【連載】キッチンをシンプルキレイに!《ダイソー》グッズでコンパクト収納

使いやすく取り出しやすいキッチン収納が理想です。立てたモノが倒れたり、奥のモノを取りだすのに無理な姿勢になるのは避けたいですね。ダイソーグッズを一工夫するだけでシンプル収納が出来上がります。

公開日:
著者:
【連載】キッチンをシンプルキレイに!《ダイソー》グッズでコンパクト収納

著者名

田川瑞枝

田川瑞枝オフィシャル

モノの片づけを通して生き方の整理整頓を伝えている。「暮らしを楽しむことを諦めない」をモットーに、100均雑貨を使った着想的収納術をブログやWEBサイトで公開。著書『中高生からの思考の整理術ワークブック』を元に、2015年より高校で片づけの授業を行っている。2016年片づけ大賞審査員特別賞受賞。「思考の整理収納塾」代表。

使いやすく取り出しやすいキッチン収納が理想です。

立てたモノが倒れたり、奥のモノを取りだすのに無理な姿勢になるのは避けたいですね。

ダイソーグッズを一工夫するだけでシンプル収納が出来上がります。

キッチンをシンプルに

使うモノが取り出しやすい状態になっていることが収納の一番のポイントです。

パッと見て、何がどこにあるかわかる収納が理想ですね。

出来れば掃除もしやすく、清潔を保てるとキレイをキープしやすくなります。

今回は、ダイソーグッズを使って、冷蔵庫の中とシンク周りを整理します。

 

小型冷蔵庫の収納

小型冷蔵庫は、どうしても容量が少ないのでたくさん入れようとしてパンパンに詰めがちになります。

 

3個入り、4個パックなど、セット販売になっているモノは売っている状態のまま入れると奥の方に追いやられて、取り出すのに時間がかかることもあります。


 

広告

 

奥のモノを無理な体勢で取らなくてもいいように工夫します。


 

ダイソーのカーナ整理トレー(サイズ280×190×21.5mm)を4個使います。


 

花柄の模様がかわいらしいのですが、シンプル収納にしたいので模様を剥がして使います。


 

テープなので簡単に剥がれます。


 

シンプルになりました。


 

これを4個作ります。


 

冷蔵庫にセット

早速冷蔵庫の棚にセットしますね。


 

2枚の棚板に4個がぴったり収まりました!


 

これなら、汚れてもトレーを拭くだけで済みますね。

棚板の掃除がラクになります。

トレーが透明なので、何も敷いていないような感じにさえなります。


 

並べ方に一工夫

冷蔵庫内に、ドンドン入れていくのではなく、あらかじめ食材の定位置を作っておきましょう。

毎日食べるモノ、よく食べるモノなどは、パッケージを外して縦列駐車のように整列させると取り出しやすいですよ。


 

空間を開けておくと、他の食材を購入した時に入れやすくなります。

取り出すときは、手前のモノから少なくなってきたら、トレーを引き出して奥のモノを取りだすと便利です。

冷蔵庫は、長く保存するモノを入れておく場所ではなく今食べるモノを衛生的に保冷状態にしておく場所です。

長く保ちたかったら、冷凍保存がオススメです。


 

 

細かいモノの収納

シンク周りに便利な収納を作ります。

 

ダイソーの自由自在積み重ねボックス大(サイズ15×22×8.5cm)を1個


 

ダイソーのペーパーカップ(205mⅼ用)を6個


 

この2つを合わせると、ピッタリ収まるんです!


 

高さもピッタリです。シンデレラフィットですね!


 

細かいモノの収納はもちろん、背の高い食材などの保存にも便利です。

倒れてこないのでストレスなし。

カップごと入れ替えたり、汚れたら取り換えればいいので掃除もラクです。


 

まとめ

ダイソーグッズでキッチンがシンプルキレイに収納できました。

キッチン収納で大事なのは、取り出しやすさに加えて、掃除のしやすさもポイントです。

冷蔵庫の棚板にトレーを置くだけで、掃除の回数が半減します。

全部を掃除しなくても、汚れたトレーだけを拭けばいいので時短になります。

紙コップは、破れたり汚れたりしたら取り換えればいいので洗う手間が減り、掃除がラクになります。

もちろん、冷蔵庫の中で使っても便利ですよ。

田川瑞枝さんの連載一覧

 

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
掲載商品の在庫については各店舗にご確認ください
内容について運営スタッフに報告