波佐見焼に夢中!イッタラ・アラビアの次に来るのは日本製の器です♪

一目見た時、「北欧の器かな?」と思わせる波佐見焼(はさみやき)。400年の歴史がありながら、長く有田焼の一部として流通していた波佐見焼ですが、近年その素朴で実用的な魅力に注目が集まっています。今日は、波佐見焼の中でも有名なブランド「白山陶器」と「マルヒロ(HASAMI)」の器を中心に、波佐見焼の魅力をご紹介します。

公開日:
著者:
波佐見焼に夢中!イッタラ・アラビアの次に来るのは日本製の器です♪

和食器なのにイッタラ・アラビアたちと好相性の波佐見焼

一目見た時、「北欧の器かな?」と思わせる波佐見焼(はさみやき)。

400年の歴史がありながら、長く有田焼の一部として流通していた波佐見焼ですが、近年その素朴で実用的な魅力に注目が集まっています。

今日は、波佐見焼の中でも有名なブランド「白山陶器」と「マルヒロ(HASAMI)」の器を中心に、波佐見焼の魅力をご紹介します。

 

マルヒロ(HASAMI)

今インテリア好きに最も注目されている日本の磁器ブランド「マルヒロ」。マルヒロの器の特徴は、その色と形です。

フランスやメキシコなど海外の文化からインスパイアされたカラーリングを採用しながら、日本のインテリアにしっくりと馴染む色合い。

幾何学を繰り返す中にモダンさを感じさせるのに、かえって日本の和を感じる形。手に取れば初めての体験に心躍りますよ。

 

マルヒロ(HASAMI)1

mokosoleil

アメリカのダイナーにあるような雰囲気のマグカップ。

ブロックマグと名付けられ、文字通りブロックのように重ねて収納できます。カラフルにコレクションしたくなるシリーズです。

商品はこちら


 

 

cotogoto

ブロックマグシリーズに、スープが注がれたシーンです。

少し大きめのスープカップなので、たっぷりといただけます。

440mlと大容量なカップは、スープカップ以外にも様々な使い方ができそうですね。

 


 

arekore

まるで精巧に描かれた西洋画のような、こちらのお皿もマルヒロのもの。

釉薬ではなく特殊な絵の具で彩色されたもので、アースカラーの紙皿のようにマットな仕上がり。

でも、陶器ではなく磁器なんです。


 

マルヒロ(HASAMI)4

yori0515

北欧チックなこちらの食器も実は、和食器。

HASAMIと、海外のフォントデザイン会社House Industries (ハウスインダストリーズ) のコラボアイテムです。

双方のブランドの頭文字「H」をデザインして作られたプレートです。

シリーズには、ユニークな壁掛け花瓶もあります。


 

マルヒロ(HASAMI)5

kanaria_ouchi

カラフルなマルヒロHASAMIのプレートをこちらのお宅では、家族で使い分けているそう。

マグカップだけでなく、プレートがカラフルに揃えたれるのも、波佐見焼の魅力ですね。

商品はこちら


 

マルヒロ(HASAMI)6

arekore

実用の器を作る歴史が長い、波佐見焼。そば猪口も多く生産されています。

こちらは、鳥獣戯画の絵付けがされているもの。

汁入れとしてだけでなく、湯飲みやプリンカップなど使い勝手がよい器です。


 

shoko_petite_maison

ブロックマグとも相性の良いプレート。

鮮やかなカラーながら日本の食文化に馴染むのは、やはり日本の窯で作られているからなのでしょうか。


 

shoko_petite_maison

お正月に1枚は欲しい、波佐見焼の鯛のお皿。

つややかな釉薬がかかった鯛は、ちょっとユーモラスにも見えます。

ダンスクの魚の深皿と、並べて使ってみても楽しそう。


 

白山陶器

1700年代後半から歴史がある白山陶器。しかしその歴史に甘んじることなく、常に新しいデザインで実用の器を作り続けています。

意外にも身近に白山陶器の商品は見つかるもの。「グッドデザイン賞」や「ロングライフデザイン賞」を受賞している商品が多いので、白山陶器を知らない人でも、もしかしたら「それが波佐見焼だったの?」と思う器があるかもしれません。

 

白山陶器1

うちる

「ねじり梅」と名付けられたこちらの和皿は、デザイナー森正洋さんの代表作の一つ。

大胆な模様に見えますが、お料理をのせたとたんに「あ、おいしそう!」と思わせる不思議な力があります。

一度手に取ると、シリーズでお茶わんや急須も揃えたくなりますよ。

商品はこちら


 

 

うちる

白山陶器の有名な商品をもう一つ。「平茶碗」は代名詞的な存在です。

様々な絵付けで販売されているので、こちらの絵柄とは、また違う茶碗を手に取ったことがあるかもしれません。こちらは、白いご飯が映えそうな絵付けですね。


 

kumeemee

こちらも白山陶器の平茶碗。シンプルな藍の線が、炊き立てのご飯の白さを際立たせています。

赤い辛子明太子とも好相性。「日本に生まれてよかった!」と思わせるしつらえです。


 

うちる

こちらの鳥の箸置きも、白山陶器によるもの。

すっきりとしたデザインなのに、鳥の愛らしさがギュッと詰まっています。

長く愛されている商品は、一つ欠けてしまっても買い足せるから嬉しいですね。

商品はこちら


 

うちる

白山陶器のブルームシリーズも、多くの愛用者がいる商品です。

素朴な藍の絵付けの中に、北欧食器と共通する実用の美を感じます。

カップやボール以外に、バターケースなどのアイテムもあります。


 

白山陶器6

rika.i.house

つくねが乗っている長いお皿が、白山陶器のもの。

「重ね縞」と呼ばれるこのお皿も、サイズ違いがあります。

焼き魚はもちろん、串焼きやお刺身などにも便利ですよ。狭いテーブルでも使いやすいお皿です。

商品はこちら


 

まだまだ続く波佐見焼の魅力

長崎県で行われいる「波佐見陶器まつり」は、毎年ゴールデンウィークに開催されています。

最近では、町で渋滞が起こるほど、近年人気の陶器市になっているそうです。

波佐見焼を外国製食器と合わせれば、どちらも魅力が倍増します。見てしまうと、陶器まつりに行きたくなるかもしれません♪

 

まだまだ続く波佐見焼の魅力1

mariiiiijennu

年に一度波佐見陶器市が開催されています。そのイベントで購入したというこのお皿。

どこからどう見ても洋食器の雰囲気ですよね。でも、何とも言えないこの味わいは、日本の食器!

食器好きにはたまらない一枚です。いちごのタルトが、とても上品に映えてます。


 

monsen

ヘリンボーン柄の6寸皿は、波佐見焼では珍しい陶器製。

どんなお料理にも使い勝手のいい柄と大きさです。


 

arekore

こちらは、波佐見焼の夫婦茶碗です。

茶碗の淵に、青と赤の釉薬をかけて色付けしているものをひっくり返すと…なんと富士山と赤富士!

ユーモアのあるこんな商品をつくれるのも、波佐見焼らしさがあります。

商品はこちら


 

まだまだ続く波佐見焼の魅力4

yori0515

こちらは、波佐見焼のどんぶり。

絵柄が派手目などんぶりではなく、こんなスッキリしたデザインの商品を展開するあたりも、懐の広い波佐見焼ならではです。


 

まだまだ続く波佐見焼の魅力5

ak__ie__ie

こちらの器には、白山陶器だけでなく、外国製の器が混ざっています。

波佐見焼は、どんなテーブルウェアとも馴染んでしまう不思議な力があります。


 

まだまだ続く波佐見焼の魅力6

gpgp_ismart

人気の高いアラビアのブラックパラティッシや、トゥオキオが見えますね。

イッタラのグラスやティーマもあります。波佐見焼もあるのですが、なんの違和感もありません。


 

まとめ

長崎の小さな町に、波佐見焼の故郷はあります。職人さんたちが、分業で力を合わせて作り続けている波佐見焼。

普段使いの食器を造り続けることに、誇りを持っているからこそ、目の肥えたプロたちが愛用しているのかもしれません。

ぜひ、その温かみを手に取って確かめ、末永く愛せる一枚を見つけてくださいね。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
掲載商品の在庫については各店舗にご確認ください

関連タグ

内容について運営スタッフに報告