おしゃれな壁面を作りたい!インテリアのポイントになる壁面デコレーション

おしゃれなインテリアを作るためには、壁面のデコレーションがポイントの1つになります。空間に占める面積の割合が大きい壁面は、インテリアの印象を左右するスペースでもあるからです。今回は、おしゃれな壁面デコレーションのアイデアをご紹介していきましょう。

公開日:
著者:
おしゃれな壁面を作りたい!インテリアのポイントになる壁面デコレーション

著者名

Sayang

Sayang

インテリアやアート、ファッション、自然など美しいものに心惹かれ、興味を持っています。日々、家族のために心地よい暮らしを心がけています。海外在住で、夫と2人の息子、犬と猫の6人家族です。

壁面がインテリアのポイントに

おしゃれなインテリアを作るためには、壁面のデコレーションがポイントの1つになります。

空間に占める面積の割合が大きい壁面は、インテリアの印象を左右するスペースでもあるからです。

今回は、おしゃれな壁面デコレーションのアイデアをご紹介していきましょう。

アートを使った壁面デコレーション

外した配置でリラックス感を

シェルフやキャビネットの上の壁面にアートを飾る場合、センターの位置に飾る方法が定番です。左右どちらかに寄せると、空間に余裕が生まれます。

こうした外し位置への配置は、インテリアに抜け感とリラックス感を与えてくれます。


 

広告

 

フレームを揃えてすっきりと

壁面にアートを複数飾る場合、フレームを揃えることで全体の印象を統一する事ができます。

イラストや写真、アルファベットのタイポグラフィーなど、アートのタイプはバラバラでも、フレームのサイズと色を揃えるとまとまりが生まれます。


 

ウォールアートは大胆に

子ども部屋におすすめしたいのは、ウォールアートです。

思い切り大胆なウォールアートをあしらうことで、夢のある空間が生まれます。

こちらは、落ち着きを感じるブルーの濃淡であらわされた大きな木。

幹と同色のクッションを置いて、白い子ども部屋をおしゃれにコーディネートしています。


 

収納家具を使った壁面デコレーション

中に入れるもので印象が変わる

こちらは、白いキャビネットのある白を基調にしたリビングです。

ガラス扉からは、収納しているガラス作品やドールが見える所がポイントです。

ブルーのガラスが、インテリアの差し色になっています。


 

背板の無いタイプで壁色も見せる

背板の無いタイプのシェルフを使うと、壁色も遮らずに見せることができます。

こちらは、リビングの一画に作られた書斎スペース。

デスクの背面に配置されたシェルフは、同じようなデザインですが下部に扉が付いているタイプと付いていないタイプを並べています。

リズミカルに飾ったアートも美しい空間です。


 

段違いのシェルフでリズミカルに

趣味で集めたコレクションなどをシェルフに飾る方法も魅力的です。

こちらの書斎では、帆船の模型や大きなヒトデ、鳥のカーヴィン具などを段違いのシェルフに飾っています。

背板の無いシェルフなので、ネイビーブルーの壁色が見え、コレクションを引き立てています。


 

他にもこんなアイデアが!

壁面を飾るフラワーベース

壁面をおしゃれに飾るアイデアは、他にもあります。

こちらは、壁に取り付けるタイプのフラワーベース。

ティアドロップ型のフラワーベースは、花を生けていなくてもオブジェの様に壁面をデコレーションしてくれます。


 

絵葉書や写真を飾る

既にご紹介したアートよりも手軽に壁をデコレーションできるのが、写真や絵ハガキです。

フレームに入れずに、そのまま壁に留めるだけで、立派なデコレーションになります。

賃貸のお部屋の場合は、ブルタックを使うと壁を傷めません。

商品はこちら


 

時計とボックスシェルフ

ダイニングの白い壁面に、白い時計とボックスシェルフを配置しているアイデアです。

ボックスシェルフには、グリーンをプラスし、シンプルでナチュラルな空間を美しく彩ります。


 

手仕事のぬくもりを

さまざまなウォールデコレーションの中でも、手仕事で作られているものはインテリアにぬくもり感をプラスする事ができます。

単色で編まれたウォールハンギングは、どんなインテリアになじむのでおすすめです。


 

まとめ

壁面をおしゃれに飾る10のアイデアをご紹介しました。

アートを飾る場合も、飾る位置やフレームのデザインなどで印象を変えることができます。

壁は、インテリアの中でも大きな面積を占める場所ですので、ぜひおしゃれなデコレーションを楽しんでみて下さい。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
掲載商品の在庫については各店舗にご確認ください

関連タグ

内容について運営スタッフに報告