親戚付き合いが苦手…結婚後に多い悩みを解決する方法9つをご紹介!

結婚した途端に義理家族との親戚付き合いが多くなった、など面倒な親戚付き合いに『しんどい』と感じている女性は少なくありません。今回は、面倒な親戚付き合いを『嫌』だと完全拒否しない為にも、親戚付き合いを苦手に感じる理由や解決方法を知りましょう。

公開日:
著者:
親戚付き合いが苦手…結婚後に多い悩みを解決する方法9つをご紹介!

親戚付き合いが苦手…

旦那の義理の両親が面倒、結婚した途端に義理家族との親戚付き合いが多くなった、など面倒な親戚付き合いに『しんどい』『辛い』と感じている女性は少なくありません。

旦那は自分の家族だから良いものの、妻からするとあくまで旦那の親や家族。

結婚したとはいえ『他人』であり『気心通った親戚』ではないのです。距離感の分からない義理家族に悩みを抱える女性はとても多く、多くの嫁たちがしんどい思いを抱えているのです。

今回は、面倒な親戚付き合いを『嫌』だと完全拒否しない為にも、親戚付き合いを苦手に感じる理由や解決方法を知りましょう。

親戚付き合いが苦手になる原因・理由

恋愛

結婚する前や結婚して間もない頃は、そこまで面倒でもなく『この人たちとなら親戚付き合いも嫌いじゃないな』なんて思っていたのに、時の経過と共に、親戚付き合いや義理の家族そのものに『苦手』と嫌悪感を抱く女性も珍しくありません。

では、なぜ世の女性たちは親戚付き合いを嫌いになるのでしょうか。親戚付き合いに対して苦手、嫌いだと悩みを抱えていると、お盆やお正月が来るのさえ面倒だししんどいと感じてしまいます。

ここでは、親戚付き合いが苦手になる原因や理由を紐解きましょう。

 

 

原因・理由①義理の家族が嫌い

親戚付き合いが苦手になる原因と理由は『義理の家族が嫌い』だという事。義理の家族との価値観が極端に合わないと、どうしても義理の家族に会う事や親戚付き合いを苦痛に感じてしまうもの。

義理の家族を立てる為の親戚付き合いに何の意味があるのか、メリットや必要性はあるのかと考えてしまう事も少なくないでしょう。義理の家族が嫌いだという悩みがあると、親戚付き合い事態を面倒に感じますよね。

義理の家族のどこが嫌いなのか、悩みの原因を探る事をおすすめします。

 

原因・理由②結婚後の距離感

親戚付き合いが苦手になる原因と理由は『結婚後の距離感』です。

例えば、結婚をした途端に旦那の家族や義理の親戚たちが図々しくなった、距離感を掴むのが苦手になった、関係性が出来上がっていないにも関わらずズケズケと物を言う、など結婚後の距離感がおかしいと感じる事で『親戚付き合いを面倒』だと悩みを抱くのです。

どんな人に対しても、距離感が合わないとどうしてもしんどいものです。結婚をすると『嫁は家族の一員』と考えがちな義理家族に多い傾向です。お互いの距離感をゆっくり埋めていけるよう対処法を取りましょう。

 

原因・理由③義実家が遠い

親戚付き合いを苦手に感じる原因と理由は『義実家が遠い』というもの。義理実家が遠い事で、お盆やお正月に帰省する事を嫌がる女性は珍しくありません。

とくに義理家族が不便な土地や極端に田舎な場所に住んでいると、何日も義実家に滞在するのはしんどいもの。遠い土地の義実家で親戚付き合いまで強いられると、精神的にしんどいと窮屈さを感じますよね。

義実家が遠い事で親戚付き合いを苦手だと悩みを抱える女性は多いです。

 

親戚付き合いが苦手になる心理

恋愛2

親戚付き合いが苦手になると、大きな心理的負担を抱えてしまうもの。もしも義理の両親と二世帯住宅で同居のような暮らしをしていたり、義理家族や親戚が近くに住んでいたりするのはしんどいですよね。

苦手な親戚と顔を合わせる機会が多いと、苦手から嫌いに変わるのも時間の問題でしょう。ここでは、親戚付き合いが苦手になる心理を3つ解説します。

自分の心理がどこにあるのか、きちんと自己分析をしてみましょう。

 

心理①親戚の行事が面倒

親戚付き合いが苦手になる心理は『親戚の行事が面倒』だという事。例えば、お盆やお正月などの一般的な年中行事だけでなく、旦那の姪っ子やいとこの誕生日やパーティー、集まりなどが多い親戚関係に『面倒』だったり『苦手』と感じるのです。

行事が多いと、その分自分の時間を削って親戚に合わせなければいけませんよね。また、親戚の行事だけの付き合いでなく、嫁という立ち場を利用するかのように、頻繁にランチに誘われたり買い物に付き合わされると、心理的にかなり追い込まれます。

親戚の行事や誘いが面倒だと感じると『親戚付き合いってしんどい…』という心理に陥ってしまうのです。

 

心理②常識が通用しない

親戚付き合いが苦手になる心理は『常識が通用しない』です。例えば、夜中だろうが朝方であろうがお構い無しにくだらない連絡をしてくる、だとか、義理家族の『常識』をまるで正義と言わんばかりに押し付けてくる、など『一般的な常識が通用しない親戚』に苦手に感じるのです。

常識が通用しない人とは、例え友人や職場の人でも距離を置きたいと思うもの。ですが、旦那の家族、親戚だからという理由で『関係を避けられない』となると、親戚付き合いそのものが『苦手、嫌い』という心理になるのです。

 

心理③相手をするのが疲れる

親戚付き合いが苦手なる理由は『相手をするのが疲れる』です。相手が嫁だからという理由で図々しいお願いをしたり、面倒な事に巻き込む義理家族や親戚は少なくありません。

そんな親戚には『相手をするのも疲れる』という心理になりますよね。例え、相手の親戚に『うざい』『付き合いたくない』と強い気持ちで拒否をしても、実際には何も行動を起こせない女性がほとんどです。

相手をするのが疲れるという心理の果てに『親戚付き合いが苦手』と負の感情に陥ってしまうのです。

 

苦手な親戚付き合いへの対処法

恋愛3

苦手な親戚付き合いに悩みを抱える女性は少なくありません。一度でも面倒、しんどいと思ってしまうと、義理家族や親戚だけでなく旦那さんに対しても『嫌い』というネガティブな感情が湧いてしまうもの。

極限状態に陥ってしまう前にも、苦手な親戚付き合いへの対処法を考えましょう。親戚付き合いへの対処法を活用して、上手に対策出来れば今後の関係も改善していくかもしれません。

ここでは、苦手な親戚付き合いへの対処法を3つ紐解きます。

 

対処法①相手にしない

苦手な親戚付き合いへの対処法は『相手にしない』というもの。相手にしないと言うと語弊があるでしょう。ですが、嫌いな相手と上手く付き合うには、自分自身でメンタルコントロールをする必要があります。

なぜなら、相手は『旦那の両親や家族、親戚』です。『自分が嫌いだと拒否する事で旦那が傷つくかも』と、自分で対処しようとする女性も少なくないですが、悩みを一人で解決しようとするのは危険。

とりあえず初期の内は、何を言われても『相手にしない』『テキトーに受け流す』を実践してみてください。

 

対処法②必要性とメリットを考える

苦手な親戚付き合いへの対処法は『必要性とメリットを考える』です。例えば、自分が嫌いな親戚と付き合いを続けているのは何故だろう、そこを考えてみましょう。

嫌いな相手であれば無理に付き合いをする必要性もないにも関わらず、付き合いを我慢しているのは、何かしらのメリットがあるはず。そのメリットが『旦那を安心させる為』なのか『援助を受けているから』なら、きっと解決方法はあるはず。

何故自分の心理を制御して親戚付き合いを続けるのか、自分にとってのメリットを考えましょう。

 

対処法③しんどい時は言い訳をする

苦手な親戚付き合いへの対処法は『しんどい時は言い訳をする』です。言い訳をする事は『逃げ』でも『悪い事』でもありません。しんどいにも関わらず、悩みを我慢し続けると、いつか自分の心に限界が来てしまいます。

例えば、義理の親戚に『今度の週末、お買い物に付き合って』と頼まれ事をされたら『最近身体の調子が悪くて』と、しんどい事を全面に出しても良いですし『その日は1日予定があるんです』と、言い訳でスルーしましょう。

しんどい時は逃げるが勝ちだと自分に言い聞かせて、悩みの種を自分で減らすのです。

 

上手に親戚付き合いをする方法

恋愛4

親戚付き合いに対して『しんどい』だとか『嫌い』『限界』と感じていると、どうしても親戚の集まりや行事がある時にとことん憂鬱な気持ちに陥ってしまいます。

嫌いな人と会う事ほど精神的にキツイ事は他にありませんよね。ですが、少しの工夫次第で苦手で面倒な親戚付き合いを上手に改善出来るかもしれません。

上手に親戚付き合いをして悩みの時間を減らしましょう。

 

方法①旦那に仲介役になってもら

親戚付き合いを上手にするには『旦那に仲介役になってもらう』です。面倒な親戚付き合いから妻を守れるのは他でもない旦那様。この事を夫にきちんと理解してもらいましょう。

ここで重要なのは、あくまで旦那側の親戚を『否定しない』という事。あくまで『自分も努力をしたい』という意思を表明すると、男性心理は『協力的』になるはずです。

『あなたの親戚と仲良くしたいから』と、前置きをして間に立ってもらう事を提案しましょう。

 

方法②悩みを溜め込まない

苦手な親戚付き合いを上手に立ち回るには『悩みを溜め込まない』のが大前提。親戚付き合いに対して『嫌い』『しんどい』と負担を感じているのに悩みを溜め込んでしまうと、心理状態は危険な状態となるでしょう。

悩みを溜め込まない方法は『自分の味方を見つける』のが一番効果的。自分の兄弟や母親でも良いですし、友人や信頼のおける職場の女性でも構いません。

悩みや愚痴を話せる人を見つけて、心の逃げ道を作りましょう。

 

方法③笑顔を武器にする

親戚付き合いに上手になるには『笑顔を武器にする』です。笑顔はどんな時にも大きな効果を発揮します。例えば、いつもニコニコしている女性に対して『嫌なヤツ』だとか『とっつきにくい人』だと印象を抱く人はまず居ないでしょう。

笑顔を意識しているだけで、相手に大きな不快感を与えずに済むのです。ですから、親戚に嫌味を言われた場合には『笑顔で反撃する』。嫌な頼まれ事をしたら、笑顔で『嫌ですよ〜!』とバッサリ切り捨てるなど、強めの態度もOKでしょう。

笑顔を武器にすると、周囲は何も言えなくなります。笑顔は大きな武器となるので、ぜひ実践してみてくださいね。

 

親戚付き合いに限界を感じたら

恋愛5

親戚付き合いに苦手だと感じる女性は少なくありませんが、メンタルのキャパは女性によってさまざま。どんな対処法を試しても解決方法が見つからなかった、苦手を通り越して嫌い、だと思っているなら、もうメンタルはとっくにキャパオーバーなのかもしれません。

親戚付き合いに限界を感じた時は、これ以上心理的に負担を抱えない為にも早めの対処をしましょう。ここでは、親戚付き合いに限界を感じた場合の解決方法を3つ提案します。

 

面倒なことは拒否してOK

親戚付き合いに限界を感じた場合は『面倒な事は拒否する』という意識を持ちましょう。苦手な事や嫌いな事を無理して続けるのは、精神衛生上良くありません。

今の限界状態を無視していると、どうしよもない程にメンタルを蝕まれてしまう恐れもあるのです。自分を守れるのは最終的に自分だけです。自分を守る為にも『面倒な事』『嫌な事』は拒否しても良いのです。

面倒だと感じている時点で、付き合うメリットもないはずです。

 

無理して付き合わない

親戚付き合いに限界を感じている時は『無理して付き合わない』を徹底しましょう。親戚付き合いは大切なものですが、親戚付き合いをしなければいけないなんて法律はありません。

親戚付き合いをしなくても死ぬ訳でもないのです。もう限界だと感じたなら、限界を感じさせる程追い込んだ親戚たちと付き合いを続ける意味はあるのか考えましょう。

無理なものは無理です。限界を感じている自分の本音が大切なのです。無理に付き合いを続けなくても良いのだと自分に言い聞かせると、心が軽くなるでしょう。

 

旦那に本音を打ち明ける

親戚付き合いに限界を感じたら、旦那に打ち明けるのもひとつの手です。親戚付き合いに限界を感じる女性に多いのが『旦那に悩みを言えずに一人で抱え込んでいた』という女性。

夫に本音を言えなかった理由はさまざまなものや思いがあるでしょう。ですが、親戚付き合いの問題は『夫婦の問題』でもあります。女性だけが負担するものではないと割り切って、旦那にこじれてしまった自分の本音を打ち明けましょう。

一緒に解決しようと向き合ってくれるかくれないかで、旦那の本音も見えるはずです。

 

親戚付き合いの解決方法まとめ

親戚付き合いに対して『苦手』『面倒』だと感じた事がない女性はまず居ないでしょう。それぐらい、旦那側の親戚付き合いは面倒なものです。

自分の親戚であっても面倒だと思う事があるのに、血の繋がっていない他人に『家族だから』と、言われもない嫌味を言われたり、無理なお願い事をされるのは苦痛でしかありませんよね。

親戚付き合いを円滑に済ませる為には、嫌な事はハッキリ言う、何でも言いなりにならない、反撃をする、という事が大切。少しでも親戚付き合いが改善するように、自分をしっかり持ちましょう。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。

関連タグ

内容について運営スタッフに報告