事実婚のメリット・デメリットを知りたい!あえて入籍せず内縁関係を選ぶ理由とは

入籍や婚姻の公的やりとりがないままで、夫婦として生活する男女のことを「事実婚」と表ますが、なぜ、きちんと入籍や婚姻の対応を踏まずに事実婚を貫くことを望むのでしょう。そこには、もちろん事実婚だからこそ感じるメリットやデメリットが多く存在するはずですよね。今回は事実婚だからこそ多いメリットやデメリットについてご紹介します!

公開日:
著者:
事実婚のメリット・デメリットを知りたい!あえて入籍せず内縁関係を選ぶ理由とは

著者名

MooooN

MooooN

2児の子を持つシングルマザー。恋愛・結婚のジャンルが得意です。皆さんの心に寄り添える記事を執筆できるように頑張ります。

入籍や婚姻の公的やりとりがないままで、夫婦として生活する男女のことを「事実婚」と表ますが、なぜ、きちんと入籍や婚姻の対応を踏まずに事実婚を貫くことを望むのでしょう。

そこには、もちろん事実婚だからこそ感じるメリットやデメリットが多く存在するはずですよね。今回は「事実婚とは」を初めとする、事実婚だからこそ多いメリットやデメリットについて、ご紹介していきます!

事実婚とは

事実婚とは

 

 

入籍をせずに夫婦とする人々

事実婚とは1つめは「入籍をせずに夫婦とする人々」のことを表します。事実婚を選ぶ人々は、婚姻届を役所等に提出をすることがないままに、公的にやりとりを踏まない未入籍の現状のまま、互いのことを妻や夫だという風に思い合っている者同士のことです。

入籍や、結婚という括りに縛られることを考えずに、入籍せずのままの事実婚にポリシーを持つ人は多い傾向があります。そのポリシーを貫く姿勢こそが、事実婚を選んだ人の生き方です。

 

同じ世帯の住民票だが戸籍は別

事実婚とは2つめは「同じ世帯の住民票だが戸籍は別」です。事実婚と内縁の違うポイントは「お互いに事実上の結婚相手であることを、誠意を持って認識しています。

事実婚を選ぶことは、住民票を同一にすることで世帯主をどちらかに明確にし、戸籍上は別としながら住民票の仲の続柄部分には「妻(未届)」だとか「夫(未届)」と、記載をしています。

 

何らかの理由から婚姻届が未提出

事実婚とは3つめは「何らかの理由から婚姻届が未提出」だという男女です。事実婚選ぶ人々には、その者同士によってもちろんさまざまな理由が存在します。

例えば、どちらかが子供を連れているシングルファザー・シングルマザーの状態であったり、婚姻届を出すことで不具合いが生じるといった時に、あえて婚姻や入籍のやりとりをせず事実婚の形を選ぶのです。

 

現代の婚姻制度へ意義を感じている

事実婚とは4つめは「現代の婚姻制度へ意義を感じている」です。一昔前に比べると、遥かに人々の暮らしや思考が自由になってきました。

そんな自由な現代社会で「結婚も今まで以上に自由と柔軟さがあってもおかしくない」という判断のもと、法律婚という型にはまらず、事実婚を貫くことを決めたのです。現代の制度に屈すること無く、自分とパートナーの意義や、主張を考慮した生き方です。

 

事実婚とは違う内縁

事実婚とは5つめは「事実婚とは違う内縁」です。事実婚と内縁は、よく同じものだと判断されていますが「本人達の意思」の部分で、大きく捉え方が異なるのです。

事実婚は、入籍や結婚の意思のある男女が結婚という固定観念に対して疑問や不満を抱えながらも、自分達は明確にパートナーなのだとオープンに主張する場合を指し、内縁は2人の共同生活に明確な意思を持たないことを指します。

つまり、自分達のスタイルをオープンにしたりしないかで、事実婚と内縁の判断のされ方が違います。

 

事実婚を選ぶ理由

事実婚を選ぶ理由

理由①入籍の状況を見ている

事実婚を選ぶ理由1つめは「入籍の状況を見ている」です。例えば事実婚のスタイルにメリットを感じて、自らの意思で事実婚をしている人々の中には「この先入籍もあるけれど、今の所は事実婚でとくに不満はない」と、考えます。

事実婚を選ぶ2人の中には、入籍する状況を見て、タイミングが合えば婚姻へ進むことを検討している人々だって実は少なくないのです。

 

理由②自立した関係を保つ

事実婚を選ぶ理由2つめは「自立した関係を保つ」です。事実婚をメリットに感じている人々の多くは、パートナーと本人が経済面で自立している男女がほとんどで、安定した特徴があるのです。

入籍という結婚の効力を交わさなくても、相手をパートナーとして支え認識していれば、2人それぞれの自由や自立したままの関係を築こうというものです。

 

理由③性を以前のままに名乗れる

事実婚を選ぶ理由3つめは「性を以前のままに名乗れる」です。事実婚の2人が魅力やメリットだと感じていることは、夫婦になっても別姓を名乗れる、と挙げています。

戸籍上の夫婦になるということは、一方の姓を名乗らなければならなくなり戸籍や住民票の変更や、クレジットカードやキャッシュカードなどの氏名の変更をしなければならないことに、強い不満を感じているのです。

 

理由④事実婚でも世帯主は選べる

事実婚を選ぶ理由4つめは「事実婚でも世帯主は選べる」です。法律的に夫婦とされない「事実婚」を貫いても、住民票で同一世帯であれば、パートナーを世帯主として表記できます。

例え事実婚であっても、住民票にはパートナーを世帯主とすることができるので、あえて法律婚という風習に囚われなくてもいいとの考えです。

 

理由⑤婚姻のやりとりにデメリットを感じる

事実婚を選ぶ理由5つめは「婚姻のやりとりにデメリットを感じる」です。事実婚にメリットの部分を大きく感じている人々は、結婚のやりとり自体をデメリットと感じる人が大勢います。

今どきの考え方のひとつだとも表現できますが、あくまでも夫婦だと認識し合っているので、わざわざ法律上のやりとりは踏む必要がないのです。

 

事実婚のメリット

事実婚のメリット

メリット①結婚・離婚時のやりとりが不要

事実婚のメリット1つめは「婚姻・離婚時のやりとりが不要」です。事実婚の大きなメリットのひとつが、役所でのやりとりが要らずに自分達を夫婦とできることではないでしょうか。

結婚の時よりも苦労するのが、離婚の時の役所でのやりとりです。離婚となれば、夫婦として一緒に暮らしていた時の全てを変更したり、各種公的機関にに走り回らなくてはいけませんので、このデメリットを削減する必要があります。

 

メリット②お互いのパワーバランスを維持できる

事実婚のメリット2つめは「お互いのパワーバランスを維持できる」です。事実婚にメリットを感じる男女は、お互いに経済面で自立しつつ、自分もパートナーも会社で地位を築いているのです。

入籍・結婚という現代のスタンスを受け入れて、一方のパワーバランスが崩れてしまうことを懸念して、お互いのパワーバランスを維持するため事実婚のスタンスを貫くのです。

 

メリット③財産分与は公平にできる

事実婚のメリット3つめは「財産分与は公平にできる」です。例え事実婚であっても、公平に財産分与ができます。

事実婚での離婚は、単にお互いが別居を始めた時のことを表すのですが、事実婚だと判断された日から、別居となった日までに夫婦で培った財産は「財産分与」として分られるのです。

 

メリット④共働きだが仕事をセーブしないで済む

事実婚のメリット4つめは「共働きだが仕事をセーブしないで済む」です。事実婚のメリットを、共働きの仕事加減だと考える人々は、自分もパートナーもバリバリと仕事をし、会社での地位を確立しています。

例えば、事実婚で事実上の夫婦になった後、一方が税金の控除などを意識せずにに、自分達ならではの事実婚のメリットを見出すパートナー同士も少なくありません。

 

メリット⑤精神的安定が得られる

事実婚のメリット5つめは「精神的安定が得られる」です。事実婚をメリットだと感じているパートナーは、入籍・結婚のパートナーに対して、収入の高い相手に劣等感や気負ってしまうのではないかと考える傾向が強くあります。

ですが事実婚であれば、相手に気負うことなくのびのびと仕事に専念したり、自分と相手が対等だと感じられることから、精神的安定をメリットだとしている傾向が高くなります。

 

事実婚のデメリット

事実婚のデメリット

デメリット①健康保険に入る際に面倒

事実婚のデメリット1つめは「健康保険に入る際に面倒」です。実は、事実婚という公的な段階を踏まずにいた2人でも、パートナーの健康保険の扶養に、第3号被保険者として加入できます。

その際には、役所等で住民票の続柄を「妻(未届)」「夫(未届)」と表記してもらうことが必要になりますし、この対応をしてもらうために、本当にお互いが独身なのかの証明が必要です。

 

デメリット②税金の控除がない

事実婚のデメリット2つめは「税金の控除がない」です。事実婚を結んでいる2人は、パートナー健康保険に扶養といった形で加入できますが、公的に結婚のやりとりを結んでいないので、年末調整時に配偶者控除を受けられません。

また、法律上の配偶者と見なされませんので、遺産相続の際に基礎控除を受けられないなどのデメリットが生じてしまうのです。

 

デメリット③相続の際に法定相続人にならない

事実婚のデメリット3つめは「相続の際に法定相続人にならない」です。もしも一方が先に亡くなってしまった場合、亡くなった方が生命保険に加入していても、法律上の配偶者ではないので、遺産相続の際に法定相続人になれません。

遺産相続の際に法定相続人と判断されないと、遺産を相続する際に基礎控除を受けられずに、相続税という税金が発生しまうデメリットがあるので注意が必要です。

 

デメリット④子供の親権は母のみにしか与えられない

事実婚のデメリット4つめは「子供の親権は母のみにしか与えられない」です。事実婚の2人の元に子供が生まれた際は、母親との親子関係が認められますが、実際に出産の事実が無い夫側には、認知をしてもらわなければ親子として認められないのです。

ですから、事実婚の2人の間に生まれた子供の親権は、いつまで経っても母親にしか認められないことや、父親と子供の姓の不一致によるトラブルが生じる可能性もあるというデメリットを認識しておくことが大切です。

 

デメリット⑤周囲の人達からの偏見もある

事実婚のデメリット5つめは「周囲の人達からの偏見もある」ということです。現代では、事実婚という夫婦の形を選ぶカップルも増えてきていますし、さまざまなメリットを感じることもあるでしょう。

しかし、まだまだ事実婚の形の男女に対して、疑問を感じてしまう人が多いこともまた現実です。周囲の理解を得られないことをデメリットに感じる時は、自分達が選んだ選択を信じて貫くというハートの強さが大切なのです。

 

事実婚をする上での注意点

事実婚をする上での注意点

注意点①各種費用の負担義務が生じる

事実婚をする上での注意点1つめは「各種費用の負担義務が生じる」です。法律結婚の対応を踏んでいなくても、夫婦としてお互いの生活をサポートし合う義務や、認知した子供に対しての養育費が発生します。

事実婚からの結婚の費用や養育費を補ってもらうことは、大きなメリットとなりますが、この事実を知っている人は少ない傾向にあるので、ぜひきちんと事実婚に関する理解を深めてみましょう。

 

注意点②事実婚でも夫婦の貞操義務が生じる

事実婚をする上での注意点2つめは「事実婚でも夫婦の貞操義務が生じる」です。夫婦の貞操義務とは、簡単に言えばどちらかが不倫をした時に「良好な夫婦関係を壊した者に与えられる罰則」のようなもので、不倫をされた方は不倫をした方と不倫相手に対して慰謝料を請求することができます。

この夫婦の貞操義務は、法律婚だけでなく事実婚の男女にも適用されますから、ぜひ注意ポイントとして認識しておきましょう。

 

注意点③別居をすると「事実婚の解消」と見なされる

事実婚をする上での注意点3つめは「別居をすると事実婚の解消と見なされる」です。法律結婚の夫婦ならば、別居期間中であってもまだ「夫婦」としての関係だと見なされます。

しかし、事実をしている男女であれば、別居のタイミングで事実婚をやめたと判断されるので、別居期間中の生活費用を負担されない、というデメリットがあります。

 

注意点④子供を認知してもらう

事実婚をする上での注意点4つめは「子供を認知してもらう」です。事実婚の男女にありがちなのが、子供が生まれても認知の手続きが必要なこと自体を把握していません。

事実婚の男女ならば、認知をしてもらわなければ「この父親の子供」だと認められないというデメリットがありますから、子供が出生した際は、夫側に速やかに認知手続きをとってもらいましょう。

 

事実婚にはメリット・デメリットがある!

近代的な考えの象徴の「事実婚」という、公的な段階を踏まずに夫婦の形を宣言する考え方ですが、事実婚にはメリットもあるしデメリットも存在するのです。

人によって、メリットとデメリットの考え方は違うので、自分達に合った一番良い形で「家族」を築くこともありでしょう。事実婚のメリット・デメリットをきちんと押さえて、自分達らしい生き方を選択しましょう!

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。

関連タグ

内容について運営スタッフに報告