【連載】《ダイソー》グッズで作ろう♪着せ替えできちゃう卓上ミニライト

最近、100均に行くと、デコレーション用のLED電球やミニスポットライトなど様々な灯りグッズがあって、そのラインナップの豊富さにビックリします。100均でライトが買えてしまうなんて、100均の進化は本当にすごいですよね!そこで今回は、ダイソーで見つけた小さいライトを簡単オシャレにチェンジする方法をご紹介します!

公開日:
著者:
【連載】《ダイソー》グッズで作ろう♪着せ替えできちゃう卓上ミニライト

著者名

asasa0509

asasa0509オフィシャル

ごくごく普通の建売住宅をDIYでお気に入り空間に。 DIY・100均リメイク・インテリアコーディネート・スッキリ収納に関するアイディアをSNSで発信中。 雑誌掲載(VERY,ESSE他)、テレビ出演(ヒルナンデス!リメイクの達人他)、記事執筆、飲食店空間プロデュース、小学館より『元雑貨屋asasaさんの「ゆるカワ暮らし」: お金も時間もかけずに、毎日がトキめくコツ』を出版。

はじめに

最近、100均に行くと、デコレーション用のLED電球やミニスポットライトなど様々な灯りグッズがあって、そのラインナップの豊富さにビックリします。

100均でライトが買えてしまうなんて、100均の進化は本当にすごいですよね!

さて、そんな100均のライトは、そのまま使うのもいいけれど、より自分好みにできるリメイクがオススメ♪

そこで今回は、ダイソーで見つけた小さいライトを簡単オシャレにチェンジする方法をご紹介します!

材料&道具

まずベースになるのがこちらのミニライト

 

Antique Design Light(ダイソーで購入)

ボタンを押すと灯りをON・OFFできます。

これ以外に以下のものをご用意ください。


 

・紙コップ

・ワイヤー

・石粉ねんど(すべてダイソーで購入可能)

あとはお好みのペンキ、もしくは布を用意してくださいね!

さぁ、いざリメイクスタートです♪


 

 

作り方

まずライトのシェードをはずします


 

紙コップの底をカッターで切り抜きます


 

紙コップに写真のように十字にワイヤーを通します

ワイヤーの先端はライトの土台に引っかけられるように折り曲げます。


 

※最終的には、こんな感じでシェード(紙コップ)を固定することになります。


 

紙コップに粘土を貼り付けます

粘土の伸びが悪いときは、手に適度に水分をつけて、粘土を伸ばしましょう。


 

これを一晩置いて乾燥させます!

続いてペイント作業に入ります

ペンキはお好みの色を塗ってもらえれば、と思いますがご参考までに、私が今回使ったペンキはこちら↓


 

左からターナーアイアンペイント(アイアンブラウン・アンティークゴールド・アイアンブラック) 、

アクリル絵の具(茶)


 

まずは写真のようにシェードをペイント♪


続いてライトのベースをアンティーク風にペイントしました。


 

ペンキが乾いたらシェードをライトに取り付けて完成です!


 

応用編

シェードですが、粘土の代わりにお気に入りの布を貼り付けても。

 

その場合はまず紙コップを分解してそれより一回り大きく布をカットします。


 

 

両面テープで写真のように貼り付けていけば完成です。


 

いくつか作って気分に応じて着せ替えして使うのも楽しいですね♪


 

飾ってみよう

まずは小さな飾り棚に。小さいライトなので置き場所を選びません。


 

サイドテーブルに置いてもいいですね。


 

こちらは、布貼りバージョン。


 

リネン素材は、ナチュラルインテリアと相性抜群。


 

こちらは適度に存在感があってかわいいチェックバージョン。


 

このようにシェードの柄によって、大人っぽくもナチュラルにもかわいい雰囲気にも変えられます。

ぜひいろんなテイストを楽しんでみてくださいね。


 

まとめ

いかがでしたか?

少し手を加えれば、100均グッズもアンティークな風合い漂うライトに大変身☆

材料も100均ですべて揃うので、ぜひ皆さんも気軽に作ってみてくださいね♪

asasa0509さんの連載一覧

 

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
掲載商品の在庫については各店舗にご確認ください
内容について運営スタッフに報告