【連載】コーヒー好きさんは必見!おしゃれなカフェボックスを作ろう!

こんにちは!ライフオーガナイザーのRumiです。暑い季節には冷たいコーヒー。寒い季節には温かいコーヒー。1年中コーヒーを飲んでいます。コーヒー豆を買うのが趣味の1つになっているのですが、豆を収納するボックスがあったらいいなと思い作ってみました。今回もとても簡単に、難しい工具は使わずに出来ました。

公開日:2018/05/30
著者:
【連載】コーヒー好きさんは必見!おしゃれなカフェボックスを作ろう!

著者名

rumi

rumiオフィシャル

思考と空間の整理のプロ・ライフオーガナイザー  自宅の収納方法やDIYでのリフォーム、100均リメイクなどをSNSで公開中。 収納やリメイク、インテリアの記事の執筆、雑誌・WEBサイトへレシピ提供、店舗プロデュース 2016年9月に宝島社より【Rumiのおうち時間を楽しむインテリア】を出版しました。 

こんにちは!ライフオーガナイザーのRumiです。暑い季節には冷たいコーヒー。寒い季節には温かいコーヒー。1年中コーヒーを飲んでいます。

コーヒー豆を買うのが趣味の1つになっているのですが、豆を収納するボックスがあったらいいなと思い作ってみました。

今回もとても簡単に、難しい工具は使わずに出来ました。

材料はこちら!

ベニヤ板 1枚

角材 4本

フレーム(16cm×21cm) 2枚

蝶番 4つ

ブロック型の押しピン 2つ

全てセリアで揃います!


 

広告

 

早速作ってみましょう!

まずはフレームについている金具を全て外します。

外したら、フィルムのみを元に戻します。瞬間接着剤などで外れないようにします。


 

ベニヤ板は31.5cm×20.5cm

角材は32cmが2本、18.2cmが3本

以上の大きさにのこぎりでカットします。


 

長い角材の間に短い角材を挟むような形で四角い枠を作り、四角になったらベニヤ板も固定します。

全てこびょうで固定しています。


 

箱型になったはずです。


 

箱の周りにブライワックスを塗ります。

中は塗りません。


 

フレーム2枚と先ほど作った箱を蝶番で固定します。


 

箱の真ん中に残りの角材を入れます。ボンドで固定しています。


 

仕上げに、押しピンにワックスを塗って…


 

フレームにつけました!持ち手として使うことに。


 

せっかくなので、コーヒー豆の種類を書きました。


 

完成!

コーヒー豆を種類別で収納出来るボックスの完成です。

中身が一目で分かるところもお気に入りです。


 

あえてあまり深さを出していません。

たっぷり入れるよりも、酸化防ぐために、浅く作っています。


 

パカッと開いて、サッと豆を出すことが出来ますよ!コーヒー豆のいい香りがフワッと漂います。

ブラックボードマーカーを使えば何度でも書き直しもできます。是非作ってみてくださいね!


 

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。