春夏の帽子コーデ54選☆帽子を使ってワンランク上のおしゃれを叶えよう!

今回は、帽子コーデを色やタイプ別にご紹介します!帽子はキャップやハットなど、様々なデザインや色のものがあり、コーデに合ったテイストのものを選びたいところ。真似したいおしゃれなコーデがたくさん登場するので、ぜひ参考にしてみてくださいね!また、プチプラブランドの帽子を使った春夏コーデも併せてまとめました。

公開日:2018/06/10
著者:
春夏の帽子コーデ54選☆帽子を使ってワンランク上のおしゃれを叶えよう!

今回は、帽子コーデを色やタイプ別にご紹介します!暖かくなってくると気になる日差し。日差しを防ぐために、帽子をかぶるという方も増えてきますよね。

帽子はキャップやハットなど、様々なデザインや色のものがあり、コーデに合ったテイストのものを選びたいところ。真似したいおしゃれなコーデがたくさん登場するので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

また、プチプラブランドの帽子を使った春夏コーデも併せてまとめました。

【色別】帽子コーデ実例

黒系の帽子を使ったコーデ

ボーダートップスにすらりとしたシルエットのデニムを組み合わせると、シンプルな大人コーデに。

マリンキャップをプラスすることで、可愛らしさも演出できますね。ビビッドなピンクのサンダルもワンポイントに。


 

広告

 

カンカン帽には、黒のものもあるんですよ。黒のカンカン帽をかぶることによって、春夏のモノトーンコーデを作ることができます。

光沢感があるシルバーのバッグのおかげで、華やかさもぐっとアップしていますね。


 

爽やかなグリーンのトップスは、大人女子にもぴったりな可愛らしいデザインです。

ベルトや帽子、サンダルなどでコーデを引き締めることで、色がはっきりとしたメリハリがある大人コーデを作ることができますよ。


 

インナー付きのサロペットに、黒のスニーカーや帽子を合わせることで、カジュアルなモノトーンコーデになります。

グレーの大きめのバッグをプラスすると、柔らかな雰囲気に。


 

ロング丈のアウターを羽織れば、すらりと縦のラインを強調することができます。

黒の帽子は、バックがリボンになっている大人可愛いアイテムなので、甘さ控えめのカジュアルコーデに合わせるのもおすすめ。


 

ストライプ柄のワンピースは、ウエストを軽く絞ってあげるだけでも、印象が全く違います。

帽子やバッグなどの小物もワンピースに合わせて色を選ぶと、まとまりのある落ち着いたコーデになりますね。


 

デコルテがきれいに見えるトップスは、ゆったりと穿くことができるデニムを合わせて、カジュアルに仕上げるのもおすすめです。

サーモベレーをチョイスすると、可愛らしさも演出できますね。


 

白系の帽子を使ったコーデ

白系の帽子は、どんなコーデにでも合わせやすい万能アイテム。

スリムなシルエットのダメージジーンズ×Tシャツのシンプルコーデですが、帽子をプラスすることによってワンポイントになりますよ。


 

目を引く赤のトップスにクロップド丈のデニムを合わせて、さっぱりとしたカジュアルコーデに。

ホワイトのマリンキャップをコーデに取り入れると、柔らかな雰囲気になります。


 

爽やかな色のストライプブラウスは、袖が広めでフリルになっているので、気になる二の腕をさりげなく隠すことができます。

丸みを帯びたキャスケットをかぶれば、大人可愛いコーデになりますね。


 

ワンピースにシャツを羽織って、フロントできゅっと結ぶことによって、シルエットにメリハリが付きますよ。

白のスニーカーや帽子をコーデにプラスして、ぱっと明るく軽やかな雰囲気を作りましょう。


 

存在感があるTシャツには、シンプルなパンツや帽子を合わせるのがおすすめです。

ゆったりとしたパンツは、フロントからはパンツ、バックからはスカートに見えるおしゃれで面白いアイテムなんですよ。


 

ベージュ系の帽子を使ったコーデ

ベージュ系の帽子も色んなコーデに取り入れやすいですよ。シンプルで清潔感があるチュニックにスキニーパンツを合わせると、大人カジュアルコーデに。

優しい色の帽子で、コーデが柔らかな雰囲気になりますね。


 

 

シンプルなボーダートップスには、フェミニンなピンクベージュのシフォンスカートを合わせてみて。簡単に大人可愛いコーデが作れますよ。

ベーシックなフォルムのキャッケットをプラスすると、こなれ感もアップしますね。


 

ブルーのトップスとデニムを合わせた爽やかコーデは、暖かい季節にもぴったり。

春夏らしいバッグやキャッケットなど、小物は淡い色のものをチョイスすると、服の色を引き立てることができますよ。


 

袖口のリボンが可愛らしいブラウスには、カジュアルなデニムを合わせて大人カジュアルコーデに。

バッグやサンダルは黒で統一して引き締めつつ、ベージュの帽子をプラスすれば柔らかさもアップすることができます。


 

暖かい季節にもぴったりなサーモベレー帽。ころんとした丸みを帯びた形がとてもキュートですね。

フリンジ付きの巾着も、ベレー帽と同じベージュのものを持つと、コーデに統一感がありますよ。


 

シンプルなワンピースですが、ウエストラインに柄もののシャツを巻くことでアクセントに。

ウエストラインをはっきりさせることによって、スタイルアップ効果も期待できます。キャップでカジュアルさを出せば、こなれ感も◎


 

【タイプ別】帽子コーデ実例

キャップ

キャップはカジュアルコーデの定番アイテムですが、きれいめコーデのはずしとして使うこともできます。

落ち着きがあるグレーのワンピースにキャップやサンダルを合わせると、きれいめカジュアルコーデになりますよ。


 

ロゴトップスに、落ち着きがあるガウチョパンツを組み合わせたカジュアルコーデ。

カーキのバッグや黒の帽子など、小物も落ち着きがある色のものを合わせることで、大人っぽい雰囲気になりますね。


 

爽やかなデニムスカートやシンプルなTシャツに、チェック柄の帽子をプラスしてワンポイントに。

無地の帽子はコーデに取り入れやすいアイテムですが、柄ものの帽子もおしゃれで素敵ですよ。


 

明るく可愛らしい色のゆったりとしたTシャツは、デニムパンツにインすることで、ウエストまわりをすっきりさせることができます。

パンツと同じ色の帽子を合わせると、コーデにまとまりが生まれますね。


 

シンプルな白のTシャツにフレアスカートを合わせた大人可愛いコーデ。足元はスニーカーにすることで、甘くなりすぎないのがいいですね。

帽子でカジュアル感をプラスするのも◎


 

 

ゆったりとしたトップスは、パンツにインしてウエストラインをはっきりさせると、きれいなシルエットになります。

シンプルなコーデですが、黒のキャップをかぶることによってカジュアルな雰囲気になりますね。


 

シンプルなロゴワンピースは、小物使いを工夫するだけでぐっとおしゃれになります。

スニーカーは目を引くレッドのものをチョイスし、淡い色の帽子をかぶることで、色のメリハリがあるコーデになりますよ。


 

ストレッチ性も抜群のスカートは、すらりときれいなシルエットにすることも。

シンプルなトップスでは少し物足りないなら、帽子をプラスしたり、アウターを肩掛けにしたりして、アクセントにするのもおすすめです。


 

夏にぴったりなサマーマリンキャップをかぶると、爽やかさがぐっとアップしますね。

淡いグレーのトップスに、はっきりとしたグリーンのパンツを合わせて、落ち着きがあるシンプルコーデに。


 

つば広ハット・ストローハット

つば広ハットは、女優帽とも呼ばれるつばが広い帽子のこと。

黒と柔らかなベージュを合わせた大人カジュアルコーデに、つば広ハットを取り入れると春夏らしい印象に。トップスの袖も大人可愛いデザインですね。


 

黒のトップス×カーキのタイトスカートの落ち着きがあるコーデですが、白のつば広ハットをかぶることで明るい印象になります。

バッグやスニーカーも明るい色にすることで、暗くなりませんね。


 

明るいイエローのタンクトップは、女性らしい総レースフレアスカートにインすることで、すっきりとした印象に。

つば広ハットはその名の通り広いつばを持つので、日差しをカットすることもできますよ。


 

同じイエローのタンクトップでも、ロールアップしたデニムを組み合わせると、一気にカジュアル感がアップしますね。

フリンジつば広ハットで季節感を演出しましょう。


 

裾の長さが一定ではないイレギュラーヘムワンピース。フリンジつば広ハットをプラスすることで、アクセントになりますね。

淡いグレーのスニーカーも、コーデを明るく見せてくれますよ。


 

トレンドライクなグリーンを取り入れたシンプルコーデです。白のマキシ丈のスカートにインすることで、おしゃれですっきりとした印象に。

フリンジつば広ハットやかごバッグは、季節感を演出するのに役立ちます。


 

シンプルなTシャツに、ボルドーのトップスをレイヤードした大人カジュアルコーデ。

黒のつば広ハットが、大人っぽさのあるコーデを叶えてくれています。


 

ストライプ柄のスカートは縦のラインを強調することができ、すらりとしたIラインを作ることができます。

刺繍入りの帽子やショルダーバッグ、サンダルは同系色でまとめると、コーデに統一感を演出できますね。


 

 

可愛らしいギンガムチェックのブラウスは、シンプルなデニムやバッグを合わせることで、大人っぽく着こなすことができますね。

ベルトをリボンの形に結んでフロントに持ってくることで、ワンポイントになりますよ。

つば広ハットで清涼感をプラスするのもお忘れなく。


 

春夏といえばストローハットですよね。

可愛らしいギンガムチェックのブラウスに、落ち着きがあるスカートを合わせて大人カジュアルコーデに仕上げています。

ベージュのラインがアクセントの帽子もおしゃれ!


 

レイヤードのようにも見えますが、こちらはレイヤード風のワンピースなので、さらりと着ることができますよ。

サンダルやストローハットで季節感を意識したコーディネートです。


 

ベルト付きボリュームワンピースは、下にデニムを穿くことで大人女子にもぴったりな着こなしに。

シンプルなストローハットをプラスすると、ホワイトのサンダルと相まって爽やかな雰囲気になります。


 

ウエストラインにきゅっと絞りが入っているシンプルなカーキのワンピースには、存在感があるシルバーのシューズを合わせるのがおすすめ。

少し斜めになるようにストローハットをかぶるのもおしゃれですね。


 

ふんわりとしたバルーンスリーブの可愛らしいトップスには、デニムを合わせるとカジュアルな着こなしになります。

透明感があるブラウンのサンダルと靴下を組み合わせることで、こなれ感もたっぷりに。


 

ギンガムチェックシャツのフロントのみをインして、あとは無造作に出しておくのもおしゃれですね。

モノトーンでまとめたコーデには、ブラックラインのストローハットをプラスすると、コーデにしっくり馴染みます。


 

ギンガムチェック柄のスカートを穿くなら、トップスは無地のシンプルなものを合わせると、程よいバランスのコーデになります。

春夏らしいバッグやストローハットが、季節感をアップさせてくれていますね。


 

柄ものの存在感があるコーデにも、ストローハットはしっくり馴染みます。

ストローハットは黒のラインのものを合わせ、同じく黒のサンダルをチョイスすれば、大人っぽさもぐっとアップしますね。


 

さらりと着ることができて楽ちんなカーキのワンピース。Aラインシルエットなので、さりげなくボディラインを隠すことができるアイテムです。

リボンが可愛らしいストローハットをかぶれば、女性らしさもアップ!


 

ぱっと目を引くイエローのトップスに、ふんわりとしたギャザースカートを合わせた大人フェミニンなコーデ。ス

トローハットをうしろにぐっと倒してかぶるのも、おしゃれなポイントなんですよ。


 

【プチプラブランド】の帽子コーデ実例

ユニクロの帽子を使ったコーデ

明るく可愛らしい、赤と白のボーダートップスが目を引きますね。

ブルーのスカートで甘くなりすぎないように調整すれば、大人女子でも簡単に着こなすことができます。

黒の帽子でぐっと引き締めて、大人っぽくすることも。


 

 

Tシャツにパンツを合わせたシンプルなカジュアルコーデでは、小物使いがおしゃれのポイントとなります。

涼しげな帽子をプラスしたり、トレンドライクなグリーンのバッグを取り入れたりして、トレンドライクなコーデに。


 

鮮やかなピンクのタンクトップは目を引くアイテムです。ストライプ柄のスカートと組み合わせれば、こなれたカジュアルコーデになりますよ。

バッグや帽子、パンプスの色が落ち着いているので、大人っぽさも演出できます。


 

スカートのようなシルエットのガウチョパンツ、ボーダートップス、ストローハットで作る大人可愛い春夏コーデ。

靴下×スポーツサンダルを履くことで、こなれ感たっぷりに。


 

鮮やかなスカートを主役のコーデにするには、トップスや帽子はシンプルなものにするのがポイントです。

落ち着きがある帽子やバッグで、存在感があるスカートのバランスを調整して、おしゃれなリゾートスタイルに。


 

無印良品の帽子を使ったコーデ

シンプルなものが多い無印良品の帽子は、コーデに取り入れやすいと人気がありますよ。

ユニクロのシャツワンピースやGUのショルダーバッグ、FOREVER 21などのプチプラブランドでを活用したおしゃれなスタイリングです。


 

ふんわりとしたブラウスに合わせるなら、パンツはすらりとしたものを選ぶとバランスの取れたシルエットになります。

かごバッグや帽子など、ちょっとした小物から季節感を取り入れるのもおしゃれですよ。


 

淡いグレーのトップスは袖がふんわりとしていて、大人可愛いアイテムです。清潔感がある白のパンツと合わせると、柔らかな雰囲気になりますね。

無印良品の帽子をプラスして、涼しげな印象も取り入れましょう。


 

まとめ

帽子コーデのおしゃれなスタイリングをご紹介しましたが、いかがでしたか?キャップやストローハットなど、取り入れる帽子の種類によって、コーデの雰囲気が変わりますね。

その日の気分やコーデに合わせて、上手に帽子を選んでおしゃれを楽しんでみてくださいね。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。