すべてがレベルアップする、アメリカンな空間。

表情豊かなスタイルが満喫できるこの部屋にI.Kさんが住み始めて、まだ2ヶ月ちょっと。けれど、ずっと前から住んでいたような「こなれ感」が半端じゃない。上級の収納術とセンスのよい家具配置、コーディネート術、さらにI.Kさん自身のファッションもすべて、空間の特性を熟知しているのが感じられる。本人のセンスの良さと部屋のコンセプトの相性がベストマッチした、素晴らしい例がここにあった。

公開日:
著者:
すべてがレベルアップする、アメリカンな空間。

著者名

REISM Style

REISM Style専門家

REISMは、リズム株式会社が運営するリノベーション賃貸のブランド。「住む人」のニーズを捉えたルームコンセプトと本物の素材にこだわり、中古不動産をバリューアップ。住空間に触発されてライフスタイルをつくる楽しさをご提案しています。

収納術、コーディネート術、ファッション。すべてがレベルアップする、アメリカンな空間。

Brick I.Kさん work:IT広告運用

アメリカンな空間

大使館が多く点在し、どこかインターナショナルな雰囲気漂うセレブな街。街高級住宅街のエリアにある「Brick」の部屋は、飲食店も豊富でスーパーなどもある生活に便利な立地にある。

「おしゃれな部屋に住みたい!という願望がずっとありました。もともとリノベーション物件にも興味があり、この部屋を内覧した瞬間、特に無垢のオーク材を使った床が気に入って即決しました。」

I.Kさんが「Brick」に入居する際、物件仲介などはREISMではなく別の会社だった。だが彼は床材が気に入りすぎて、材質は何なのかとても興味を持った。床材のことを詳しく聞きたい!この部屋をすごく好きな気持ちを伝えたい!そう思い立ち、この部屋のリノベーションを手掛けたREISM(株)へ直接コンタクトをしてくれた。(なんとも心温まるうれしいエピソード…!)

レンガのような風合いの重厚なタイルを壁面にあしらった空間は、コンクリートとの相性も良いブルックリンテイスト。ステンレス天板のキッチンやブラックの照明など、それぞれの素材が呼応して統一感ある仕上がりにし、I.Kさんお気に入りのオーク材の床で心地よい温かみをプラスしている。

アイテムを収納しやすいルーバー扉つきのクローゼットや廊下スペースを生かした収納棚などの間取りの充実ぶりも魅力。広い洗面台も設けているので、身だしなみチェックにも大変便利。

表情豊かなスタイルが満喫できるこの部屋にI.Kさんが住み始めて、まだ2ヶ月ちょっと。けれど、ずっと前から住んでいたような「こなれ感」が半端じゃない。上級の収納術とセンスのよい家具配置、コーディネート術、さらにI.Kさん自身のファッションもすべて、空間の特性を熟知しているのが感じられる。本人のセンスの良さと部屋のコンセプトの相性がベストマッチした、素晴らしい例がここにあった。

 

広告

 

アメリカンな空間2

 

アメリカンな空間3

「シンプルイズベスト」。本当に必要で、なおかつデザインの気に入ったモノしか置かない。そんなルールを徹底したら、清潔にあふれすっきりと機能的で使いやすい水回りに。

 


 

程よい大きさのルーバー式のクローゼット内・玄関スペースも、プロ並みの収納術ですっきり整理整頓。使いたいモノがすぐに見つかり、出し入れもスムーズにできるから、ストレスなどは一切ない。


 

リノベーションという「付加価値」が、ライフスタイルや生活リズムを変えてくれた。

アメリカンな空間6

この部屋へ入居してからのI.Kさんの大きな変化。「とにかく早く家へ帰りたい」と思うようになった。

以前は、休日には「外出しないともったいない!」とばかりに行動していた。時間さえあれば、なじみのビリヤード場へ通う日々。道具を一式揃えるほどハマっていたが、引っ越してからというもの一回もキューを触っていないと言う。

大好きな空間だからこそ、仕事が終わったらまっすぐ帰る。近所をぶらぶら散歩してお気に入りのビアバーを発見したり、インテリアショップをはしごしたり、家に友人を招いたり…と、生活のリズムが「家中心」のものに変わった。

「ここに住むようになって、インテリアを揃えることに思いっきり目覚めましたね。ルームフレグランスや香水、小物など本当に気に入ったモノだけを厳選して置いています。そして置くだけでサマになるこの部屋、本当に言うことなしです。」

四角四面のデザイナーズ物件は、ちょっとつまらない。コンセプトやテーマがわかりやすいリズムの付加価値型リノベーション物件だからこそ出会えた、未知の真新しいライフスタイル。

大きな窓からは、I.Kさんが愛してやまないうなぎ屋も見える。この部屋は、毎日がとびっきり幸せになる!と心から思える部屋。と、終始誇らしげに語るI.Kさんの表情は本当にハッピーで満ち溢れている。

 

アメリカンな空間8

 

アメリカンな空間9

お気に入りのグラスに好きなお酒を注ぎ、キッチンでほろ酔い気分。心を、時に盛り上げ、時に癒してくれるお酒やコーヒーは好きな空間でたしなむのがI.Kさん流。

 

アメリカンな空間10

 

アメリカンな空間11

昔からの財産であるオーディオは、アナログだけど温かい音を奏でる。好きなモノだけを載せたテーブルの前には10年来の相棒であるカリモクのソファを配置。座ると、視界に入る景色は好きなモノのみで構成されている。

 

部屋を美しく整えれば、心も整っていく。そんな気づきをくれる特別な空間。

アメリカンな空間12

「心地の良い床の質感をできる限り広い表面積で味わいたいから、この部屋ではほとんど裸足で過ごしています。なんだったら、ずっと床にゴロゴロ転がっていたいくらい。それがなにより幸せで…。」

このBrickは、リノベーションしたてでまっさらの状態。つまりI.Kさんが初めての住人となる。I.Kさんはいま、部屋中こまめに掃除をしてキレイなまま保ちたい!という欲求がどうにも止まらない。

A型の気質か、モノはきっちり等間隔で置き、つねに掃除を欠かさない。シンクの水アカは気づいたらすぐにクエン酸クリーナーで磨く。お気に入りのグラスなどは暇さえあればクロスでしっかりと拭き、いつもピカピカに。使い勝手よりもデザイン性重視でモノを選ぶことを心がけ、配置するだけでおしゃれに見えるように。ショップやカフェのように、とにかくハイセンスな空間を目指す。

大学では美術史を専攻し、インテリアにはもともととても興味があったI.Kさんだけに、徹底したこだわりぶりと美意識は見事。部屋に置かれたアイテムは、すべて自分で厳選し納得して購入したモノ。

「とにかく自分にとって心地よいことが一番。要するにここって、『自己満足の空間』なんですよね。」

磨き抜かれたピカピカの部屋は、I.Kさんの心や在り方を映し出す鏡のよう。部屋と住人がお互いを高めあいながら、これからもこの空間はよりいっそう美しく輝いていくことだろう。

 

 

アメリカンな空間13

 

アメリカンな空間14

棚には、好きなモノだけを厳選してディスプレイ。古い踏み台と碁盤は、アンティークショップで見つけ、とても心惹かれて購入。ずっと大切にされてきたモノたちは、温かく愛おしい存在感を放つ。

 

アメリカンな空間15

 

アメリカンな空間16

大好きな部屋だからこそ、家での仕事さえも楽しい。デスクに向かえば集中力もひときわ研ぎ澄まされる。グラスをクロスで一心不乱に磨くのも、たまらなく好きな作業のひとつ。

Text: Yuzuka Matsumoto
Photograph: Yoshinori Tonari

 

Brick

アメリカンな空間16

壁一面に敷き詰められたレンガがスタジオを思わせるスタイリッシュなリノベーションシリーズ。レンガの色によってNYのロフトスタイルだったり、地下の秘密基地だったり、住む人のスタイルが映える空間です。
Brick 物件一覧へ

 

RELATED POSTS 関連の記事

 

こちらもおすすめ☆

掲載商品の在庫については各店舗にご確認ください
内容について運営スタッフに報告