ワンルーム永遠の課題「リビングと寝室の2部屋に分けたい!」を、間仕切りでかなえる♫

ワンルームを、リビングとベッドルームに分けるのは住人の夢ですよね。でもなかなかうまくいかないもの。そこで狭くてもバッチリうまくいっている海外のワンルームを参考に2部屋に間仕切るための色んなレイアウトご紹介しています。お役立ていただけたら幸いです♫

2016/08/19更新
ワンルーム永遠の課題「リビングと寝室の2部屋に分けたい!」を、間仕切りでかなえる♫

ワンルームを2部屋使いにするのは、ワンルームや1K住人のあこがれですよね。

眠るのも生活するのも同じスペースになってしまうワンルームを、ベッドルームとリビングに分けるのはワンルーム住人の夢ですよね。でも、やってみるとなかなかうまくいかないもの。そこで同じくらいの広さなのにバッチリうまくいっている海外のワンルームをご参考に見てみませんか?間仕切りの色んなレイアウトパターンご紹介しています。お部屋のレイアウトにお役立ていただけましたら幸いです♫

 

広告

 

ベッド側面に【棚】

頭側に背板付きの棚

こちらは棚で間仕切りしている例です。背板があるので、互いから見通せず、かなりはっきり隔てられている感覚になります。棚は頭側か足元側、どちらかといえば、多いのは頭側のパターンです。なぜなら頭側にあるとベッドからはソファ側が見えないので、横になったとき、心理的にも2部屋感覚を味わえるからです。


 

 頭側にオープンシェルフ(オープンラック)

こちらも頭側に棚を置いている例。棚はオープンラックです。背板がないので、収納物の隙間からソファ側をチラ見できます。閉塞感が苦手な方におススメ。


 

こちらもオープンラックです。テレビを置けばテレビボードがいらなくなるので、その分ひとりがけソファを向かい合わせたり、収納棚を置くなど、ソファスペースを広く使うことができます。


 

棚+カーテン

こちらはベッド側面の頭側に棚、側面ぜんたいにカーテンも吊っている例です。2重の間仕切りによって、見た目にも2部屋的な雰囲気が増します。


 

ベッド側面全体に棚

大きめの間仕切り棚を置いた部屋を、ソファ側から見ています。リビング空間という感覚もばっちり生まれます。


 

大きめの棚を置いた場合を、ベッド側から見ています。こちらも頭を枕に休めたとき、「寝室にいる」という安心感が生まれますね。


 

物を置かないオープンラックなら見通しも○

見通しが悪くなるのはイヤだという方にはこんな方法もおススメ。収納的には落ちますが、オープンラックに物を置かないようにすれば、採光も風通しも良いので、枠だけのスッキリした間仕切りになります。


 

こちらも枠だけのアイアンラック。ディスプレイ小物だけを置いているのでスッキリして圧迫感がありません。


 

 低い棚

高さのそれほどでない棚を置いても、間仕切り的には充分なので、見通しが良いほうがいい場合は、このように低い棚を置くのもいいですね。


 

こちらはベッドとほぼ同じ高さの低いチェストなので、こちらも圧迫がなく、「ゆるやかな間仕切り」の典型になっていておしゃれです。


 

スタッキングシェルフ

スタッキングシェルフも、形や高さを変えられるので間仕切りには便利ですね。


 

木箱をいろんな形に積んでみても楽しいですね。


 

こちらは無印のユニットシェルフです。必要に応じてカスタマイズできるのでこちらも間仕切りに便利な棚です。


1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!