでフェミニンなロフトにするのもおすすめです。

天蓋風にキャノピーを吊ってお姫様気分を楽しんでみませんか。

狭いスペースでも場所を取らずに吊ることができるキャノピーは、ロフトにとてもおおすすめです。


 

子供部屋にも人気のキャノピーを設置

子供部屋にも人気のキャノピーを設置

sakiii4696

ロフトを子供部屋にする場合も、キャノピーを吊ってあげると特別感があって楽しんでもらえるでしょう。

自分だけのスペースという感覚がより強まります。


 

ハンモックで癒され、ペットと遊ぶ、特別な寛ぎスペースに!

ロフトにハンモックを張って開放感を

ロフトにハンモックを張って開放感を

wooper8787

ロフトにハンモックを張るのもおすすめです。最初からハンモックを張るように設計してもらうのもいいでしょう。

自由な空間としてロフトを楽しんでみたいですね。あまり家具を置かずに、ハンモックで過ごす寛ぎスペースを楽しんでみましょう。


 

ペットと過ごすスペースに

ペットと過ごすスペースに

ito_mikayo

キャットタワーを置いて、ペットと過ごすスペースにするのも素敵です。

仕事から開放された寛ぎの時間をペットと過ごす時間として、ロフトで満喫してみましょう。


 

ロフトがペットの遊び場に

ロフトがペットの遊び場に

ito_mikayo

高い所が大好きな猫の遊び場としてロフトは最適です。

ロフトにペットが好きな物をたくさん集めて、大切なペットの部屋にしてみませんか。


 

ロフトでは生活感を感じさせない個性的なインテリアがおすすめ

ロフトのインテリアについて紹介しました。ロフトは、狭く区切られた空間だからこそ、特別なスペースとして楽しんでみるといいでしょう。

生活感があまり出ないように楽しむのがポイントです。趣味のインテリアにしたり、こだわりのインテリアを満喫したり、かわいいスペースや寛ぎのスペースを演出。ペットと遊ぶスペースなどにするなど、用途をはっきりさせるがおすすめです。

狭い空間だからこそ、個性的なインテリアを楽しんでみませんか。雰囲気のある大きなオブジェや天蓋風キャノピーやハンモック、キャットタワーなど、こだわりのものを置いて、ロフトスペースをしっかり満喫するのがおすすめです。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告