何回目のデートでキスする?失敗しない最高のシチュエーションを知りたい!

お付き合いして間もない時期のカップルや、好きな人や気になる人がいる時、どうしても相手との今後の恋愛模様を思い描いてしまうものです。 今回は「男女別に何回目のデートでキスしたいのか」ということや「キスをするベストなタイミング」または、男女別に聞いた「キスをされたくないシチュエーション」などをご紹介します!

公開日:
著者:
何回目のデートでキスする?失敗しない最高のシチュエーションを知りたい!

著者名

MooooN

MooooN

2児の子を持つシングルマザー。恋愛・結婚のジャンルが得意です。皆さんの心に寄り添える記事を執筆できるように頑張ります。

お付き合いして間もない時期のカップルや、まだカップルにはなっていないけれど好きな人や気になる人がいる時、どうしても相手との今後の恋愛模様を思い描いてしまうものです。

これからどのように発展させていこうか、どうアプローチしていこうか……。これからの二人の恋愛模様を考えるのは、とても幸せですしワクワクしてしまいますよね。

ですが、そんな時やはり気になるのが「何回目のデートでキスをするべき?」という疑問ではないでしょうか。

今回は「男女別に何回目のデートでキスしたいのか」ということや「キスをするベストなタイミング」または、男女別に聞いた「キスをされたくないシチュエーション」などをご紹介します!

何回目のデートでキスしたい?

恋愛1

付き合って間もない時期や、まだお付き合いすらスタートしていない時「何回目のデートでキスをしたいのか」ということついて気になる人も少なくないでしょう。

一昔前までは「キスというものはカップルがするもの」という固定観念がありました。

今だってもちろんそれは「当たり前」のことですが、実は最近ではフレンチキスくらいの軽いものなら「お付き合いがスタートする前でもOK」だと答える人が増えてきているのです。

現代ではお付き合いをする前に、キスといった少し踏み込んだ先の相性の確認をすることも珍しくないのかもしれませんね。

ここでは、男女別に「何回目のデートでキスしたいのか」ということをご紹介します。

 

男性:いつでもOKだけど3回目のデートではキスしたい

何回目のデートでキスしたい?という質問に対して男性は「好きな人となら基本的にはいつでもOK」「遅くても3回目のデートでは軽いキスがしたい」と答える意見が多いです。

男性は本能的に「ハンターのように女性を追いかけたい」という思考がありますから、好きな人や気になる人相手なら「早く自分のものにしたい」という考えが働くのです。

そして、男性の場合デートに対して「お互い恋愛対象として意識し合っているのだから、キスをしたくなるのは当然のこと」だという考えが強い傾向にあります。

 

女性:きちんとカップルになってからキスしたい

何回目のデートでキスしたい?という質問に女性の場合は「きちんとカップルになってからキスしたい」と答える意見が多いという特徴がありました。

男性とはなかなか対象的な意見でしたが、なぜこのような意見が多いのかというときちんとした理由があります。

それは「付き合う前にキスをしてしまうと遊びの関係に発展しそう」というものです。

カップルでもないのにキスをしてくる男性に対して、女性は少なからず「体目当てなの?」だとか「まだお付き合いをしようと告白もされていないのにキスをするなんて、大丈夫かしら?」というように、少なからず男性の行為にショックを受けているのです。

恋愛に対してロマンチックな思考になりがちな男性とは違い、女性はどんなに恋愛に浮かれていても「自分の身は自分で守る」というしっかりとした現実的な判断で物事を捉えている傾向があります。

 

デート中にキスしたくなるシチュエーション

恋愛2

お付き合いをしたばかりの時期でも、まだカップルになっていなくても、やはり人間ですから本能的に「キスしたい」と思ってしまうものですよね。

恋愛に対して普段はしっかりした現実的な女性でも、良いムードやシチュエーションの中で気分が盛り上がれば、どうしても理性のリミッターが外れてしまうことだってあります。

「このままキスしちゃってもいいか…」という甘い雰囲気になった時に、お互いのスタートとなるような素敵なキスができたら良いですね。

ここでは、男女別に「デート中にキスしたくなるシチュエーションにはどのようなものがあるか」ということをご紹介します。

男心、女心がいまいちわからずにキスのタイミングが気になる人必見です。

 

男性:好きな人のかわいい笑顔にキュンとした時

男性がデート中にキスしたくなるシチュエーション1つ目は「好きな人のかわいい笑顔を見てキュンとした時」です。

例えば、デート中に無邪気にはしゃいでいる好きな人の姿を目にした時、嬉しそうに笑う女性の笑顔というのはとても魅力的でかわいいものですよね。

動物園で動物を見て「かわいい!」とはしゃいでいる姿や、ただ公園を散歩している時でも「幸せだなぁ」とルンルンで隣を歩く女性の姿、そんな時に男性は「なんてかわいいんだろう」というキュンとした気持ちから、思わずチュッとキスをしてしまいたくなるのです。

女性からすると、予期せぬ不意打ちのキスになりますので、かなりドキドキしてしまいますよね。

お付き合いをする前の段階では、デート中にキスしたいと思ってもそんな気軽にキスできるものではありません。

ですが、カップルであればデート中に小さくキスをするのは、お互いの甘い空気を盛り上げる素敵なきっかけになるのではないでしょうか。

 

男性:デート終盤の帰り際はキスしたくなる

デート中に男性がキスしたくなるシチュエーションは「デート 終盤に差し掛かった帰り際」「またね、とバイバイする別れ際」という意見が多い傾向にありました。

楽しいデートが終わり、もうサヨナラをしなきゃという時って男性でも女性でもとても寂しいものですよね。

相手に好意を持っているのであれば、デート終盤の帰り際や分かれ際の寂しさもひとしおではないでしょうか。

「今日は楽しかったね」「時間が過ぎるのはあっという間だね」と、デートが終わってしまうことへの名残惜しさを感じながらお喋りをしている時に、男性は思わずキスをしたいと思うようです。

 

女性:おすすめの夜景スポットでのキス

女性がデート中にキスしたくなるのは「おすすめの夜景スポットで良い雰囲気に包まれた時」です。

カップルや、お付き合い前の男女であればデートで夜景を見に行くということも少なくないのではないでしょうか。

おすすめの夜景スポットであれば、比較的穴場で周りにもカップルしかいないというシチュエーションも多いです。

そして夜という雰囲気に、思わず飲まれてしまうことだってありますよね。

そんなおすすめの夜景スポットでのデートで、二人並んでロマンチックな雰囲気に包まれている時に女性は「このままキスしちゃいたいなぁ」と、ドキドキしてしまうのです。

好きな人とデートをする時は、おすすめの夜景スポットにデートに行くと二人の恋愛関係が上手く発展するかもしれません。

 

女性:告白が成功して彼氏になったタイミングで

女性がデート中にキスしたくなるシチュエーションは「告白が成功して見事カップルになれた時」です。

男性、女性どちらからの告白でも良いのですが、告白が成功して二人の思いが通じ合ったと実感した時に「キスしたい」と思うのです。

もしかすると、告白された方にとっては予想外の告白であったかもしれません。

そして予想外であれば予想外であるほど「自分も好きだった」「両思いだったんだ」と、嬉しさも倍増するのではないでしょうか。

告白が成功して、意中の男性が彼氏になった時には嬉しさのあまり自分からキスをしてしまう女性だっているほどです。

ですが、やはり最初のキスは彼氏からリードして可愛いキスをしてみるのも良いかもしれませんね。

 

デート中にキスされたくないシチュエーション

恋愛3

どんなにラブラブなカップルでも、どんなにお互いに好意を抱いている関係の二人でも、デート中だからこそ「キスされたくない」と思ってしまうシチュエーションがあるのです。

もしも自分がキスされたくないと思っているデート中のひとコマにキスをされてしまったら、ショックとまではいきませんがやはり微妙な気持ちになってしまいますよね。

ここでは、男女別に「デート中にキスされたくないシチュエーションにはどのようなものがあるか」ということをご紹介します。

 

男性:最初の時期のキスはきっかけを掴みにくいのでNG

いくらお互いに好意を持っている間柄であっても「出会って間もない最初の時期のキスは構えてしまう」という男性って意外と多いんです。

お互いに好意を持っていると言っても、出会って間もない最初の時期だと、相手の人柄までは掴めていないというのが正直なところではないでしょうか。

そんな最初の時期にキスをして、2回、3回とデートを重ねていく内に「やっぱりなんか合わないな」と感じた時、キスをした手前とてつもなく変な雰囲気になってしまいますよね。

出会って間もない最初の時期のデートでのキスは、キスのきっかけも掴みにくいですし、男性側も構えて警戒してしまうようです。

 

男性:まだ「気になる人」の段階でのキス

男性がデート中であっても「まだキスは……」と思うのは、相手の女性がまだ好きな人とまではいっておらず気になる人という段階であった時のキスです。

恋愛での男性は、女性に比べてもロマンチックになりがちです。しっかりと「好きな人」となるきっかけを実感してからじゃないと、自分からキスをすることに抵抗があるようです。

しかし、まだ相手の女性が気になる人の段階であったとしても、女性側からのキスは嬉しいと答える男性が多いです。

女性からキスをしてくれたことで「好き」という気持ちにシフトチェンジするきっかけにもなるでしょう。

 

女性:恋愛だとさえ思っていない場合のキス

女性がデート中であってもキスされたくないと感じるシチュエーションは「まだ相手に対する気持ちが恋愛感情なのかどうかさえわからない時」のキスです。

「素敵な男性だな」と感じていても、好きと思えるような恋愛のスイッチが入っていない時、正直言ってキスをされると少し引いてしまう女性が多いのではないでしょうか。

デート中の二人の恋愛への温度差をしっかりと意識することで、間違ったタイミングでのキスを防げるでしょう。

 

女性:食事の直後のキスは気を使うので嫌

デート中にキスされたくないと感じるシチュエーションは「食事の直後のキス」です。

なぜなら食事の直後だと、さっき食べた料理の匂いや味がまだ残っている場合がありますよね。

デート中のそんな時にキスをされると、やはり女性は「ちょっと待って……」と微妙な感覚に陥ってしまうことでしょう。

口の匂いを気にするのは男女共に一緒ですよね。

デート中のキスのエチケットとして、食事の直後のキスは控えた方が女性に恥ずかしい思いをさせなくて済みそうです。

 

キスをするタイミングはいつがベスト?

恋愛4

デート中に「好きな人とキスしたい」と思っても、まだ気心の知れていない者同士のデートだとなかなかタイミングやきっかけが掴めないものです。

いつキスしようか、いつキスしていいんだろう、とキスのタイミングやきっかけばかりを気にしていると、相手に不信感を与えてしまいかねません。

ですから、しっかりとお互いの空気感やキスに対する温度差を把握することが、デート中の素敵なキスをするタイミングを図れるのです。

 

ディナーなど「大人デート」で良い雰囲気になった時

デート中にキスをするタイミングはいつ?という疑問に対して、最も多い意見が「素敵なディナーなどの大人デートを楽しんだ後」というものです。

大人のデートと言えば、二人でのんびりディナーを楽しんで夜の街をふらっと歩いたり映画を見たりと、ロマンチックな雰囲気のものが多いですよね。

女性は、大人のデートでいい感じのムードに包まれた時に「キスしてほしい」と思うのです。

しかも、お洒落なお店でのディナーだと食事をしながらお酒を楽しむことも多いですから、アルコールも良い感じに回ってさらにキスしやすいタイミングを演出できるのです。

 

昼より夜の方がムードがあってキスしやすい

デート中にいつキスをするのがベストタイミングなのかと言えば、もちろん昼より夜の方が圧倒的にキスに合ったシチュエーションとなるでしょう。

なぜなら、昼の明るい雰囲気では相手に好意を抱いていても「良い雰囲気」になることは少ないですよね。

しかし、夜の薄暗い雰囲気は二人の間に流れる空気を「良い雰囲気」に変えてくれやすいのです。

夜のロマンチックなムードに流されて、思わずキスをしてしまうのも好意を持ち合っている男女なら良いかもしれませんね。

 

「いつ」よりも「シチュエーション」が大切

デート中にいつキスをするのが良いタイミングなのか、ということですが「いつ」よりも「シチュエーション」がとても重要なポイントとなるのです。

なぜなら、いくら夜にデートをしたからと言ってお互いにふざけた会話ばかりをしていたり、ムードがなければ良いシチュエーションにはなりませんよね。

デート中に素敵なキスをしたいのなら「いつ」とタイミングばかりを意識するのではなく、どうしたら素敵な「キスのシチュエーション」を演出できるのかということを考えた方が、デート中のキスを成功させるために大切なポイントとなるのです。

 

デート中のキスはシチュエーションが重要♡

デート中のキスは、とにもかくにもシチュエーションが重要です。いくらお互いに好意を持ち合っている男女であっても、デート中に素敵なシチュエーションがなければ、どんなにタイミングを掴もうとしたところでなかなかキスのきっかけを掴めないのではないでしょうか。

デート中に好きな人と甘いキスをしたいなら、自分から「相手に好意を示しておく」ということも大切なことです。

「いつキスをしようか」と、タイミングやシチュエーションを図っている相手にとっても、デート中にキスをしやすい空気を演出できることでしょう。

好きな人との関係を上手く発展させるためにも、デート中に上手くキスのタイミングを掴んでくださいね!

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。

関連タグ

内容について運営スタッフに報告