「モテる女」はここが違う!特徴と秘訣を学んで楽しい恋愛を♡

モテる女特集!女性であれば誰しも一定以上の年齢になると、一度は「モテる女になりたい!」と思ったことがあるでしょう。では、そんなモテる女というのはどういう女性の事をさすのでしょうか。この記事ではモテる女の特徴やパターンを解析しています。この記事を読み終わるころには、モテる女に一歩近づいているかも!?

公開日:
著者:
「モテる女」はここが違う!特徴と秘訣を学んで楽しい恋愛を♡

女性であれば誰しも一定以上の年齢になると、一度は「モテる女になりたい!」と思ったことがあるでしょう。

それは不特定多数の男性にチヤホヤされたいというものから、たった一人の惚れた男性に言い寄られたいなど人によって様々です。

では、そんなモテる女というのはどういう女性の事をさすのでしょうか。

この記事ではモテる女の特徴やパターンを解析しています。

この記事を読み終わるころには、モテる女に一歩近づいているかも!?

「モテる女」の特徴

恋愛

モテる女と一口に言っても、 その特徴は多岐に渡ります。

見た目であればファッションやメイクの仕方、内面であれば性格はもちろん会話の仕方まで様々です。それぞれの特徴を詳しくピックアップして見ていきましょう。

 

広告

 

「モテる女」の外見・ファッション

モテる女の外見・ファッションといえばセクシーな装いを想像する人も少なくありません。

ですが、真にモテる女は安易なセクシーさに走ったり、ただ流行っているからと言って流行のファッションをすることはありません。

モテる女は自分の外見に自信を持っています。

 

モテる女のファッション

モテる女は外見だけで決まるものではありません。

ですが、モテる女の外見的特徴をよくよく調べてみると一定の共通項があるのです。それは「自分に似合った服装をしていること」です。

実は男性の多くは女性が思っているよりも流行のファッションに疎い傾向があります。

よくある流行のモテファッションをしても「流行に敏感な人なのだな」と思ってもらえれば良い方で、気付いてもらえない場合も多いのです。

 

モテる女のメイク

メイクに関しても同じことが言えます。女性目線で可愛い・ステキなメイクやネイルであっても男性には理解できないこともしばしば。

ですので、モテる女は必然的に自分の長所を伸ばすような自分に合ったメイクをしている、というわけです。流行はわからなくても、その人に似合う・似合わないは男性でもわかるからです。

 

「モテる女」の性格

モテる女の条件、それはズバリ「気遣いのできる人」です。ただ、そう一言で言い表されても指標がないと困ってしまいますよね。

気遣いができるモテる女になるためのコツは想像力を働かせることです。

 

モテる女の洞察力

モテる女は相手に対する洞察力が優れています。

この場面で一番相手が喜ぶ言葉・行動は何かと考えて実行するコトがモテる女の秘訣といっても良いでしょう。

そのためにはまず相手がどんなタイプかを良く見ること。

普段の行動や何気ない癖、表情の変化などを細かく観察して相手が喜ぶことを実行し、嫌がることは避けます。

 

「モテる女」の会話

モテる女の会話術の秘訣は、相手から話題を引き出すことにあります。

言い換えると「聞く力」が強い、とも表現できますね。

些細な会話から、相手が最も話したい話題を探し当てて会話を膨らませているのです。

 

モテる女は焦らない

会話のキャッチボールが苦手な人にありがちなのが、沈黙が怖くて直ぐに返事をしてしまうことです。

ですが、そんな余裕のないモテる女はいませんよね。

会話をするとき、相手は多かれ少なかれ「自分の気持ちをわかってほしい」という願望を持っています。

そんな相手の気持ちに寄り添っているのがモテる女、というわけです。

 

モテる女のリアクション

聞く力が大事、と言ってもモテる女はぼーっと話を聞いているだけではありません。

適度にボディランゲージを織り交ぜているのです。話題に合わせて小刻みにうなずいてみたり、表情に出して驚いてみせたりとパターンは様々。

話題に合わせて強弱をつけたボディランゲージを使いこなしているのです。

 

モテる女の口調

モテる女は総じて柔らかい口調を使う傾向にあります。

あまりにも強い口調だと、男性は恋愛対象としてではなく友人枠に入れてしまうようです。

また、男心をくすぐる「あなたのおかげ」や「流石ですね」などの男性を立てる黄金パターンを持っている人も少なくありません。

 

「モテる女」の行動

言葉の他にもモテる女の要素はたくさんあります。その根底にあるのは自分へのさりげない自信と相手への気遣いです。

どんな場面でもそこにいる全員が楽しめるように行動するのがモテる女と言えるでしょう。

 

モテる女は盛り上げ上手

どんな場面でもニコニコしていて楽しそうな人と、いつでも仏頂面の人ではどちらが好かれるかは一目瞭然ですよね。

いつでもはしゃいでいればいい、というわけではありませんがどんなときでも楽しそうな人は好ポイントというわけです。

ちょっとしたことでも楽しそうに受け止めるポジティブさが大事なんですね。

 

モテる女は自虐をしない

モテる女は話題作りの為に他者も自分も貶めることはしません。

ちょっとした失敗談を面白おかしくあるあるネタとして披露することはありますが「私ブスだからー」などのパターンには陥らないようにしています。

というのも、自虐ネタはある意味相手の「そんなことないよ」というフレーズ待ちのかまってちゃんに見えてしまうからなんです。

 

「モテる女」の心理

モテる女はモテるために行動しているわけではありません。禅問答のような言葉になってしまいましたがこれは事実です。

というのも、モテたいと思っているほどモテからは遠ざかってしまうことが多いからです。

 

モテる女は何かに夢中

好きなことに夢中になっている人って人生を謳歌しているように見えませんか?

ギタリストがギターを弾いているときが一番かっこよく見えるように、好きなことに夢中になっている姿は人を魅了するのです。

モテる女もそれと同じで、仕事や趣味に夢中になっていて予定が充実しています。頑張っている姿がモテに繋がる、というわけです。

 

モテる女は満たされている

モテる女はもともと満たされているため、モテるためにガツガツした態度はとりません。

皆さんも逆の立場で考えるとわかるのではないでしょうか?

「モテたい!モテたい!」と片っ端から女性に声をかけている男性に魅力はあまり感じませんよね。

それと同じであまりにも恋愛にガツガツしていると、男性もひいてしまうんです。

 

「モテる女」の秘訣・テクニック

恋愛2

モテる女の特徴の次は、モテる女の秘訣・テクニックを見ていきましょう。

モテる女と見られる女性たちが使っている秘訣やテクニックとはいったいどんなものなのでしょうか。

 

バランスが大事

人間は頼られっぱなしだと疲れてしまう生き物だというのは皆さん想像がつきますよね。

ですが、頼りっぱなしでも実は駄目になってしまうんです。

頼りっぱなしでいると引け目を感じてその人を遠ざけてしまいたくなるのです。

モテる女は適度に「頼り頼られ」というバランスを維持しています。

 

謙遜のしすぎは卑屈に見える

モテる女は褒められた時に否定や謙遜をせず、ニッコリ笑って「ありがとう」と言います。

何かしてもらったら「ありがとう」は子どもの頃は当たり前だったのに、いつのまにか「すみません」と謝っていませんか?

自分は相手の親切を受け取るだけの価値がある、とモテる女は無意識に自覚しているのです。

 

相手の喜ぶ顔が好き

モテる女はあまり打算では動きません。相手が喜んでくれるだろう、という予想を立てたなら即行動に移す傾向があるようです。

感謝されることが好きなわけではなく、純粋に相手の喜ぶ顔が嬉しいからです。

そういった親切は押しつけがましくないですよね。見返りを要求しない行動がモテに繋がっているのです。

 

「モテる女」になるためには

恋愛3

モテる女に対する知識は十分についたことと思います。ここからは実践編です。

ズバリ「モテる女」になるためには何が必要なのかという点に着目してみましょう。

 

まずは言葉のセレクトから

モテる女の第一歩として改善すべきな事柄は、言葉の選び方です。

たかが言葉とあなどってはいけません。普段から後ろ向きな言葉を使っていれば「あの人はネガティブな人」というレッテルを貼られてしまうからです。

ネガティブな人はモテる女とは対極の位置にいる存在と思って間違いありません。

 

「ありがとう」は魔法の言葉

いくら言っても減らない魔法の言葉。それが「ありがとう」です。

何かをしてもらったときに、つい癖で「すみません」と言ってしまうことはありませんか?

思わず出てしまう「すみません」「ごめんなさい」を「ありがとう」に変換するだけで、誰とでも対等な関係を結べる「モテる女」に一歩近づくことができます。

 

男性を立てる黄金フレーズ

男性に対応する際に、男心をくすぐる黄金フレーズを会話にさりげなく盛り込むと恋愛関係にぐっと近づきます。

例えば「流石~さんですね」「こんなの初めてです」「他の人にはちょっと頼めなかったので~」など、【あなたは少し特別です】といったことを匂わせるフレーズを使いこなせれば上級モテ女間違いなしです。

 

外見の基本は清潔感

人の好みは千差万別であり、外見の好みも人それぞれです。ですが、それでもどうしても外せないキーワードが清潔感です。

キチンとした生活は服装にも如実に表れてきます。めんどくさいからとメイクをしたまま眠ってしまったり、洗濯掃除をサボったり…これではモテる女からは程遠いですよね。

 

人に不快感を与えない

清潔な服装はそれだけで男性にとっては好印象です。男性は強い香りを好まない人が多く、ほのかに香るシャンプーや洗剤の匂いが好きというパターンが結構多いんです。

キツイ柔軟剤の香りや香水などは要注意。自分にとってはいい匂いでも男性が不快感を覚えていてはモテる女どころではなくなってしまいます。

 

自分の魅力を引き出そう

どんな人でもその人固有の魅力があります。

自分自身の個性や素材を生かすことを考えて、自分の黄金パターンを見つけるのがモテる女への近道です。

自分の魅力はどこですか?と聞かれたときに「私はこんなタイプです」とすぐに答えられるようになっていることがベストですね。

そのためにもまずは自分のタイプを見極めましょう。

 

流行に惑わされないで

流行に敏感なオシャレさんにありがちなのが、自分に似合わない服装をしてしまうことです。

確かに流行しているファッションやメイクは心が踊りますが、それが自分の魅力を十分に引き出してくれるかどうかは別問題。

自分が楽しむためのファッション・メイクとモテる女としてのファッション・メイクは分けておくほうが無難かもしれませんね。

 

「好き」を隠さない

好きなファッションや好きな俳優・ドラマなど、あなたの生活には「好きなもの」がありますよね。

その「好き」という感情を隠してしまうのはとてももったいないことです。

何故なら、人間は好きなことに夢中になっている姿が一番キレイだからです。折角の好きという最強のプラス感情を隠さないことが大事です。

 

自信を持つことが大事

好きなものを好きと言えないのは、自信がない証拠です。

これを好きと言ったら笑われてしまうかもしれない、変だと思われるかもしれないというマイナス思考が根底にあるのかも。

しかし、周りの目を気にしてビクビクおどおどしている人が果たして「モテる女」と言えるでしょうか。

自分に自信を持って好きなものは好きと言ってみましょう。

 

合わない人がいるのは当然

世の中には様々な人がいて、趣味が合わない人がいるのは当然のことです。

そしてあなたの「好き」を馬鹿にしてくる人がいるのも残念ながらありえることなのです。

しかし、そんな男性にあなたはモテたい・好かれたいと思いますか?

合わない人がいるのは当然と考えて「知らない場所で幸せになってね」と思うくらいがちょうどよいのです。

 

さりげなく「好き」と言ってみよう

恋愛においては特になんとも思っていない人でも「好き」と言われればまんざらでもない気分になります。

特に男性は女性からの「好き」という言葉に弱いもの。

普段の会話に混ぜてサラリと「好き」というワードを使いこなせるのがモテる女です。

恋愛関係に持ち込む前にも少しずつアピールできるのが理想ですね。

 

楽しいを極める

色んな場面で斜に構えず全力で楽しんでいる女性は、どんな男性にも魅力的に映るもの。

そして楽しいことを極めると言うのはただ遊んでいるだけのように思われがちですが、それなりの苦労も含まれています。

是非自分にとって楽しいことを極めて、魅力的なモテる女になっちゃいましょう。

 

充実した毎日を

予定がびっしりでスケジュールにこれ以上書き込めない!とまではいかなくても、毎日がハリのある状態というのが理想的なモテる女です。

モチロン予定の中には自分へのご褒美タイムなども盛り込んで、メリハリのある生活にしましょう。

そのためには嫌なことを後回しにしないで真っ先に片付けてしまうアクティブさも大事になってきます。

 

努力を惜しまない

楽しいことを極めるためには、努力は必要不可欠です。

そうして努力する姿は男性からだけでなく、同性から見てもステキに映ります。

男性にだけモテて女性には嫌われるという人もモテる女の中にはいますが、出来れば同性にも嫌われることなく幸せに過ごしたいですよね。

きちんと適切な努力をする姿は性別を問わずひきつける魅力となります。

 

「全員が楽しい」を目指す

学校・職場など多くの人間がいる場所で、全員が満足するというのはとても難しいものです。

ですが、その難しいことにチャレンジするのがモテる女というもの。

全員への気遣いを忘れず、自分の苦手分野は素直に人に頼るなどの高いレベルのモテテクニックを駆使しないと成し遂げられないことです。

ですが、そうした行動がよりハイレベルなモテる女になること請け合いです。

 

「モテる女」になって恋愛を楽しもう♡

モテる女には余裕と自信が不可欠です。

モチロン、自意識過剰になってしまうのは NGですが適度な余裕と自信は女性をキレイにしてくれます。

自暴自棄ではなく、自然体で楽しいと思うことを楽しむこと。

そして、自分の周りにいる人も一緒に楽しめる環境を作る女性こそがモテる女と言えるでしょう。

ファッションやテクニックを磨くことが楽しいのであれば、それはそれでOKです。

自分が一番輝ける場所で、一番楽しいことをすることがモテる女への一番の近道かもしれませんね。

こちらもおすすめ☆

関連タグ

内容について運営スタッフに報告