ひとり暮らしの家具って、何が必要? みんなの部屋をのぞいてみた

ひとり暮らしの家具、あれもこれもとネットで探すと、どんどん予算をオーバーしていっちゃいますよね。一般的なワンルームのお部屋は20平米〜25平米ぐらいですから、置く場所にも当然限界がありますし。ここでは、実際にひとり暮らしを始めた先輩の部屋の家具レイアウトをどどんと一挙に紹介します。

公開日:2018/05/30
著者:
ひとり暮らしの家具って、何が必要? みんなの部屋をのぞいてみた

著者名

goodroom journal

goodroom journal専門家

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。 インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

ひとり暮らしに必要なもの、お教えします


 

広告

 

Q. はじめてのひとり暮らし、家具は何が必要ですか?

秋から、ひとり暮らしを始める予定です。

ベッドにするか、布団にするか、ダイニングテーブルにするか、ローテーブルにするか……。

すごく迷ってるんですが、ひとり暮らしに絶対必要な家具を教えてください!


 

A. ミニマムに暮らすなら「布団+小さなテーブルひとつ」でOK。先輩の部屋をのぞいてみましょう!

ひとり暮らしの家具、あれもこれもとネットで探すと、どんどん予算をオーバーしていっちゃいますよね。

一般的なワンルームのお部屋は20平米〜25平米ぐらいですから、置く場所にも当然限界がありますし。

ここでは、実際にひとり暮らしを始めた先輩の部屋の家具レイアウトをどどんと一挙に紹介します。

ミニマムなパターンでは、布団とローテーブル1個だけ、という暮らし方も。DIYなどで工夫して、狭くても快適に暮らしているひともいます。

自分に合ったパターンを見つけてみてくださいね!


 

布団+ローテーブル

ヨガインストラクターを目指している志摩さんの部屋は、ヨガのスペースが取りやすいようにベッドを置かず、簡単に移動のできるローテーブルのみのミニマムなレイアウト。

日当たりの良い部屋で揺れるグリーンが爽やか! このくらい、シンプルな暮らしも素敵だなって思えてきます。

>この部屋をもっと見る


 

ベッド+ローテーブル

グッドルームスタッフの越智さんの部屋は、無印良品の木のベッドと、同じく素材感のよいローテーブルのみ。

あちこちに彼女の趣味である音楽のアイテムや、旅行のときのトランクがありますが、それでも全体が統一されてるのでごちゃついて見えませんね。

収納力の少ない小さなクローゼットは、ハンガーラックを置くことでカバーしています。

>この部屋をもっと見る


 

ベッド+ローテーブル+デスク

アーティストのIさんの部屋は、16平米とかなりミニマムなんですが、ベッドにローテーブル、それに作品を生み出すデスクがきっちりおさまってます。


 

ローテーブルは木のりんご箱の上にガラスを載せただけ、という簡単スタイル。DIYでぴったりサイズの家具を作れば、狭くても機能的に暮らせますね。

>この部屋をもっと見る


 

ベッド+ローテーブル+デスク

こちらも、キッチン含めて16平米と小さな部屋に暮らす石井さんの部屋。デスクは自分で板と脚を買ってきて、DIYしちゃいました。


 

お店ではなかなか売っていない、奥行きの狭いスタイル。ちょっと仕事したり、ご飯を食べたりするときも大活躍です。
>この部屋をもっと見る


 

ベッド+大きなローテーブル

建築系の書籍にお勤めの楠田さんの部屋、ふだんはベッドと小さなスツール、椅子だけのシンプルなスタイルですが、友達を呼んでパーティーをするときには大きなテーブルが出現します。


 

その秘密は、このテーブル脚。ピクニック用のもので簡単に取り外せるので、大きな天板とともにふだんはしまってあるんだそう。

ワンルームでも、大人数を呼んでわいわい鍋や焼肉を楽しめちゃう、良いアイディア!

>この部屋をもっと見る


 

ベッド+ダイニングテーブル+デスク

ここからは、「1DK」に該当するちょっと広めの間取りのレイアウト例です。

イラストレーターの加賀谷さんの部屋は、自宅で仕事をする際、大きなデスクがとっても重要。

大きめデスクを置きたいときは、食事をするテーブルも、ローテーブルではなくて目線がそろうダイニングテーブルを選ぶほうがすっきりします。


 

ダイニングテーブルは2人用サイズの小さなもの。地元のカフェが改装するときに安く譲ってもらったそう。

そんな風に賢く家具探しをしてみるのもいいですね!

>この部屋の詳細を見る


 

 

ベッド+ソファ+ローテーブル

インテリアショップにお勤めの与座さんの部屋は、お気に入りの家具がいっぱい。

ベッドとソファ、どちらも置いてあるのに窮屈に感じないのは、玄関からベランダへの「縦の動線」が抜けていて、空間が広く感じられるからかも。


 

窓側まで目線が抜けるので、すっきり!

>この部屋をもっと見る


 

goodroom journal ではひとり暮らしのインテリア事例を多数紹介しています

参考になる家具レイアウトは見つかったでしょうか?

goodroom journal では他にも、ひとり暮らしのインテリア事例を多数紹介しています。

狭くてもすっきり片付く方法や、広いワンルームの活用法など、参考になる部屋がいっぱい。

「上から見た」わかりやすいインテリア写真も多数あります。ぜひ参考にしてみてください。

>ひとり暮らしのインテリア実例をもっと見る


 

ひとり暮らしにぴったりのお部屋探しはグッドルームへ

スタッフの9割がひとり暮らし中。お部屋探しはグッドルームにお任せください。

>東京・神奈川・埼玉・千葉の「ひとり暮らし8万円以下」の賃貸を探す
>大阪・京都・神戸の「ひとり暮らし6万円以下」の賃貸を探す
>愛知・名古屋の「ひとり暮らし6万円以下」の賃貸を探す
>福岡の「ひとり暮らし5万円以下」の賃貸を探す


 

こちらもおすすめ☆