バツイチ子持ち女性の恋愛事情とは?付き合う男性心理もご紹介

人の人生は十人十色。一生を誓って結婚をしたはずなのに、夫の浮気や価値観や生活観のスレ違いなど、やむを得ない事情があって離婚をする女性も少なくありません。バツイチで子供を抱えながらの生活は、何かと精神的に堪えることもあるでしょう。今回は、バツイチ子持ち女性の恋愛事情について解説していきます。

公開日:
著者:
バツイチ子持ち女性の恋愛事情とは?付き合う男性心理もご紹介

著者名

MooooN

MooooN

2児の子を持つシングルマザー。恋愛・結婚のジャンルが得意です。皆さんの心に寄り添える記事を執筆できるように頑張ります。

バツイチ子持ちの恋愛事情を知りたい

人の人生は十人十色。一生を誓って結婚をしたはずなのに、夫の浮気や価値観や生活観のスレ違いなど、やむを得ない事情があって離婚をする女性も少なくありません。

バツイチで子供を抱えながらの生活は、何かと精神的に堪えることもあるでしょう。心理的に一人では不安な時に『心の拠り所が欲しい』と願うのは決して悪いことではないのです。

今回は、バツイチ子持ち女性の恋愛事情について解説していきます。

バツイチ子持ち女性の恋愛観

恋愛

バツイチ子持ち女性の恋愛観は、やはりシビアなものが多いです。バツイチ子持ちである自分の事情をきちんと理解している女性がほとんどですから、恋愛に対してはかなり慎重です。

彼氏優先になる事は出来ないと本人が一番よく分かっているので、例え好きな人が出来てもなかなか行動に移れない女性がほとんどです。ここでは、バツイチ子持ち女性の恋愛観について掘り下げていきましょう。

 

 

恋愛観1:常に子供が最優先

バツイチ子持ち女性の恋愛観は、常に子供が最優先であることです。バツイチ子持ち女性の恋愛は、子供を中心に考えられていますので、彼氏は少し寂しい思いをする事も多いでしょう。

例えば、楽しみにしていたデートの前日になって子供が風邪を引けばデートは中止になります。また、親や実家に頼らず一人で子供と暮らしている女性は、独身女性のように夜デートをすることも出来ません。

バツイチ子持ち女性は、仕事や家事に子育てを一人っきりで行っていますので、LINEや電話にも配慮が必要です。

 

恋愛観2:精神的な繋がりを求める

バツイチ子持ち女性が恋愛観で大切にしているのは『精神的な繋がり』です。バツイチ子持ち女性との恋愛は、お互いに20代同士で若くても心理的な割り切りが必要になります。

例えば、会いたいからといっとすぐに会える訳ではありませんし、子供を含めたデートとなるとデートで出掛ける場所も限られてきます。バツイチ子持ち女性は、寂しくても『大丈夫』『仕方ない』と割り切ってくれる男性との恋愛を望む女性が多いです。

表面だけの繋がりではなく、会う時間が限られていても精神的に繋がっていると感じられる恋愛を求めているのです。

 

恋愛観3:20代よりも30代男性を好む

バツイチ子持ち女性は、20代男性よりも30代男性を好む傾向があります。その理由は、20代男性よりも30代男性の方が精神的に落ち着いていると感じるからです。

もちろん20代男性でも落ち着いている人もいれば、30代でもフラフラしている男性だっています。ですが、バツイチ子持ち女性は、彼氏には精神的な安らぎや頼りがいを求めるので、30代よりも20代はまだ少し頼りなく感じてしまうのでしょう。

また、20代男性だとまだ遊びたい盛りなイメージから『寂しい思いをさせると浮気されそう…』という警戒心から20代男性よりも30代の落ち着いている男性に惹かれる傾向が強いのです。

 

バツイチ子持ち女性の恋愛心理

恋愛2

バツイチ子持ち女性は、心理的に安定した恋愛を好む人が多いです。恋愛に刺激を求める気持ちよりも、心の拠り所を求めるのです。バツイチ子持ち女性は日頃から、仕事に家事に育児と、女性が一人で抱えるには大きすぎる問題を一人で抱えています。

ですから、彼氏には『いつも安定した気持ちで居させてくれる男性』や『安らぎをくれる男性』を好むのです。バツイチ子持ち女性が抱える恋愛観や恋愛心理を理解して、素敵な恋愛へと発展させましょう。

 

恋愛心理1:普通の恋愛は難しい

バツイチ子持ち女性が恋愛で抱く心理には『私には普通の恋愛は難しい』というものが挙げられます。

独身の頃のように、気軽に彼氏と旅行に出掛けたり、夜からお酒を飲みに行くことは出来ないと割り切っているものの、普通の恋愛が出来ない自分と向き合ってくれる男性がいるのか不安に思っているのもまた事実。

心理的には普通の恋愛は難しいと思っていても、本音では『全てを受け入れてくれる男性が現れて欲しい』と願っているのです。バツイチ子持ち女性は、お互いに気持ちの面で繋がり合える男性を求めています。

 

恋愛心理2:結婚に後ろ向き

バツイチ子持ち女性が恋愛で抱く心理は、結婚に後ろ向きだということ。一度結婚に失敗して離婚という道を選んだバツイチ子持ち女性だからこそ『もう結婚は…』と構えてしまうのです。

いつかもう一度結婚をしたいという気持ちがあっても『また失敗したら子供がどう感じるか』と恐れているので、どうしても結婚に前を向くことが難しいのです。

結婚に対して心理的に焦りを感じている男性よりも、お互いの気持ちを大切に進めていける恋愛観の男性を好む特徴があります。

 

恋愛心理3:彼氏に辛い思いをさせていないか

バツイチ子持ち女性の恋愛心理は、彼氏と子供の間で板挟み状態になっているものです。彼氏に『寂しい気持ちは少し我慢して欲しい』と言っていても、心理の奥底では『寂しい気持ちばかりにさせてごめんね』と思うもの。

ですが、子供を置いて女の道を進むことも出来ないので、彼氏に対して常に一か八かを賭けている状態だと言えます。こんな自分の恋愛観を理解して欲しいけど、いつ振られてもおかしくないという状況で強く葛藤しています。

彼氏に辛い思いばかりさせているのを不安に思っても『最低限のフォローしか出来ないこと』に焦りながら、彼氏への理解と深い愛を求めているのです。

 

バツイチ子持ちとの男性の恋愛心理

恋愛3

好きな人がバツイチ子持ち女性だったり、実際にバツイチ子持ちの女性をお付き合いをすると、男性はどんな心理になるのでしょうか。バツイチ子持ち女性との恋愛には、超えなければならない壁がたくさんあります。

子供との関わり方、彼女と恋愛観をすり合わせることや自分の両親や友達どう説明するべきか。心理的に不安定な時は、お互いの気持ちだけではどうにもならない問題にも直面するかもしれません。

バツイチ子持ち女性と交際をする上で、さまざまな気持ちを経験することになるでしょう。ここでは、バツイチ子持ち女性との恋愛で男性心理がどう働いていくのかをご紹介します。

 

子供との距離感をどう掴むか

バツイチ子持ち女性との恋愛で男性が感じる心理は『子供との距離感をどう掴むか』ということです。いくら好きな人の子供であっても、初対面の時から我が子のように思える男性なんていないでしょう。

『自分の子として愛したい』『早く仲良くなりたい』という気持ちがあっても、男性と子供の距離感やお互いのペースをしっかり把握する必要があるので焦りは禁物です。

バツイチ子持ち女性と付き合う男性は、子供の様子を伺いながら、少しずつ好きな人の子供との距離を埋めようと頑張っているのです。

 

責任の大きさに不安

バツイチ子持ち女性と恋愛をする男性は、責任の大きさに不安を感じている心理状態だと言えます。男性は、血の繋がった自分の子供であっても、出生後から少しずつ時間をかけて父性が芽生えて父親としての自覚が芽生えるものです。

ましてや、他の男性の子供である子を我が子のように愛するのは、綺麗事を抜きにしてとても大変な事です。好きな人とカップルになったその日から、相手の子供と関わる『責任』が発生する事に、男性心理の中では大きな不安の気持ちが渦を巻くのです。

ですが、時間をかけて向き合うことで本物の親子以上の関係を築けることもまた事実なので、最初から必要以上に構えるのはNGです。

 

たくさんの愛情に恵まれる

ある程度お付き合いが進んで子供とも仲良くなると、男性心理は『たくさんの愛情に恵まれる幸せ』を感じるようになります。彼女からの愛情だけではなく、彼女の子供からも大きな愛情を貰えるでしょう。

子供が懐くかどうかは、男性とバツイチ子持ち女性の関わり方次第です。誠心誠意、愛を持って向き合えば男性の気持ちは彼女や子供にしっかりと伝わるもの。

たくさんの愛情に恵まれた時、バツイチ子持ち女性もその子供も、男性にとってかけがえのない存在となるでしょう。

 

バツイチ子持ちのリアルな恋愛事情

恋愛4

バツイチ子持ち女性の恋愛事情は、本人にしかわからない葛藤や本音、心理状態があります。

その中で自分の気持ちを強く持ち次の恋愛へと進むのですが、バツイチ子持ち女性は一体どんなことで悩み、どうやって恋愛を進めていくのでしょうか。

シビアな恋愛観を持ったバツイチ子持ち女性だからこそ出来る大人の恋愛には、どのようなものがあるのか気になりますよね。

ここでは、子供を抱えていることで独自の恋愛観が芽生えたバツイチ子持ち女性のリアルな恋愛事情について触れていきます。

 

心理的負担が大きい

バツイチ子持ち女性の恋愛事情は、精神的負担が大きくなってしまう事に注意です。

例えば、彼氏と喧嘩をしてしまった時、クールな恋愛観で『私には子供がいるから』と、過剰に焦ることもなく冷静さを保つバツイチ子持ち女性ですが、本音では不安な気持ちでいっぱいです。

今すぐにでも会いに行って安心が欲しいけれど、その感情を抑えて子供の前では笑顔で過ごさなければいけません。彼氏と喧嘩した時や上手くいっていない時、泣きたい気持ちを我慢するのは心理的にとても辛いものです。

バツイチ子持ち女性の恋愛事情には、心理的負担が大きい事をしっかりと理解しておく必要があります。

 

彼氏に感謝と尊敬の気持ちを持てる

バツイチ子持ち女性の恋愛事情は『彼氏に感謝と尊敬の気持ちを持てる、素敵な恋愛が出来る』ということ。彼氏が自分の子供と戯れていたり楽しそうに遊んでいる姿は、言葉では表せないほど感慨深いものがあります。

自分の子供でもない子を、我が子同然に心配し可愛がってくれる彼氏に『伝えきれないほどの感謝と尊敬の気持ち』を持てるでしょう。大きな感謝や尊敬の気持ちが持てるのも、子供がいたからこそ感じた気持ちですよね。

彼氏への深い感謝と尊敬の気持ちを持つことで、彼氏と女性、子供の間に大きな絆が芽生えるのです。

 

子持ちだからこそ得られる幸せは大きい

バツイチ子持ち女性の恋愛観はシビアですが、彼氏への感謝や愛情はきちんと根底にあります。そして、そんなバツイチ子持ち女性と独身男性の恋愛には、たくさんの幸せが待ち受けているのです。

例えば、子供の誕生日や保育園や幼稚園、小学校での行事など、子供の成長を一緒に見守る事が出来ます。子供の成長の節根節目に、感慨深いものを感じたり込み上げてくる気持ちだってあるでしょう。

バツイチ子持ち女性と独身男性との恋愛だからこそ、子供がきっかけとなる幸せも大きいのです。

 

バツイチ子持ち女性が恋愛をする上でのポイント

恋愛5

バツイチ子持ち女性が恋愛をする時、どんなことに注意するべきなのでしょうか。好きな人とスムーズに距離を縮めたいと思っても、子供がいることを忘れてはいけませんよね。

子供の気持ちや心理を一番に考えた恋愛観をしっかり意識し、恋愛をする上でのマイルールを決めると良いでしょう。

例えば『彼氏と喧嘩しても子供の前では明るいママで接する』や『子供と一緒に居る時はLINEや電話をしない』というものです。

ここでは、バツイチ子持ち女性が恋愛をする上でポイントにして欲しいことを3つご紹介します。

 

子供中心の付き合い方が大前提

バツイチ子持ち女性が恋愛をする上で大切なことは『子供中心の付き合い方を大前提にする』です。恋愛の始まりは誰だってワクワクするものですし、仕事中であってもつい彼氏のことを考えてしまうかもしれません。

ですが『自分は女である前に一人の母なんだ』という意識は常に持ち続けましょう。彼氏には私と別れても他の女性がいるかもしれないけど、この子には私しかいないと気持ちをしっかり持ち、どんな時にも子供を中心にしてあげてください。

 

覚悟を持って付き合う

バツイチ子持ち女性が恋愛をする上で大切なのは『覚悟を持って付き合う』ということ。例えば、交際期間が長くなって子供と彼氏を会わせる時は要注意です。

簡単に彼氏と子供を会わせ、もしも二人の恋愛が上手く行かなくなってしまったらどうしましょう。子供は離婚で傷ついた上に、大好きなお兄さんともお別れしなくてはいけなくなるのです。

小さくても意思や気持ちがある事をしっかり意識して、覚悟を持って恋愛を進めていってください。

 

男性をしっかり見極める

バツイチ子持ち女性が恋愛をする上で大切なのが『男性をしっかり見極める事』です。バツイチ子持ちになった後の恋愛はとにかく慎重になるべきです。

もしもとんでもない男に捕まってしまったら、女性本人だけでなく子供にとっても大きなダメージとなる恐れだってありますよね。女性と子供をしっかり愛して守ってくれる男性を見極めましょう。

バツイチ子持ち女性を本気で愛してくれる男性は居ます。子供と幸せになる上で、男性を見極める事はかなり重要な事です。

 

バツイチ子持ちでも恋愛を楽しもう

バツイチ子持ち女性であっても恋愛を諦める必要はありません。本物の親子でも憎み合い絶縁してしまう親子もいれば、血は繋がっていなくても心からお互いを思い合っている親子も居るのです。

大切なのは、どれだけ心の繋がりを育んでいけるかということ。バツイチ子持ち女性の恋愛では、難しいことも葛藤することも計り知れないほどにあります。

ですが、しっかりと彼氏と子供の心理をサポートすることで皆で幸せになれるのです。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。

関連タグ

内容について運営スタッフに報告