【連載】ワンコインの花でひな祭りの可愛い花飾り♡活け方&花選びのコツ

来週末の3月3日は、ひな祭りですね!スーパーなどで売っているワンコインのお花でも、充分可愛いアレンジを楽しめますよ。 桃節句に合わせた活け方のポイントや、花選びのコツをご紹介します。

著者:
公開日:
【連載】ワンコインの花でひな祭りの可愛い花飾り♡活け方&花選びのコツ

来週末の3月3日は、ひな祭りですね!スーパーなどで売っているワンコインのお花でも、充分可愛いアレンジを楽しめますよ。

桃節句に合わせた活け方のポイントや、花選びのコツをご紹介します。

簡単!可愛い♡ひな祭りの花アレンジ

気軽に利用してみよう!ワインコインの花

寒さが厳しい時期ですが、お花屋さんでは春のお花が旬を迎えています。たくさんのお花の種類があるので、どれを選ぼうか迷ってしまうほど。

私のオススメの1つが、季節の行事の花を取り入れてみるという選び方です。


 

行事の花は、その時期になると、あらかじめ花束の状態にして売られていることが多いです。

お花屋さんはもちろん、スーパーなどの生花売り場でも、ビニールのパックに入って置いてあると思います。

パック売りされているので、気軽に楽しむことができますね。


 

 

ひな祭りといえば、桃の花!枝を活ける時のコツは?

直近の行事ごとといえば、3月3日のひな祭りですね。「桃の節句」とも呼ばれていることもあり、花飾りの中にも桃の花は欠かせません。

ちなみに桃の花には、女の子が健やかに成長するようにという、魔除けや厄除けの願いが込められているそうです。


 

枝ものを活ける時に気を付ける点

枝と生花と違うところは、まず「茎の固さ」があります。

通常のハサミだと切れないことがあるので、できれば「枝切り用のハサミ」があると安心です。

また、枝ものは水あがりが悪いこともあるので、枝をカットするときに、何度かハサミを入れる必要があります。


 

活けたい長さに枝をカットした後、縦に切り込みを入れます。


 

縦に切り込みを入れたら、その後枝を45度回転させて、同じように切り込みを入れます。


 

写真のように切り込みをたくさん入れることで、枝の水あがりを良くします。


 

花瓶選びのコツ!どっしりと安定感のあるものを選びましょう。

枝ものは、長さがあって茎が太い分、活ける時の花瓶はどっしりと安定感のあるものがオススメです。

軽い素材の花瓶だと、枝もの重さで倒れてしまうことも。今回は、大小と2サイズのアレンジを作ってみました。


 

ワンコインでも可愛く飾れる小さな花アレンジ

小さなアレンジだったら、桃の枝+3~4本の花でも充分華やかに飾れます。

我が家のお雛様は小ぶりのサイズなのもあり、いつも小さくアレンジを作っています。


 

ポイントは、枝を短く切り分けてカットすること。

長さがある枝ですが、分割して活けるとボリューム良くアレンジできます。


 

カジュアルなテーブルの花飾りには、ガラスピッチャーがオススメ!

ひな祭りをカジュアルに楽しみたい方には、テーブルのお花に、ピッチャー花瓶を使ってみてはいかがでしょうか。

ピッチャーは水差しとして食卓に使うアイテムなのですが、私は花瓶用としていくつか用意しています。

さりげない花飾りにぴったりなんですよ。


 

大きいサイズの花瓶を使う時には、ワンコインのパックブーケだと寂しいかもしれないので、2パック購入すると十分なボリュームが出ると思います。


 

小さいサイズも、大きいサイズも、どちらも今回の花色は桃の節句に合わせて、ピンク色にまとめました。

同系色で花色をまとめると、調和の取れたアレンジに仕上がります。


 

まとめ

パック売りのお花を購入すれば、気軽に行事のお花も楽しめます。枝ものにもぜひ挑戦してみてくださいね!

宮崎 いくみさんの連載一覧

 

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告