LINEの返信が遅い理由って何?好きな男性からの脈ありorなしパターン

LINEの返信が遅いと、嫌われているんじゃないかと心配になりますね。片思いしている相手ならなおさらで、催促したいけれど「うざい」と思われたらどうしよう…など好きな人だと余計に色々考えてしまいます。返信が遅い理由と心理、そして脈があるのかないのかの見分け方もご紹介します。

公開日:
著者:
LINEの返信が遅い理由って何?好きな男性からの脈ありorなしパターン

著者名

Mari

Mari

10年間、国内外で日本語教師をしていました。人間の心理や行動学にとても興味を持っています。心を整えて、気持ちいい毎日を送れるように日々勉強中です。恋愛で悩んでいる女性のために、一緒にHappyになれる記事を書いていきます。

LINEの返信が遅いのはなぜ?

LINEの返信が遅いと、嫌われているんじゃないかと心配になりますね。片思いしている相手ならなおさらで、催促したいけれど「うざい」と思われたらどうしよう…など好きな人だと余計に色々考えてしまいます。

恋愛においてLINEの返信を遅らすことは相手を焦らすテクニックでもありますので、相手に好意があるのか、ないのかの特徴を見極める必要があります。

返信が遅い理由と心理、そして脈があるのかないのかの見分け方もご紹介します。脈なしだった…といっても落ち込こむのはまだ早いです。恋愛の脈なし男性の場合でも効果的な返し方も解説していきますね。

LINEの返信が遅い理由

恋愛

LINEの返信が遅いと相手から嫌われているかもと考えてしまいますが、一概に嫌われているのが理由とは言い切れないようです。社会人になると仕事の予定や都合で対応できなかったり、忙しいので返信が遅い場合もあるからです。

LINEの返信が遅いのにはどのような理由があるのでしょうか。返信が遅い理由とその心理が分かれば、どんと構えて待っていられそうですね。

 

 

《遅い理由①》純粋に忙しい

LINEが来た時に純粋に忙しいので対応できないだけという遅い理由もあります。男性は女性と違って不器用ですし同時に他の事ができません。仕事の時は自分の仕事に没頭するのでLINEを見る心理にもなりません。

忙しいだけが返信が遅い理由なので、対応できるときは対応してくれますし、仕事終わって夜になると返信をくれる特徴があります。

夜遅くに返信がくるようであれば嫌われているという理由ではなく、「忙しいから遅い」という理由を理解し「遅い時間までお仕事お疲れ様」という返し方をしてあげると男性もホッと癒されるでしょう。

 

《遅い理由②》返し方に悩んでいる

遅い理由に返信内容を考えすぎている場合があります。「こんな返し方をしたら不快になるかな」「どんな返信したらいいのかな」などあなたから嫌われたくないという心理が働いて返信が遅いのです。

真面目な男性や恋愛に奥手な男性に多く、LINEの返信は遅いけどきちんと対応してくれるというのが特徴です。返信は長い文面で男性から予定を聞いてくれたり、デートのお誘いをしてくれることが多いです。

 

《遅い理由③》面倒に感じる

意外と多いのが、返信が面倒と感じているから遅いという理由です。男性は基本的に連絡に対してマメではありません。

些細なことでも共感して連絡を取りたいと思う女性に対して男性は必要な時だけ連絡を取れればいいと思っているので、細々としたやりとりがめんどくさく感じます。

仕事が忙しいのも重なって、すぐに対応することなく返信が遅いのです。ただ返信が面倒という心理は優先度が低いことを示しますので、この場合恋愛対象として見られている可能性は低くなります。

 

LINEの返信が遅い男性の脈ありパターン

恋愛2

LINEの返信が遅いと「恋愛の脈なし」「嫌われている」と思ってしまいますが、LINEの返信が遅いのに恋愛の脈ありパターンもあります。男性からのLINEの返信で恋愛の脈あり、脈なしを判断することはできないようです。

恋愛の脈ありパターンの特徴が分かれば、返信が遅い場合でも落ち着いて待てそうですよね。LINEの返信は遅いけれど、恋愛対象として見てくれている脈のあるパターンの特徴をご紹介します。

 

LINEが途切れない

遅いけれど恋愛の脈ありパターンの特徴は、LINEが途切れることなく続くことです。日中対応できないので返信が遅いだけなのです。仕事が終わると返信をくれるので途切れずに続きます。質問していないのに返信をくれるのも特徴です。

男性の方もあなたに恋愛感情があるので連絡を途切れさせたくない、繋がっていたいと思って返信をくれるのです。

忙しい時は返信が遅れますが「遅くなってごめんね」と言い訳してくれるのも特徴です。遅い時間に返信をくれることが多かったら「遅い時間に返信ありがとう」と一言あると、男性が気遣いのできるあなたを一気に好きになること間違いないでしょう。

 

予定を聞いてくれる

遅いけれど恋愛の脈のあるパターンの特徴は、自分から予定を聞いてくれる場合です。「○日は休み?」「次の休みはいつ?」など、社会人になるとお互い忙しいのでデートに日程を決めるのも大変です。

自分の休みと合わせて次のデートの予定を決めたいので相手の予定が気になるのです。

自分も忙しいのでLINEの対応ができずに返信が遅いけれど、それでも予定を自分から聞いてくれる相手はあなたを恋愛対象として考えています。

予定を聞かれているのに、返信を焦らすと男性は冷めてしまい恋愛に発展するチャンスを逃してしまいます。返信は迅速にしてデートの予定を決めてしまいましょう。

 

自分のことを話してくれる

遅いけれど恋愛の脈のあるLINEは、男性自身のことを話してくれるのが特徴です。男性は意外と保守的ですので、自分からはなかなかプライベートなことを話してはくれません。

LINEの返信が遅いのはやっぱり仕事で忙しいという理由だけで、あなたのことが好きなので自分のことをもっと話して知ってもらいたいと思っているのです。自分が携わっている仕事の内容やプライベートな内容のLINEをしてくるのが特徴です。

 

LINEの返信が遅い男性の脈なしパターン

恋愛3

LINEの返信が遅いのに脈ありの場合の特徴をご紹介しましたが、すべての男性が忙しいので対応できずにLINEの返信が遅いわけではありません。なかにはあなたに興味がないので、遅い場合もあります。

脈ありの場合と、脈なしの場合はいったいどんな特徴の違いがあるのでしょうか。またLINEの返信が遅くなったことに対して言い訳はするのでしょうか。男性の脈なしの場合の特徴をご紹介します。

 

質問はしない

返信が遅い上に脈のない場合の特徴は、一切質問がないことです。単純なことですが、質問をすると返信が来ます。

質問したのに既読スルーはできませんのでまた返さなくてはいけません。そういったやりとりがめんどくさいので一切質問しないのです。そもそもあなたに興味がないので質問することもないのでしょう。

LINEの内容はあなたが質問したり話しかけたりして、それに対して返信して終わり、の流れが多いです。文面も短くそっけないことが特徴です。あなたに好かれようと思っていないので、返信が遅くても言い訳しません。スタンプには既読スルーも特徴です。

 

デートに誘ってもはぐらかす

返信が遅い上に脈のない場合の特徴は、デートに誘ってもはぐらかして具体的な日程を決めようとしないことです。こちらが休みの日のことを聞いても言い訳をしてのらりくらりとかわすのが特徴です。

あなたと特にデートしたいと思っていないので日程を決めるのもめんどくさい、もしくは他に本命の彼女がいてその彼女とのデートの予定がなかったらあなたとデートをしようと、もしかしたらキープされている状態かもしれません。

デートに誘っても煮え切らない言い訳ばかりしている男性とは見切りをつけたほうがいいかもしれません。

 

自分のことを一切話さない

脈あり男性の場合は返信が遅い時でも自分のことを知ってもらいたいので、自分の仕事やプライベートなことをLINEするとご紹介しましたが、その逆もまた然りです。あなたに興味がないので自分のプライベートを明かす必要はないと考えているのです。

男性は親密な関係でないとあまりプライベートには立ち入って欲しくないと考えています。返信が遅い、そして自分のことをあまり話してくれないような男性はほとんど脈なしの場合が多いです。都合のいい女にならないように気を付けましょう。

 

LINEの返信が遅い男性への対処法

恋愛4

LINEの返信が遅い男性はもう仕方ない…なんて諦めていませんか?実はあなたのLINEの送り方次第でLINEの対応が早くなる場合もあるのです。

いくら脈ありのLINEだからといっても、好きな人からのLINEの返信を待つのは辛いですし早めに返信はもらいたいものです。LINEの返信が遅い男性への対処法はどのような方法があるのでしょうか。対処法をご紹介します。

 

短文で送る

あなたのLINEの文面は長々となっていませんか?男性のLINEの返信が遅くなる理由のひとつに長々と書かれた文章ということがあります。

長い文章は読むのも大変ですし、何を書いてあるのか男性は読み取ることが下手なので、何に返信をしていいのかわからなくなり返信が遅くなってしまうのです。男性に送るLINEは潔く一文か二文ぐらいの、短文であることを心がけましょう。

短い文章だとそれに対する対応が明確で男性が返信してくれるようになりますよ。また急に短文になったことでそっけなくなったことが不安になって急に返信率が良くなることもありますよ。

 

「忙しいとこごめんね」と一言つける

LINEの返信が遅い男性に意外と効果のある対処法が「忙しいとこごめんね」など、相手を気遣うような一言をつけることです。

LINEが来たら対応するのが当たり前のようになっていますが、その時は忙しかったり気分が乗らなかったり、人には事情が色々あって対応できない場合もあります。

対応してもらえることが当たり前ではないと考えたら、自然と「夜分にごめんね」「お仕事中にごめんね」と気遣いの一言を追加できます。

LINEにそんな一言がついていたら、気遣ってくれているんだなとつい嬉しくなって、LINEの返信を早々にしてくれる心理になるのです。

 

相手が興味ある内容を送る

LINEを送る時に自分の興味あることや自分のことばかりを送っていませんか?忙しいのにあなたが自分の興味あることだけを送ってきたら、すぐに返信しようなんて思わないですよね。

むしろちょっとめんどくさくなってしまいます。あなたのことを知ってもらいたい気持ちをおさえて、男性が興味ある内容を送ってみましょう。

例えば「○○(好きなアーティスト)の曲を聞いてみたよ」「こないだ教えてもらったお店にいってみたよ」などです。

男性が興味ある内容なのでそれに対しては忙しい場合でもすぐに返信をくれるでしょう。少し男性を持ち上げる内容を送るとますます返信も早くなりますよ。

 

男性がうんざりしてしまうNGなLINEの返信

恋愛5

LINEの返信が遅くても脈ありのパターンもあると解説しましたが、安心しきってはいけません。

「脈あり」なだけであってまだ好きだと思ってもらえているわけではありません。LINEの送り方によってはせっかく築いた関係も、一気に冷めてしまうLINEの内容もあります。

せっかく好きになった相手と恋愛関係になれそうなときにNGな内容のLINEを送りたくはないですよね。返信がますます遅くなってしまうようなうんざりなLINEはどのようなLINEかをご紹介します。

 

表現力が乏しい

男性がうんざりしてしまうLINEの内容は、表現力が乏しい場合です。表現力が乏しいと、一辺倒な返し方しかできません。

「マジ?」「ヤバいね」と毎回返してくれる女性よりも、毎回気の利いた表現力で返してくれる女性のほうがLINEをしていても楽しいですよね。どんな返しがくるんだろうとワクワクします。

また笑いのツボも同じとわかればうまく付き合っていけそう、なんて思いも抱きますよね。表現力は一朝一夕に身に着くものではありませんので、本を読んだりたくさんの文章を読んで語彙力を身に付けましょう。

 

毎回即レス

LINEを送ったと思ったらすぐに返事がくることを「即レス」と言いますが、LINEを送るたびに毎回即レスだったら、男性のほうは返信をすることをうんざりしてしまいます。

男性のことが好きなので嬉しくてすぐに返事をしたいという気持ちはわかりますが、男性は返信を急かされているようでうんざりしてしまいます。

即レスを避けたいがためにわざとしばらくは未読スルーをされるかもしれません。ますます返信が遅くなってしまいます。またどれだけスマホを触っているんだろう、と呆れられてしまいます。程よいテンポを持って、LINEをするようにしましょう。

 

スタンプリレー

女性同士のLINEで多いスタンプリレーですが、これを同じように男性にしてしまうと男性はうんざりしてしまいます。

女性同士だと意味のないことでも楽しめますが、男性は非建設的なことを嫌います。スタンプリレーがめんどくさいと感じるのです。

好意があるので、はじめのうちはいくつか付き合って送ってくれるかもしれませんが、ここぞとばかりにスタンプを送るのはNGです。不毛なやりとりに嫌気がさしてますます遅い状態となります。スタンプは最後にひとつ送るぐらいで我慢しましょう。

 

LINEの返信が遅い理由はさまざま!

男性のLINEの返信が遅い理由はさまざまあるようです。遅いながらも脈がある場合と、脈がない場合がありますのでまずは見極める必要がありますね。今はまだ脈なしでも大丈夫です。LINEをしてくれるということはまだまだ可能性があります!

この記事で紹介した対処法を是非試してみて下さい。そしてNGなLINEも送らないように注意しましょう。あなたが好きな人からのLINEを待つ時間もドキドキする素敵な時間となりますように。

こちらもおすすめ☆

関連タグ

内容について運営スタッフに報告