独身女性の特徴とは?結婚してない人・できない人の共通点をご紹介!

独身女性に対してどのような特徴があるイメージでしょうか。独身女性には、一生一人で生きていくと決めてあえて独身を貫く「結婚していない」人もいれば、結婚願望はあるけれど「できない」人もいます。今回は、独身女性の特徴と、一生独身でいることのメリット・デメリットをご紹介します。

公開日:
著者:
独身女性の特徴とは?結婚してない人・できない人の共通点をご紹介!

著者名

vivi

vivi

自身が過去の恋愛で、悩み学んだ経験を活かし、愛される女性の特徴や男性心理などを中心とした恋愛記事を執筆しています。恋愛で悩んだ時の参考になったら嬉しいです。

独身女性の特徴を知りたい!

独身女性に対してどのような特徴があるイメージでしょうか。独身女性には、一生一人で生きていくと決めてあえて独身を貫く「結婚していない」人もいれば、結婚願望はあるけれど「できない」人もいます。いずれも、結婚している人に比べて、男性や親との距離の取り方が極端な人の割合が高いというのが特徴的です。

独身でいることを決めたとしても、生涯独身という事実を目の前にすると、すっきりする一方で、どこか不安や心配も消えないという人は多いのではないでしょうか。今回は、独身女性の特徴と、一生独身でいることのメリット・デメリットをご紹介します。

独身女性の特徴①一人暮らし歴がないor長い

独身女性の特徴①一人暮らし歴がないor長い

独身女性の特徴1つ目は、一人暮らし歴がないor長いということです。結婚した人に比べて、一人暮らしの経験や、好きな男性と住む同棲経験がないという人は、結婚していない人、できない人共に割合が高いです。

一人暮らしや同棲を適度に経験しないと、誰かと家庭を持つというイメージがつきにくく、きっかけもできないものです。生涯に渡って一生一人という人は、一人暮らしの経験が全くないか長いか極端ということが特徴的です。一人暮らし歴が極端な人の特徴を、さらに具体的に見てみましょう。

 

 

実家暮らし

一人暮らし歴がない人の多くは、実家暮らしであることが特徴的です。生涯に渡って中年になっても親から離れられず、一生自立ができない人の割合が高いです。大人になっても一人で暮らせない女性は、男性から見ても魅力を感じにくいものです。

自立していない女性を見て、結婚したら自分に対しても依存されるか、自分よりも親を一番に考えそうだなと感じます。実際、大人になっても実家暮らしを続けている独身女性の特徴として、精神的に自立していない人が多いため、親や男性に一生依存しがちということが挙げられます。

 

シェアハウス

一人暮らし歴がない人の中には、シェアハウスや友人との同居をしている人も少なくありません。親元にいるわけにはいかないけど一人は寂しいという特徴の考えです。シェアハウスで暮らす人のほとんどは未婚同士なので、悩みや考えが似た人が多く居心地の良さを感じます。

居心地が良すぎて、男性女性問わず友達は増えるものの、特別なパートナーができにくくなるというのが特徴的です。シェアハウスに住み続ければ、結婚しなくても一生一人ではないという状況になるので、結婚に対する危機感も薄れがちになります。

 

一人暮らし歴が長い

逆に、生涯に渡って一人暮らし歴が長いというタイプも、結婚していない人の割合は高いです。親と住むことによって煩わしさを感じていた人や、こだわりが強く同棲に向かなかった人など、経験によって一人暮らしを選択するようになった人も少なくありません。

実際一人暮らしは、気兼ねなく生活できるので楽ですよね。自分自身で壁を作ってしまうきっかけにもなりますが、男性から見ても、完璧に仕上がっている生活に入る隙がないと感じます。このように、一人暮らし歴が長いことでも、一生一人でいる可能性が高くなるのです。

 

独身女性の特徴②仕事が好き

独身女性の特徴②仕事が好き

独身女性の特徴2つ目は、仕事が好きということです。自分で選んでいることから、結婚できない人よりも結婚していない人の割合が多いです。仕事が好きで、一生仕事をしていたいと思っています。家族を持ったりパートナーを作るよりも、一人でいた方が仕事に集中できると考えているので、結婚という選択肢がなくなるのです。

現代では、女性が管理職に就いている企業も多く、男性と肩を並べて働く女性が増えています。そんな社会現象も影響していると言えます。仕事が好きな人の、より具体的な特徴を見てみましょう。

 

仕事が一番

まずは、生活や人生において仕事が一番と考えているという特徴が挙げられます。生涯仕事を続けたい、仕事に全力を捧げたいと思うのは、男性だけの時代ではなくなってきました。結婚している女性にも、仕事が好きな人は多くいます。

仕事以外にも、パートナーとなる夫や家族との時間も大事にしていて、上手にバランスを取りながら生きているというのが特徴的です。しかし仕事が好きな独身女性の特徴は、バランスを取るという選択肢がなく、極端に仕事に偏っているということです。仕事に集中する方が向いていると思っている節もあります。

 

収入が多い

また、仕事が好きな女性は、収入が多いということも代表的な特徴として挙げられます。収入にかける意気込みは男性並みで、一生暮らせるくらいの収支計画をしっかりと立てている人が多いのが特徴的です。お金に対する知識も深く、日頃から情報に敏感で、自ら勉強している人も少なくありません。

仕事が好きな人はお金に対してシビアで、自分の仕事がどのくらいの価値なのか、また、価値を上げるためにどんな仕事をするべきかを考えて生きています。男性に頼らずに生きていけるたくましさなので、結婚する必要性を感じないのです。

 

働き方の人生計画がある

仕事が好きな人は、働き方の人生計画があるというのも特徴的です。一生かけて仕事に夢中になって生きていくには、どんな努力が必要か、何年後にはどうなっているべきかを考えて日々過ごしています。

このような特徴がある女性に対して、男性は自分が入る隙がないと感じ、結婚相手として見ることができないという人も少なくありません。しかし、仕事好きな女性からすると、男性に愛されることよりも、夢中になれる仕事の方が大事で、働き方の人生計画が何よりの希望なのです。仕事好きな人に、独身が多いのも納得できますよね。

 

独身女性の特徴③一人を謳歌している

独身女性の特徴③一人を謳歌している

独身女性の特徴3つ目は、一人を謳歌しているということです。独身で結婚していない人は、結婚に対して、今の自分の生活以上の幸せを見出せないでいるという人も少なくありません。自分だけの生活が充実しているので、結婚する必要性を感じないというのが特徴的です。

むしろ、結婚することで、今まで自由だった自分の時間奪われると危機を感じている人も多いです。それほど、独身自分一人の生活を謳歌しているのです。実際にどんな生活で独身を謳歌しているのか、具体的な特徴を見てみましょう。

 

趣味がある

趣味が充実している人にとっては、男性と過ごす時間よりも、趣味を堪能して過ごす自分の時間の方が大事というのが特徴的です。趣味を理解してくれて、思う存分楽しめる環境であれば、男性と付き合ったり結婚することも考えられるという人は少なくありません。

しかしそんなに寛容さが特徴の男性とは出会うことがなく、付き合ったとしても趣味の時間が取れなそうと感じて、独身でいることを選択するという人は多いです。趣味を我慢して生きていくくらいなら、一人で生きる方がマシだという考え方の特徴があります。

 

一人で過ごすことが好き

一人を謳歌している人の多くは、一人で過ごすことが好きという特徴があります。恋愛依存の女性は、男性と過ごすことが何よりも幸せですし、趣味がある人は、趣味の時間や趣味仲間と過ごすことが幸せでしょう。しかし、そこまで決定的なきっかけや理由がなくても、一人で過ごすことが好きという感覚もあるのです。

いつも誰かと一緒に行動しているタイプの人には理解されにくいですが、わざわざ理解されようとも思わないし、そういう相手と過ごしたくないからこそ、ずっと独身で居たいと考えるようになったとも言えます。

 

ペットを飼っている

ペットを飼っているというのも、独身女性に多い特徴です。本来は男性に向けられるべき心の拠り所や愛情が、全てペットに向けられることで、男性と一緒にいる必要性を感じなくなります。

また、人間関係は煩わしいのが特徴だと考えている人も少なくなく、そのような人はなおさら、人間である男性ではなく、ペットとの関係を深めようと思うものです。

人間は裏切ることがあるけど、ペットは自分を絶対に裏切らないと信じているのも特徴的です。孤独ではいられないけど、心の拠り所は欲しいというタイプに多く見られる特徴です。

 

一生独身でいることのメリット

一生独身でいることのメリット

一生独身でいることで、どんなメリットがあるのでしょうか。独り身を貫こうとしている結婚していない人は、メリットを見ることでますます独り身でいたいと思うことでしょう。

また、結婚願望はあるけどできないでいる人にとっては、メリットを見ることで、本当に結婚したいのか、自分にとって必要なものなのかを、改めて考えるきっかけになります。

独身でいたい場合もそうではない場合も、実際のメリットを知っておくことは大事です。独身という立場を考える際に影響することでしょう。ここでは、独身でいることのメリットを3つご紹介します。

 

自由でいられる

一生独身でいることのメリット1つ目は、自由でいられるということです。自分だけで生きるということは、何をするにもどう過ごすにも自由であることが特徴的です。自由というのはとても魅力です。急に思い立ってキャリアチェンジをするのも、海外で暮らすのも、自分の判断で動けます。

パートナーの許可を取ったり、子供の都合で諦めたりする必要がありません。自分の人生、自分のためだけに生きることができるのが特徴です。好きな仕事や趣味がある場合や、一人で過ごすことが好きな人にとって、これ以上ない幸せです。

 

結婚によって起こる問題に悩む必要がない

一生独身でいることのメリット2つ目は、結婚によって起こる問題に悩む必要がないということです。好きな男性と結婚しても、ただ一緒に居られて幸せというわけではありません。彼と意見がぶつかって衝突したり、嫁姑問題に悩んだり、子供ができれば子供の問題で頭を抱えるようなこともあるでしょう。

このように、結婚は様々な問題が付き物なのが特徴です。そしてそのほとんどが、予想できないような外的要因です。自分が何とかできるものではありません。結婚しなければ問題が発生することがないので、悩む必要がないというのが特徴的です。

 

計画通り人生を楽しめる

一生独身でいることのメリット3つ目は、計画通り人生を楽しめるということです。一生一人でいることで、自分の計画通りに人生を謳歌できるというのが特徴的です。もちろん一人だとしても予想外の問題や出来事はあるでしょう。

しかし結婚して家庭を持つことによって、家族の都合が優先になり、計画通りに人生を送れないというもどかしさを感じることはありません。誰かと共に生きることよりも、自分の思い描いた人生を生きることが、自分の幸せにつながるという特徴の考え方なので、独身でいることがメリットに感じるのです。

 

一生独身でいることのデメリット

一生独身でいることのデメリット

一方で独身でいることのデメリットもあります。独身を貫こうとしている人も、結婚願望はあるけど独身から抜け出せないという人も、実は独身で居続けるデメリットについて真剣に考えたことがなかった、もしくは考えるのを避けているという人が多いというのが特徴的です。

しかしデメリットを考えないと、後から後悔する可能性があります。時が過ぎてから後悔するのでは遅いので、今からメリット以上にしっかり向き合っておく必要があります。独身でいることで特徴的なデメリットを3つご紹介します。

 

老後や療養時に寂しい思いをする

一生独身でいることのデメリット1つ目は、老後や療養時に寂しい思いをすることです。今、元気で若いうちは、仕事や趣味などやりたいことをして過ごしたり、自分の自由な時間を過ごすことが幸せかもしれません。しかし老後や療養時というのは、ただでさえ心細くなるのが特徴的です。

そんな時に、パートナーもいない・子供もいない・友人は皆家庭を持っているなど、一人ぼっちという環境は、とても悲しく寂しいものです。独身のデメリットとして大きな問題と言えます。今は良くても、老後や療養時になった時に、痛感するものです。

 

生活費が自分の収入しか頼れない

一生独身でいることのデメリット2つ目は、生活費が自分の収入しか頼れないことです。結婚したら、夫と一緒に収入を稼ぐことができます。さらに子供もできた場合は、最初こそ養育費などがかかるものの、老後は子供が面倒を見てくれる可能性があります。

しかし独身の場合、そのようなパートナーも家族もいません。自分の収入しか頼れないのが特徴的です。そのため、今生活ができていればそれでいいという考えではなく、働けなくなった場合のことを考えて貯金しておかなければいけません。老後だけではなく、急なケガや病気にも備える必要があるのです。

 

家族を持つことを経験できない

一生独身でいることのデメリット3つ目は、家族を持つことを経験できないことです。恋人ではなくパートナーという立場の存在ができることや、子供の親になるという経験は、独身では成しえません。

大好きな人の妻になること、そして子を持ち母親になることは言葉に実際に経験しないと分からないことがたくさんあります。言葉にできない程の感動や変化があるというのが特徴的です。自由気ままな人生もいいものですが、かけがえのない自分の家族を持つことは、何にも変えることができない程の幸せかもしれません。

 

独身の特徴まとめ

独身は、自分のペースで自由に生きられることが特徴的です。煩わしさや、家庭を持つことで起こる問題を感じずに過ごせるというのは独身ならではの特徴です。しかしその一方で、老後や何かあった時に、収入の面でも精神的にも頼る存在がいないという特徴があるのも事実です。

自由が良くて独身を望んだとしても、寂しさを感じてしまうものです。独身女性の特徴や共通点に当てはまるものがある人は、今一度、独身のメリット・デメリットを見直してみるといいでしょう。独身でいる場合も結婚する場合も、自分の基準で考えることが大事です。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。

関連タグ

内容について運営スタッフに報告