デートの頻度ってどれくらい?男女の関係性別に平均的なスパンをご紹介♪

この関係性でのデート頻度って少ない?多い?デートの平均頻度が知りたい!という人は多いと思います。 付き合う前の恋人未満である場合や、恋人になってからの場合、そしてさらには付き合っている期間によっても、デート頻度は違ってきます。 今回は、関係性や付き合っている期間別に平均的なデートの頻度をご紹介します。

公開日:
著者:
デートの頻度ってどれくらい?男女の関係性別に平均的なスパンをご紹介♪

著者名

vivi

vivi

自身が過去の恋愛で、悩み学んだ経験を活かし、愛される女性の特徴や男性心理などを中心とした恋愛記事を執筆しています。恋愛で悩んだ時の参考になったら嬉しいです。

この関係性でのデート頻度って少ない?多い?デートの平均頻度が知りたい!という人は多いと思います。

付き合う前の恋人未満である場合や、恋人になってからの場合、そしてさらには付き合っている期間によっても、デート頻度は違ってきます。

今回は、関係性や付き合っている期間別に平均的なデートの頻度をご紹介します。

《付き合う前》デートの頻度

恋愛1

月2回(2週間に1回)

付き合う前のデートの頻度1パターン目は、月2回(2週間に1回)です。月2回というのは、付き合ってない、つまり恋人未満である関係性において、平均的なデート頻度と言えます。

月2回デートするのは、付き合ってないものの特別な存在という絶妙な関係性を保てます。

「この人の彼女になりたいな」と思ったらあまり間を空けすぎないで会えるようにすることが大事です。

気になる人とはもっと会いたい、間を空けずにまた会いたいと思う人もいるかもしれませんが、付き合ってない状態でこのくらいがちょうどいいと感じる人は多いです。

 

広告

 

月1回(1ヶ月に1回)

付き合う前のデートの頻度2パターン目は、月1回(1ヶ月に1回)です。学生の頃とは違い、アラサーになると、恋愛の時間は後手に回るという状況になる人は多いのではないでしょうか。

仕事優先だったり、趣味など自分の時間優先だったり、生活リズムができあがっていることでしょう。

そのため月1回のペースでのデートがちょうどいいと感じる人は多いです。存在を忘れることなく、適度な距離感を保てます。

 

遠距離の場合は数か月単位

付き合う前のデートの頻度3パターン目は、遠距離の場合です。遠距離の場合は数か月単位が適度な頻度と言えます。

頻度は離れている距離によって変わります。2~3時間で移動できる距離であれば月1回程度が適度な頻度ですが、海外など簡単に移動ができない距離の場合は、数か月単位での頻度になります。

金銭面の問題もありますし、連休の時にしかいけないなど、簡単に会えないので、次に会うまでの期間が空くことは致し方ないと言えます。

 

《付き合いたてカップル》デートの頻度

恋愛2

2~3日に1回

付き合いたてカップルのデートの頻度1パターン目は、2~3日に1回です。付き合いたてはラブラブで、毎日でも会いたいと思う人も多いのではないでしょうか。

しかし学生時代とは違い、社会人やアラサーになると毎日会うのは難しく、2~3日に1回が現実的と言えます。

頻繁に会っていても、付き合いたてなので毎回新鮮なデートができます。

デート内容としては、毎回どこかにお出かけするわけではなく、仕事終わりにカフェでお茶するなど少し会うだけのデートも多いです。

 

1週間に1回

付き合いたてカップルのデートの頻度2パターン目は、1週間に1回です。ほとんどの人は休日は1週間に1~2回で、その休みのタイミングでデートするというカップルはたくさんいます。

お互い会社員などで土日休みの場合は、土日のどちらかはデートする、などと自然と決まっているパターンが多いです。

また、休みの前日である金曜日の夜に食事に行き、どちらかの家にそのまま泊まるパターンもあります。

休みが異なる場合は、どちらかの休みに合わせてデートすることが多いです。

 

月に2~3回

付き合いたてカップルのデートの頻度3パターン目は、月に2~3回です。趣味など自分の時間も必要なタイプ同士が付き合っている場合、もしくは相手や自分がそうである場合は、休みの度に会うことは難しいです。

その場合月2~3回が適度な頻度になります。毎週会うわけではなく自分の時間も保ちつつ、恋人と会う時間を作るという、バランスの良い頻度と言えます。

 

月に1回

付き合いたてカップルのデートの頻度4パターン目は、月に1回です。生活において恋愛の重要度があまり高くないタイプの場合、付き合って間もない時から月に1回会えば十分と考える人は多いです。

恋人ができたからと言って、自分の生活リズムや優先順位を変えないのです。お互いがこのタイプであれば何も問題ないですが、どちらか一方だけがこのタイプで、もう一方は恋愛を優先するタイプである場合、どちらかが我慢することになるでしょう。

 

《付き合って半年以上のカップル》デートの頻度

恋愛3

1週間に1回

付き合って半年以上のカップルのデートの頻度1パターン目は、1週間に1回です。生活の中で、恋人との時間を重要視しているカップルの場合は、付き合いたての頃から頻度がほとんど減らないです。

付き合って半年経っても、ほぼ毎週デートしているのです。当たり前のように「今週どこ行く?」「週末何する?」などの会話をしています。習慣になっているとも言えます。

 

月に2~3回

付き合って半年以上のカップルのデートの頻度2パターン目は、月に2~3回です。恋人と言えど毎週会うというのはきつい、自分の時間も同じくらい必要、というカップルの場合、月に2~3回が適度な頻度になります。

休みの半分は自分の時間、残り半分は恋人とのデートの時間、という具合です。恋愛も自分の時間も同じくらいの割合で過ごす人にとってちょうどいい割合でしょう。

 

月に1回

付き合って半年以上のカップルのデートの頻度3パターン目は、月に1回です。恋愛重視ではなく、趣味やその他のことも大事にしたいというバランス重視のカップルの場合、付き合って半年経つと月に1回が適度な頻度になります。

月1回のデートであれば、会いすぎることはないものの、しっかり恋人という関係性を保つことができます。

自分の生活リズムや生活バランスができているアラサーカップルには特に、心地よい頻度になると言えます。

 

《長年付き合っているカップル》デートの頻度

恋愛4

月に2~3回

長年付き合っているカップルのデートの頻度1パターン目は、月に2~3回です。長年付き合うと、毎週絶対に会うルールは卒業し、必ずしも毎週会わなくてもよいという大人の付き合いができてくるものです。

かといって、いくら長年付き合っているからと言って何週間も会わないということは考えられない、というカップルにとって適した頻度になります。

 

月に1回

長年付き合っているカップルのデートの頻度2パターン目は、月に1回です。付き合いが長くなってくると、月に1回デートできれば十分、むしろ月1回がちょうどいいなどと思うカップルは多いです。

特に結婚前であれば、今のうちに自分の時間も過ごしておきたいという人もいます。

また、長年付き合っていても恋人をないがしろにしたくないというカップルにとっても、月1回というのはちょうどいい頻度と言えます。

 

不定期

長年付き合っているカップルのデートの頻度3パターン目は、不定期です。不定期なデート頻度で付き合っていられるというのは、毎週会う・毎月会うなど、決まったルールがなくても長続きする信頼関係ができているカップルと言えます。

お互いが信じていることによって成り立つ関係性です。アラサーカップルにとっては特に、このくらい自然な感覚でデートするくらいがちょうどいいと感じるものです。

 

デートですること

恋愛5

ご飯を食べる

デートですること1つ目は、ご飯を食べることです。好きな食べ物やお酒の種類などが一緒であればそのことを口実に誘うことができます。

そのため、付き合ってない恋人未満の関係性でも、ご飯を食べるデートは比較的誘いやすいです。

日常的なデート内容のため、下心を感じることも少ないでしょう。男女ともに割と軽い気持ちで過ごすことができるデートコースと言えます。

 

お酒を飲む

デートですること2つ目は、お酒を飲むことです。居酒屋やバーなど、お酒を飲むデートも人気が高いです。

まだ慣れてなくて緊張してしまうデートでも、お酒が入ることで緊張が解けて、肩の力を抜いた状態で楽しめます。

また、お酒を飲みながら、会わない間に起こったことなどをお互いに話すことで盛り上がること間違いないです。

 

映画を観る

デートですること3つ目は、映画を観ることです。映画を観ることも定番のデート内容です。暗い空間なので、手を繋ぐチャンスもありますし、ロマンチックな雰囲気を楽しむことができます。

好きな映画のジャンルが同じ場合は、映画デート前の会話やデート後の会話もきっと盛り上がることでしょう。

逆にジャンルの好みが違う場合でも、相手の好みに合わせることで、意外にもそのジャンルを好きになったり新しい発見もできて楽しいものです。

 

期間限定のデートスポットへお出かけ

デートですること4つ目は、期間限定のデートスポットへお出かけすることです。クリスマス限定のイルミネーションや、夏の花火大会など、期間限定のデートスポットでお出かけすることは、季節を楽しむこともできて一石二鳥です。

また、その手のデートスポットはカップルが多いので、思う存分ロマンチックなデートを味わうことができます。

 

写真を撮る

デートですること5つ目は、写真を撮ることです。どんなところでのデートも、後々思い出になるのでぜひ写真は撮りましょう。

2人一緒の写真であったり、どちらかがどちらかを撮ったり。ラブラブな写真だったり、面白い写真だったり。

いろんな写真を撮ると、後で見返した時に楽しめます。どんな写真でも、その日にしかない思い出になるのでその一瞬を写真に残すことを意識しましょう。

 

ショッピング

デートですること6つ目は、ショッピングです。どちらかの買い物に付き合って、どれが似合うか意見を聞いたりすることは一人ではできないことです。

好みが分かる瞬間でもあるので、その意見を聞き逃さないようにしましょう。

また、お揃いのものを買うこともデートでの楽しみの一つです。

特に遠距離恋愛などあまり会えない場合は、後日離れても、その日に買ったものを見て、会えない時も元気をもらえるものです。

 

カフェでお茶

デートですること7つ目は、カフェでお茶です。デートの時間をまとまって取れない時や少しの時間でも会いたい時であったり、これと言ってやることがない時など、カフェでお茶するデートも多いです。

好きな人や恋人とは、一緒に過ごすだけで癒されるという人は多いです。特に何をするわけでもないデートもいいものです。

 

理想的な連絡頻度

恋愛6

LINEは毎日が理想

理想的な連絡頻度1つ目は、LINEは毎日が理想ということです。決して毎日出来事を送ったりするということではありません。

「おはよう」「おやすみ」などの挨拶程度の会話を、毎日やり取りすることが大事です。

ただの友達と特に用事もなく毎日挨拶を交わすことはないですよね。毎日、朝と夜の挨拶を交わすことは、特別な相手である証拠なのです。

挨拶を習慣化することで、特にこれと言った会話がなくてもつながっている安心感や信頼感が生まれます。

 

2~3日に1回

理想的な連絡頻度2つ目は、2~3日に1回です。仕事が忙しい人や、恋人とはいえ他人に束縛されたくない人など、毎日連絡するのは難しいと感じる人も多いです。

その場合2~3日に1回の連絡頻度がちょうどいいと感じるものです。毎日連絡するのは嫌、でも全く連絡を取らないのも嫌という人にとって理想的な頻度と言えます。

 

1週間に1回

理想的な連絡頻度3つ目は、1週間に1回です。根本的に連絡無精なタイプにとっては、好きな人や恋人だからと言っても、1週間に1回くらいがちょうどいいと感じるものです。

頻繁に連絡を取ることが理解できない、取る必要性を感じないという考え方です。お互いがこのタイプであれば何も問題ないですが、どちらか一方が毎日連絡を取りたい、連絡の量で愛情を量るタイプなどであれば、この連絡頻度は喧嘩の原因になってしまいます。

 

お互いの理想を話し合う

理想的な連絡頻度4つ目は、お互いの理想を話し合うことです。理想の連絡頻度は人によって違うものです。

お互いの理想を話し会っておくことで、二人にとってちょうどいい頻度を見つけることができます。

また、特に話し合わなくても、彼氏の連絡タイミングを見つけるようにすることで理想の頻度にたどり着くことがあります。

例えば、「夜の時間はあまり連絡返ってこないから、朝の時間に返信が来るのを待とう」などのように、連絡が来ないことで必要以上に不安になることを避けることができます。

 

デートの頻度はお互い無理のないスパンで♪

デートの頻度は、関係性を築いていく上でとても重要な問題です。みんなどのくらいの頻度でデートしているのかは気になりますよね。

他のカップルの基準を決め方の参考にすることはあっても、決して無理のないスパンで、自分達だけの理想のデート頻度を見つけていくことが大事です。

自分達だけの理想的なデート頻度や連絡頻度を見つけて心地よいお付き合いを目指しましょう♪

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。

関連タグ

内容について運営スタッフに報告