「無垢フローリング」って、どんなところがいいの?お手入れの方法は?

高級なフローリング材ほど、メンテナンスが大変で、傷をつけないようにそろそろと住まなきゃいけない。 じつは、そんなこともないらしいんですよ。全室、無垢フローリングを使うのが特徴の goodroom オリジナルリノベーション「TOMOS」を担当するスタッフに、そのあたりをずばり聞いてきました。

公開日:
著者:
「無垢フローリング」って、どんなところがいいの?お手入れの方法は?

著者名

goodroom journal

goodroom journal専門家

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。 インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

「無垢フローリング」って、どんなところがいいの?お手入れの方法は?


 

高級なフローリング材ほど、メンテナンスが大変で、傷をつけないようにそろそろと住まなきゃいけない。

そんなイメージありませんか?無垢のフローリングなんて、さらに大変だったりするんじゃないの……?

じつは、そんなこともないらしいんですよ。

全室、無垢フローリングを使うのが特徴のgoodroomオリジナルリノベーション「TOMOS」を担当するスタッフに、そのあたりをずばり聞いてきました。

text : Miha Tamura from goodroom journal(初出:2014年5月)

 

 

グッドルームのリノベーション賃貸で、「無垢フローリング」を採用する理由

グッドルームのオリジナルリノベーション賃貸「TOMOS(トモス)」のお部屋では、どのお部屋でも天然の1枚板を使った「無垢フローリング」を採用しています。

 

「本物の木」を使っているからこそ、風合いがよく家具を合わせやすいのが特徴です。(このお部屋はこちら)


 

木が呼吸をするため、夏は湿気を吸ってさらっと涼しく、冬は室内の暖かい空気を吸って足元からあたたかく過ごせるのも、大きな特徴です。

(このお部屋はこちら)

「TOMOS」のお部屋を探す

オーナーさんに「無垢フローリング」の良さを説明し、リノベーション工事をすすめる営業担当スタッフに、「無垢フローリングって、何がいいの?」と率直に質問してみました。


 

時間が経つにつれて、深みの増す素材

-率直に言って、グッドルームのリノベーション賃貸は、なんで無垢フローリングを使っているんですか?

「TOMOSのお部屋は、賃貸の物件でも『入居者さんの視点』でお部屋づくりをしているんですね。グッドルームで、最終的に入居者さんをつけるまで、一貫して行っています。そこで、他のお部屋よりも、TOMOSのお部屋を選んでもらう、その差別化のために無垢フローリングを採用しています」

-たしかに、無垢のお部屋ってお部屋を実際に見に行って一瞬でわかりました。リノベーションをするオーナーさん向けには、無垢の良さをいつもどんなふうに伝えていますか?

「そうですね、無垢のフローリングって、基本的には15年、20年使ってもらう素材なんですよ。経年劣化ならぬ、経年進化というか。オーナー様視点だと、リノベーションって、とにかくぴかぴかにする、新品にするのがよいこと、と捉えられる方も多いんですけど、若い入居者の方の中には、レトロ感、ヴィンテージ感を大事にしたい、ていう価値観が増えてきてる。無垢の経年変化も楽しんでもらえると思うんですよね。

TOMOSの場合は、グッドルームが入居者さんの要望をきけるので、オーナーさんの意向とのギャップを埋められるところがあって。
それに、オーナーさんでも、『木』とか『自然』が嫌い、自分は嫌だっていうひとって、あんまりいないんですよ」

-たしかに。『木が嫌い。人工物がいい!』ってなかなかないですね。

「そう。じつはそのこともすごく大事で。
エッジを効かせたデザインのリノベのお部屋は増えているけど、5年後、10年後も古くならないとはかぎらない。
TOMOSは、古くならないこと、飽きないこと、ターゲットを限定しすぎないことをデザインコードにしています」

 

無垢フローリングにもいろんな種類があります

TOMOSショールームにあるサンプル


 

ヤマグリ材

TOMOSのリノベーション賃貸の中では標準的に用いられることが多い、かたくて丈夫な素材。

節目はあまり多くなく、重厚感、高級感のある素材です。

「ヤマグリ」の部屋を検索

 


 

パイン材

パインは松の木のこと。少しやわらかい床材で、大きな節目があるのが特徴です。

明るい色味なのでお部屋も明るくなりますね。

ナチュラルな風合いは、北欧インテリアが好きな人にもぴったり。

「パイン」の部屋を検索


 

オーク材

堅くて丈夫なオーク材は、高級家具でもよく使われている木材です。

シックで大人っぽい雰囲気で、アイアンの家具など合わせてもばっちりきまりそう。

「オーク」の部屋を検索


 

バーチ材

バーチとはカバの木のこと。北欧家具によく用いられる、明るい色味の木です。

パイン材と比べると硬く、均等で緻密な木肌を持ち、節は目立ちません。床が主役というより、家具を引き立てる役割をしてくれる床材です。

「バーチ」の部屋を検索

―自分が住むとしたらどの床にします?

「やっぱりヤマグリかな。かたさがあって、傷つきにくいってところと、高級感が魅力ですね」


 

じつはメンテナンスは楽なんです

―いま、傷の話がありましたけど、やっぱり気になるのはメンテナンスの部分だと思うんですが……

「オーナーさんには、メンテナンスは、実は楽、というのをお伝えしています。
TOMOSの無垢の床の場合は、厚みがあるので。ヤマグリなら18mmあります。
白木用の洗剤で少ない汚れはとれますし、頑固な汚れは、サンディングマシーンで表面をごしごし削っちゃうんです。
あとは、へこんだとしても、水を含めてアイロンであたためると復活します」

 

厚みのあるヤマグリの素材

―へぇ!!おもしろいですね。では、入居者さんが住むときに気をつけることってありますか?

「個人的には、入居される方には、気にせず住んでほしい!!と思っています。
やっぱり、経年変化を楽しめるところが無垢の良さなので。
できれば、ときどきグレープシードオイルを塗ってもらうと、ツヤが出て、フローリングを育てていくことができます。
そういうふうに住んでもらえたらすごく嬉しいですね」


 

グレープシードオイル。ふつうにお料理にも使えます。ただし、不乾性油のオリーブオイルなどは塗っても乾かないので使用できないため要注意!

長くつかってもらって、変化自体も楽しんでもらうことを前提としている無垢フローリングのお部屋。

ものを大事に、メンテナンスしながら長く使いたい人にこそ、ぜひオススメしたいお部屋なんですね。

「TOMOS」のお部屋を探す


 

「教えて!グッドルーム」特集はこちら


 

こちらもおすすめ☆

掲載商品の在庫については各店舗にご確認ください

関連タグ

内容について運営スタッフに報告