キッチンの使い勝手はお料理のスピードを決める!使いやすいキッチン大解剖☆

使いやすいキッチンは、手際のよいお料理の味方♪ キッチンが使いやすいと、いつもよりちょっと凝ったものも作ってみたくなりますね。 今回は、海外のおしゃれなキッチンを中心に、キッチンのレイアウトや使いやすそうなポイント、ステキなコーディネートを見ていきましょう☆

公開日:
著者:
キッチンの使い勝手はお料理のスピードを決める!使いやすいキッチン大解剖☆

著者名

tomato

tomato

建築・インテリアのお仕事経験がありますが、今は子育てしながら文章を書いています。ちょっぴり専門的な話も、分かりやすく楽しくお伝えできたらと思っています。よろしくお願いします。

使いやすいキッチンは、手際のよいお料理の味方♪

キッチンが使いやすいと、いつもよりちょっと凝ったものも作ってみたくなりますね。

今回は、海外のおしゃれなキッチンを中心に、キッチンのレイアウトや使いやすそうなポイント、ステキなコーディネートを見ていきましょう☆

おしゃれなキッチンを参考に、使いやすいアイデアを探してみよう♪

キッチンレイアウトのタイプを確認

I型

I型

restoringlansdowne

I型キッチンは、1本のキッチンで壁に接したものを言います。

コンパクトなキッチンに多いタイプで、キッチン前を広く使えるのが特徴です。

長くなれば作業スペースは増えますが、作業時に移動する距離も長くなるのでバランスが必要になります。


 

 

Ⅱ型

Ⅱ型

sofiehome

Ⅱ型は、その名の通り2本のキッチンが並行にならんだものを言います。

2列になっているので、キッチンスペースが短くてすみます。

ふり返って作業するため、2列の間のスペースが重要です。

90センチくらいが一般的です。


 

L型

L型

angelina_cura

L型キッチンは、「L」の形のキッチンです。

このタイプは、食材を洗って切って加熱するという動きが短い距離でできるのが特徴です。

また、L型のコーナー部分にスペースが確保できる点もポイントです。


 

U型

U型

vintagecuratorinteriors

U型は、キッチンで囲まれたようなイメージになり、プロも好むレイアウトです。

キッチンでの動きに対して効率がよく、作業スペースも大きいのが特徴です。

デッドスペースができないように、コーナー部分の収納を工夫するといいですね。


 

アイランド型

アイランド型

tongarihouse

アイランド型は、島のように独立したキッチンです。

どちら側からも作業することが可能になるため、大勢で料理を作ったり洗い物をしたりするのに向いています。

コンロ上の換気と油はね対策に工夫が必要になります。


 

ペニンシュラ型

ペニンシュラ型

susshf_myhome

ペニンシュラ型は、独立したキッチンの左右どちらかが壁に接しているタイプを言います。

アイランドキッチンのように、周りで一緒に作業ができる利点はありながら、片方は壁に接しているのでスペースは小さくてすみます。


 

ペニンシュラ型2

sisko_tomoka

また、写真のように壁に接している側にコンロを設置すれば、レンジフードも取付やすくなる利点があります。

コンロの前だけに壁を設けて、においが流れるのを防いだり、油はねを防いだりすることも可能になります。


 

使いやすいキッチンとは

作業動線の効率がいい

作業動線の効率がいい

susshf_myhome

キッチンで頻繁に使うものは、冷蔵庫とシンクとコンロです。

この3つがスムーズに使えると、キッチンの効率が高くなります。

例えば、冷蔵庫から食材を出し、シンクで洗い、調理台でカットして、コンロで炒めるという流れを考えた時に、それぞれの距離が近いと無駄な動きが少なくなります。


 

調理台が広い

調理台が広い

susshf_myhome

広い調理台(作業台)があれば、カットした食材もどんどん置いておくことができて作業がスムーズ。

パンをこねたり、クッキー生地を広げたりも困ることがありませんね。

また、好きな小物を置いてディスプレイが楽しめるのも魅力です。


 

調理台が広い2

emily_katz

キッチンカウンターに作業スペースが取れない場合は、作業台を別に置くと格段に効率がアップします。

ワゴンで移動できるタイプも便利ですね。

食材をカットしてワゴンに置いて、コンロ前に移動すればさっと調理できます。

さらに調理後にお皿に盛る時にも、あると便利ですね。


 

通路幅

通路幅

interiordesignideas

通路幅も重要になります。

使いやすい一般的なサイズは90センチです。

90センチなら、物を持って振り返っての作業もスムーズにおこなえます。

1人でコンパクトに作業したい場合は、80センチくらいがよいでしょう。

また2人で作業することが多いのなら、100センチくらいに。

あまり広くすると、ふり返ってからもう一歩進まないといけなくなります。


 

体に合った作業台の高さ

体に合った作業台の高さ

jellinadetmar

毎日のことですから、キッチンカウンターの高さを体にあったものにしたいですね。

作業台は「身長÷2+5センチ」くらいが作業しやすい高さです。

コンロは、作業台より少し低くしたほうがお鍋の中を覗き込みやすく、フライパンもふりやすくなります。

キッチンのショールームなどで、どのくらいの高さが使いやすいか確認してみるといいですね。


 

たっぷりな収納

たっぷりな収納

mrscarlissa

収納スペースがたっぷりあれば、必要なものをすべて近くにしまうことができます。

調理器具だけでなく、食器も近くにあれば盛り付けもすぐできますし、食事の後の洗ったお皿の片付けも楽にできますね。


 

キッチンを楽しむレイアウト

キッチンを楽しむレイアウト

interiordesignideas

アイランドキッチンにカウンターをつけると、キッチンスペースの使い道が広がります。

朝食をサッと済ませたり、調理する人と会話をしながらお酒を楽しんだりできて便利で素敵なキッチンになりますね。


 

 

キッチンを楽しむレイアウト2

angelina_cura

そのままテラスに出られるキッチンも楽しみが広がります。

こちらはテラスにもキッチンの延長のようなカウンターがありますね。

キッチンで下ごしらえした食材をサッとテラスに出して、そのままバーベキューもラクラクです。


 

キッチンを楽しむレイアウト3

leclairdecor

オーブンをダイニング側において、お料理をドラマチックに演出するレイアウトです。

おいしそうなお料理ができあがるまでを、時々のぞきながらみんな楽しみに待てますね。


 

キッチンを楽しむレイアウト4

vintagecuratorinteriors

キッチンに外の景色を眺められる窓があるといいですね。

作業中に気分転換もできますし、なによりキッチンにいる時間が楽しくなります。


 

こだわりたいアイテム

レンジフード

レンジフード

mykindofstyling

レンジフードは、天井から大きく下がることもあり、目につくアイテムです。

逆に、デザインにこだわればキッチンがオシャレになるアイテムでもあります。

スッキリした見せるレンジフードもステキですし、家具の中にビルトインされた目立たないフードもいいですね。


 

冷蔵庫

冷蔵庫

leclairdecor

冷蔵庫も大きくて存在感のあるアイテムです。

扉の色やデザインをよく吟味して。

写真のように、家具の中にぴったり納まるようにするとすっきりしますね。

ただし、買い替え時に入らないということにならないようにしたいものです。


 

コンロやオーブン

コンロやオーブン

emily_katz

コンロやオーブンは一度選ぶと長く使うものですから、慎重に選びたいアイテムです。

デザイン面ももちろんですが、どんなお料理をしたいかでも変わってきます。

ケーキやパンをよく作る人ならガスオーブンが欲しいかもしれませんし、揚げ物の温度管理も楽なIH調理器が欲しいかもしれません。

他にも炊飯器やトースター、ポットなど出しておくもののデザインにはこだわりたいですね。


 

まとめ

キッチンはサイズや配置などによって、使い勝手に大きく差があることをまとめましたがいかがでしたか。

すでにあるキッチンを変更することは難しいかもしれませんが、使いやすく改善できる点が見つけられるといいですね。

もしも、キッチンをこれから作るならと想像するのも楽しいです。もちろん、新築やリフォームの時にはぜひ参考にしてください♪

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
掲載商品の在庫については各店舗にご確認ください

関連タグ

内容について運営スタッフに報告