湿気対策にもおすすめ!手抜きに見えなくて可愛い♡ゆるボサ仕上げのボブ

暑くなってくると気になる湿度。梅雨に入るとさらに髪型が決まりにくくなりますよね。今回は、手抜きに見えないボブヘアのゆるボサアレンジをご紹介します。

公開日:2018/05/30
著者:
湿気対策にもおすすめ!手抜きに見えなくて可愛い♡ゆるボサ仕上げのボブ

著者名

Tomomi

Tomomi専門家

美容師歴20年以上。「hair&make cordelia」オーナー。大人の女性がリラックスできる、隠れ家サロンを経営しています。お客さまにきれいな髪になってもらえるように、日々髪と地肌にいいことを勉強中。髪へのダメージが少ない技術が人気で、どんな小さなお悩みにも丁寧に答えています。

暑くなってくると気になる湿度。梅雨に入るとさらに髪型が決まりにくくなりますよね。せっかく朝早起きしたのに、ヘアスタイルが一瞬でボサボサに…。という経験は、誰でも一度はおありかと思います。

そこで今回は、湿気対策にもおすすめの手抜きに見えないボブヘアのゆるボサアレンジをご紹介します。

湿気対策にもおすすめ!手抜きに見えなくて可愛い♡ゆるボサ仕上げのボブ

湿気に負けない可愛さを手に入れて

ランダムなカールが可愛いボブ。重さのあるスタイルですが、明るめのカラーで動きがあるスタイルに。

巻き方が一定ではなくランダムなので、途中で崩れても可愛いゆるボサです。


 

広告

 

ブローしてもはねてしまうなら、外ハネに仕上げるのもおすすめ。ウルフベースの毛先の軽いボブにすれば、簡単にゆるボサアレンジができます。


 

硬い髪質のくせ毛の人におすすめなのがこちらのボブ。重さのあるスタイルですが、おでこを出しているのでスッキリとした印象に見えます。

オイルやヘアクリームなどでしっとりさせて、ゆるボサに仕上げるのがおすすめです。


 

シンプルボブも、ゆるボサ仕上げで抜け感のある印象に。軽めにブローをしてから、仕上げにスタイリング剤を揉みこんで崩すと程良いボサっと感が出ますよ。

わざとボサっと仕上げるのがポイントです。


 

シンプルなボブもゆるボサっと仕上げると、おしゃれな印象に。毛先のルーズな動きが可愛いですね。

カラーもハイライトやインナーカラーを入れると、動かしたときに可愛くなりますよ。


 

ふんわりとした長めのボブ。毛先のほうにボリューム感が出るように、持ち上げるようにスタイリング剤をつけると良い感じです。

ドライヤーも内側からかけて、ふんわり感を出すのがおすすめです。


 

寝起きのようなボサっと感が可愛いボブ。根元はあまりボリュームを出しすぎず、毛先に出すとバランスが取れます。

重さがあるので、おでこを出したほうが可愛くなりますね。


 

ウェット仕上げも湿度対策におすすめのアレンジ。ジェルやオイルなどでツヤのあるスタイルに仕上げると良いですね。

毛先もルーズに動かしているので、可愛く決まります。


 

ブローやアイロンをする時間がないというときも、ゆるボサアレンジが使えます。

軽く毛先を濡らして、ヘアクリームなどをしっかり揉みこんで仕上げるとルーズ感のある仕上がりに。

スタイリング剤をしっかりつけると、手抜き感が出ませんよ。


 

毛先の動きが可愛い短めボブ。毛先を軽めにしておくと、動きがつきやすくなりアレンジしやすくなります。

前髪は少し重めになっているので、メリハリがついていいですね。


 

おでこをスッキリ出したボブ。毛先の動きはルーズになっているので、黒髪でも重く見えにくくなっていますね。

分け目を変えると印象も変わりやすいので、サイドにするアレンジもおすすめです。


 

 

ゆるいウェーブが可愛い短めのボブ。えりあしがスッキリしていて涼しそうですね。

暗めのカラーで重さもありますが、毛先は動きやすいように軽めになっています。


 

抜け感の出にくい黒髪ボブも、ゆるボサアレンジにするとこなれた印象になります。

少しスタイリング剤は多めにつけて、ウェット気味に仕上げると良いですね。


 

ボサっと感が可愛いボブ。センターパートで、トップはあまりボリューム感が出ないようなアレンジです。

トップにボリュームが欲しい時は、サイドパートにするのも良いですね。


 

重めの前下がりボブ。えりあしスッキリのスタイルは、蒸し暑い梅雨にもピッタリです。

毛先もランダムに動いているので、途中でスタイリングが崩れても大丈夫なアレンジです。


 

まとめ

手抜きに見せないポイントは、しっかりではなく軽くブローをする事。ハンドブローでもいいので、軽くブローをしてからスタイリング剤をつけるといい感じになりますよ。

なるべくは毛先中心に崩したほうが可愛く仕上がるので、根元は少しタイトに仕上げるのがおすすめです。是非、参考にしてみてくださいね。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。