【連載】おうちカフェをより楽しく♪カフェタイム用ボックスをDIYしよう!

ホッとしたい時、ゲストが来客された時、家族みんなで楽しむ時など様々なカフェタイムがあると思います。そんなカフェタイムの際にカフェの細々したものをまとめられる「カフェタイム用ボックス」。今回は、カフェタイムに活躍してくれるボックスの作り方をご紹介します。

公開日:
著者:
【連載】おうちカフェをより楽しく♪カフェタイム用ボックスをDIYしよう!

著者名

maaco

maacoオフィシャル

DIYクリエイター歴2年、男前インテリアや海外インテリア、モノトーンが好きなmaacoです。 プチプラアイテムを使ってマイカラー(自分らしさ)でプチプラ以上のクオリティを求めてDIY。ホームセンターの木材で本格的なDIYやInstagramでは収納も強化中。多数ムック本や全国雑誌掲載。

カフェタイムを楽しむDIY

ホッとしたい時、ゲストが来客された時、家族みんなで楽しむ時など様々なカフェタイムがあると思います。

そんなカフェタイムの際にカフェの細々したものをまとめられる「カフェタイム用ボックス」。

今回は、カフェタイムに活躍してくれるボックスの作り方をご紹介します。

 

材料と道具


 

・100均カッティングボード スリム(セリア)

・インテリア木製ウォールボックス(セリア)

・幅12cmの板材(セリア)

・木工用ボンド(ホームセンター または セリア)

・細めの釘 20本(ホームセンター)

・丸棒 直径約10mm(ホームセンター)

・オールドウッドワックス  アンティークグレー(ホームセンター)

・水性塗料 つや消し黒(ホームセンター)

・ミニコーヒー缶 2個(セリア)

・引き出し用取っ手 2個(セリア)

・金槌(セリア)

・キリ(セリア)

・ノコギリ(私物)

※電動ドライバーとスリムビス25mm2本は、金槌と釘で代用出来ます。


 

 

作り方

①幅12cmの板材を長さ190mmを2枚カットします。

そのうちの1枚は190×65mmの大きさになるように再度カットします。

この時に出た端材は使用するので捨てないで下さい。


 

②先ほどカットした190×120mmの板を、カッティングボードで挟み込むように固定します。

固定する際、下から20mm空間を作るようにしましょう。


 

固定方法は木工用ボンドを塗り板材同士を接着させます。

釘を打つところに木材が割れないようにキリで小さく穴開けて、その上から釘を打ち込みます。


 

③カットした190×65mmとその時に出来たもう1つの板材を、②で出来た底板を側面から隠すように固定します。

必ずボンドを塗ってから釘で固定しましょう!


 

するとこんな形になります。


 

④カッティングボードの穴に丸棒を入れようとしましたが、そのままでは入らなかったのでカッティングボードに丸棒が通るように、電動ドライバーで穴を広げます。

そして、横幅に合わせてカットした丸棒をその穴に通して、動かないようにスリムビスで固定しておきます。(電動ドライバーがない方は、釘で固定してください。)


 

⑤オールドウッドワックスのアンティークグレーで塗装します。

お持ちでない方は、100均で販売されている水性ニスで塗装してもOK。


 

⑥最後の工程は、インテリア木製ウォールボックスも水性塗料のつや消し黒で塗りあげます。

それを組み上げた内部に収納させます。(ボンドで固定はしません。)

ミニコーヒー缶には引き出し用取っ手を取り付けます。


 

完成

男前インテリアを引き立たせてくれるバイカラーテイストに仕上げました。


 

左側にコーヒーフレッシュ、右側にはスティックシュガーを収納してみました。


 

隙間には、紙ナプキンなどを立てて収納出来ます。

ゲストが来た時にちょっと使う時にサッと取り出す事ができ、おしゃれな空間を演出してくれる作品です。


 


 

まとめ

今回は、電動ドライバーがなくても出来るキッチンで使えるカフェ風な作品です。

初心者の方やDIYを始めてみたい方は、是非参考にして頂けると幸いです。

maacoさんの連載一覧

 

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
掲載商品の在庫については各店舗にご確認ください

関連タグ

内容について運営スタッフに報告