アイキャッチの壁とサロン的LDK

豊かに育った樹木が連なる森のような広大な敷地に、15棟の建物がゆったりと並ぶ「広尾ガーデンヒルズ」は広尾駅近くの立地。都心とは思えない自然豊かな環境は、「どこを探しても他にない」と話すAさんご夫妻。25年間住み続けた家を、リビタのリノサポでリノベーションすることにしました。

公開日:
アイキャッチの壁とサロン的LDK

アイキャッチの壁とサロン的LDK

アイキャッチの壁とサロン的LDK

豊かに育った樹木が連なる森のような広大な敷地に、15棟の建物がゆったりと並ぶ「広尾ガーデンヒルズ」は広尾駅近くの立地にあります。

都心とは思えない自然豊かな環境は、「どこを探しても他にない」と話すAさんご夫妻。

25年間住み続けた家を、リビタのリノサポでリノベーションすることにしました。

パートナー選びから、予算調整、設計者とのやり取りなど、さまざまな家づくりのプロセスについてお聞きしました。

 

 

扉を閉めればLDKが独立。サロンのような洗練された空間

のくらし LDK

―全体で121㎡。とてもゆったりとしています。そのうち半分程度がLDKですが、広いだけではなく、すっきりと整えられ、サロンのような雰囲気ですね。

【奥さま】リビングと一体となった開放的なキッチンにしたいけれど、家電や食器など、生活感のあるものは見せたくないと希望しました。完成したキッチンは、背面にある棚にすべての家電を収納できるようになっています。

冷蔵庫や予備の食材などを収納できるパントリーもつくってもらいました。さらに、個室へ向かう廊下も含めて、一枚の壁のように扉でフラットに隠せるようになっているのです。

扉を閉めればLDKだけが完全に独立するので、お客さまが来た時などもすっきりとした空間でお迎えできます。

廊下への扉、パントリーと収納の扉は素材も同じもので統一しているため、壁としてアイキャッチとなりLDKをより広く見せ、サロンのような洗練された空間に仕上がっているのだと思います。

 

のくらし LDK2

 

のくらし LDK3

―パントリーは廊下へ抜ける動線にもなっているのですね。

【奥さま】パントリーは納戸として使っていた空間です。

どのように有効活用するか考えた時に、収納は減らしたくなかったため、そのままパントリーにして、廊下へ抜ける動線を兼ねることにしたのです。

LDKから個室や水まわりへ向かう2つの動線が確保でき、回遊性も生まれるという機能的な間取りになっています。

 

のくらし パントリー

―キッチンのマーブルの天板や壁のタイルなど、シンプルな空間の中に光る素材使いも、スタイリッシュな雰囲気を強調していると感じます。

【奥さま】キッチンは、今回の家づくりで最もこだわった場所です。マーブルの天板はクォーツストーンで、ぜひ使いたい素材でした。

壁に使ったグレーの磁器質タイルは、玄関を入った時に正面に見える位置なので、高級感のあるものを選びました。

カウンターの壁はうずくり加工の木で仕上げています。キッチンは開放的にしたいのですが、手元やシンクは隠したいから、圧迫感が出ない程度の高さで壁を立ち上げ、見た目も使い勝手も兼ね備えた理想的なキッチンになりました。それでも、玄関を入ってすぐにキッチンが見えるのは、少し抵抗がありましたね。

結果的に、見える場所だからよりきれいにしたいと思うようになり、整頓しておくことが習慣化してよかったです。

また、カウンターに大きめの花を飾ることで、アクセントにもなるし、キッチンの内側への目線を和らげる効果があることを発見。今ではお客さまがくる時は、必ず大振りの生花を飾ってお迎えするようにしています。

 

のくらし LDK4

 

のくらし LDK5

 

既存で活かせるものは活かす。メリハリを効かせたプランニング

のくらし リビング

―今回リノベーションをした「広尾ガーデンヒルズ」の一室は、Aさんご家族が長年住まわれていた部屋だそうですね。

【ご主人】25年前に築7年ほどで購入した物件です。

20畳以上の広いリビングダイニングと個室が3つある3LDKの間取りが、夫婦と子ども2人の私たち家族にぴったりでした。

とても気に入って暮らしていたのですが、キッチンをはじめとした水まわりなどは古くなってきていたので、リノベーションしたいと思ったのです。

 

 

のくらし リビング2

―他の物件に住み替えるという選択肢は検討されなかったのですか?

【ご主人】他に住み替えようとは全く思いませんでしたね。

都心に位置し、これだけ広い敷地で、緑に恵まれた住環境は、25年前も今もどこを探してもないと思っています。

年月を重ねて大きく育った植栽も、丁寧に手入れされ、ますます魅力が深まっているように感じます。共有部にしっかりと予算をかけ、維持・管理されている点も気に入っているポイント。

リノベーションして、今後も住み続けていく価値のあるマンションだと考えました。

 

―LDK以外の寝室と子ども部屋は、既存の間取りを活かしていますね。

【ご主人】数年前に長男が独立したので、2つに分かれていた子ども部屋の壁を取り払い、長女のための部屋にしました。

寝室は仕上げを新しくした程度です。建具なども使えるものは活かしました。

どこを残していくかという話し合いを進める中で、サッシや蝶番など既存の細かいディテールに、とても良いものが使われていることがわかり、それらを残せたことも嬉しかったです。

 

のくらし 子供部屋

 

のくらし 寝室

【ご主人】また、リノベーションの方向性として、一つひとつの素材や工程について予算の掛け方を吟味し、納得のできるところに予算をかけたいと思っていました。

リビタのコンサルタント、設計者、施工者など、つくる人の顔が見えて、意向を直接伝えることができ、皆さんがその思いに真摯に応えてくれたから、LDKを中心に掛けるべきところに予算を掛けるメリハリのあるリノベーションができたと感じています。とても透明性のあるプロセスだったと思いますね。

 

のくらし 洗面所

 

のくらし トイレ

 

リノベーションが叶えてくれた、家族とゲストのさらなるくつろぎ

のくらし ダイニング

―リビタのリノサポでリノベーションをしようと決めた経緯を教えてください

【ご主人】せっかくならフルリノベーションをしたいと思って、リノベーション会社を探していました。何社か訪問して話を聞いたり提案を受けたりしていたのですが、なかなか具体的なイメージを描けずにいました。既存を活かし、仕上げを新しくするような漠然としたイメージしかもっていなかったのです。

そんなタイミングで、「広尾ガーデンヒルズ」内にリビタの「R100 TOKYO サロン」がオープン。早速見学したところ、洗練されたイメージで統一された空間のテイストにとても惹かれ、リビタのリノサポでリノベーションをしようと決めました。設計も「R100 TOKYO サロン」を手掛けたアトリエエツコの山田悦子さんにお願いすることにしました。

 

 

のくらし ダイニング2

【奥さま】リビタのスタッフの方が、リノベーション前の住まいに事前調査に来てくれた時、「壁を抜いて、もっと光を取り入れれば、明るく広く温かみのあるリビングになりますね」と言ってくれて、「あ、そうすればいいのか!」と具体的なイメージが膨らんで、素敵なLDKになりそうだなと嬉しくなったのを覚えています。

設計に進んで山田さんと打ち合せをしていく中でも、いろいろな可能性を示して引っ張ってもらいました。キッチンの背面を一枚の壁のように見せるというアイデアを提案してもらった時は、本当にワクワクしましたね。仕上げの素材などにもこだわりがあったので、ショールームにも山田さんに同行していただきましたが、その時にぽろっと言ったリクエストなども、細かく対応してくださって感動しました。

リノベーション後は、長女も主人も家にいることが増え、家族で過ごす時間が長くなりましたね。お客さまが来ることも多いのですが、皆さん感嘆の声をあげ、心地よさそうに過ごしてくれます。

25年間暮らしてきた空間なのですが、リノベーションすることで、家族もゲストもリラックスできる素敵な家に生まれ変わったと感じています。

 

のくらし 壁面インテリア

 

間取り、プラン

のくらし 間取り プラン

  • 専有面積: 121.54㎡
  • 間取り: 2LDK
  • 既存建物竣工年: 1985年
  • リノベーション竣工年: 2017年

玄関を入るとすぐに約33畳のLDKがある。全体で121㎡の面積があり、LDKはそのうちの半分ほどを占める。

通路に沿って、水まわり、主寝室、長女の部屋があり、それぞれの個室にウォークインクローゼットを備える。

キッチンの背面にあるパントリーはキッチンと通路をつなぐ動線にもなっている。

 

お宅拝見バックナンバー

コの字の壁と土間と植物との暮らし

光降り注ぐ空間と森の別荘のような居心地

ヘリンボーン張りのワンルームと格子戸の寝室

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告