【連載】真っ白なカップボードと海外インテリアを目指したキッチンインテリア

我が家には、大きいカップボードがあります。家を建てる際に、なるべく物を見えるところに置きたくなかったため、大容量のカップボードを選びました。おかげで、食器や調理器具、普段あまり使わないキッチン家電なども全てしまい込むことができます。そんな我が家のカップボードのインテリアと、少しだけ収納部分を公開したいと思います!

公開日:2018/05/23
著者:
【連載】真っ白なカップボードと海外インテリアを目指したキッチンインテリア

著者名

yururira

yururiraオフィシャル

白黒グレーを基調としたモノトーンインテリアに海外・北欧モダンの要素を取り入れたインテリアを得意としています。 自身のブログでは家づくりからインテリア・収納・家具DIY・ラベル作成・雑貨のハンドメイドなどを紹介。 男の子2人の母、子供がいても美しい暮らしを提案します。

大きくて真っ白なカップボード

我が家には、大きいカップボードがあります。

家を建てる際に、なるべく物を見えるところに置きたくなかったため、大容量のカップボードを選びました。

おかげで、食器や調理器具、普段あまり使わないキッチン家電なども全てしまい込むことができます。

そんな我が家のカップボードのインテリアと、少しだけ収納部分を公開したいと思います!


 

広告

 

海外風を目指したキッチンアイテムたち

カップボードのカウンター部分に出しているキッチン家電は、オーブンレンジのみ。

ライフスタイルを見直すと、炊飯器とトースターはあまり使わないことに気づき、思い切ってカップボード内にしまうことにしました。


 

毎日頻繁に使うオーブンレンジには、”目隠し”としてティータオルをかけています。

ソストレーネグレーネで買ったティータオルは、ニュアンスグレーがお気に入りで、プチプラなのに洗濯してもシワにならず重宝しています。


 

壁には、フロートタイプのステンレス棚を取り付け、お気に入りのキッチン雑貨を。

menuのボトルグラインダーは、実用的なだけでなく見た目がおしゃれなので、キッチンの主役になってくれています♪


 

海外インテリア風キッチンを目指すのに欠かせないのは、”カッティングボード”と”グリーン”。

海外のインテリア写真を見ると、ほぼカッティングボードを複数枚置いてあるのに憧れて、木製とストーン製のものを置いています。

インテリアもグッと格上げされ、どんな料理をのせてもおしゃれになるので、我が家の魔法のアイテムです♪

グリーンは今までフェイクを置いていましたが、庭の木の若枝をシンプルなガラスベースに飾ってみました。

キッチンにグリーンがあると、心まで癒されます。


 

夜は間接照明を楽しんで

IKEAのテープ状になったLED照明を取り付けました。

簡単に設置でき、なおかつプチプラなのでおススメです!

我が家のリビングは全て白色のダウンライトなので、夜はこの温かみのある間接照明で、いつもと違った雰囲気を楽しんでいます。


 

キッチン雑貨収納

カップボード上部の扉部分は、キッチン雑貨などこまごましたものを収納しています。

ファイルボックスと100均のケースにオリジナルラベルを貼り、統一感のある収納にしました。


 

水筒、お弁当グッズ、ラップやジッパーバッグなど、生活感の出てしまう雑貨類を入れています。


 

カップボードは”魅せる”場所!

正面から見るとこんな感じになっています。

カップボードの上はついつい生活感のあるものを置きがちですが、キッチンインテリアに置いて、カップボードのカウンター部分が一番”魅せる”場所だと思います。

見た目も使いやすさも両立するのは、なかなか難しいことですが、是非一度カップボードの”魅せ方”で遊んでみてはいかがでしょうか♪

 

 


 

こちらもおすすめ

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。
内容について運営スタッフに報告