秋冬インテリアに模様替え!ラグで作るニューボヘミアンスタイル

インテリアの新しいトレンドとして注目されているニューボヘミアンスタイル。従来のBOHOスタイルと比べると、より広範囲なミックススタイルといえるでしょう。今回は、ニューボヘミアンスタイルのインテリアを、ポイントとなるラグを中心にご紹介していきます。

著者:
公開日:
秋冬インテリアに模様替え!ラグで作るニューボヘミアンスタイル

インテリアの新しいトレンドとして注目されているニューボヘミアンスタイル。従来のBOHOスタイルと比べると、より広範囲なミックススタイルといえるでしょう。

今回は、ニューボヘミアンスタイルのインテリアを、ポイントとなるラグを中心にご紹介していきます。

ミックススタイルで作るニューボヘミアンなリビング

アメリカでベストセラーになった『THE NEW BOHEMIANS』

a1000xbetter

ニューボヘミアンというスタイルが注目されたきっかけの1つが、アメリカ・ロサンゼルス在住のデザイナーJUSTINA BLAKENEY(ジャスティナ・ブレイクニー)さんの著書。

タイトルは『THE NEW BOHEMIANS』と直球です。

著書の中でジャスティナさんは、自由奔放でルールのない、型破りなミックススタイルのインテリアを提唱しています。

こちらの壁紙は、ジャスティナさんのデザインです。


 

 

東と西・伝統とモダンのミックススタイル

a1000xbetter

ジャスティナさんが定義するニューボヘミアンは、世界各地の民族による伝統的なアイテムと、ポップでモダンなアイテムが融合したインテリアです。

まさに、古今東西の文化や歴史がミックスされているのです。


 

やはり、ラグがインテリアのポイントに

a1000xbetter

ジャスティナさんの著書では、モダン、アーシー(土っぽい)、フォルクシー(気取らない)、ノマディック(ノマド:遊牧民的な)、ロマンティック、マキシマル(最大・最高の)など、6つをテーマにお家を紹介されています。

そして、どのテーマにおいても、ラグがインテリアのアクセントやポイントとして使われているのです。


 

色を楽しむニューボヘミアンスタイル

カラフルなラグとクッションと

natasha.designs

ニューボヘミアンスタイルは、上述のように古今東西のさまざまなアイテムを組み合わせたミックスタイルです。

組み合わせにルールはありません。その分、創造性やインスピレーションが大切になります。

カラフルな色彩で織られたラグや、織地を使ったクッションを積み重ねたベランダのコーナーには、ゆるやかで落ち着きのあるエネルギーが満ちあふれています。


 

グリーンのドアのあるカラフルリビング

a1000xbetter

こちらはパッチワークのように、色をつないだカラフルなラグです。

ソファの張地もラグと似たテイストですし、床や椅子の上に置かれたクッションもカラフルです。

自然の木の形を活かしたコーヒーテーブルや、ドアの横に置かれた壺のようなフォルムのカゴなど民族調のアイテムが品よくミックスされています。


 

コンパクトなスペースにも

a1000xbetter

天井が傾斜しているこちらのスペースにも、小さなサイズのカラフルなラグをプラスして、ニューボヘミアンスタイルを作り上げています。

斜めに置かれた収納付きデスクが、フローリングの木の質感とうまくマッチしています。


 

ベッドルームに取り入れるニューボヘミアンスタイル

a1000xbetter

続いてご紹介するのは、ニューボヘミアンなスタイルのベッドルームです。

こちらはラグだけでなく、シンプルなマルチボーダーのベッドカバーや、複雑な模様が織り出されたクッションカバーが、エネルギッシュな印象を与えてくれます。

ホワイト×ブルーの壁紙は、動植物が描かれたロマンティックなデザインです。


 

さまざまなラグのあしらい方

ベッドのヘッドボードに

a1000xbetter

本来ラグは足元を温めてくれるアイテムですが、現代のニューボヘミアンスタイルではユニークな使い方も人気です。

床に敷くだけではない使い方をご覧ください。こちらは、ベッドのヘッドボードにジオグラフィカルなラグを掛けているアイデアです。

ベッドフレームのデザインや色を気にせずに、ニューボヘミアンなインテリアを楽しむことができます。


 

ラグをディスプレイするアイデア

a1000xbetter

伝統的な手法で作られたラグは、アートとしての存在感も十分にあります。

こちらのリビングでは、向かい合ったソファの中央に大きなラグを敷き、さらに壁にもラグを飾っています。

手前のベンチの上にあるロングクッションにも、伝統的な織地が使われていますね。


 

モダンなボヘミアンスタイルは色数を抑えて

モノトーンをベースにしたダイニング

a1000xbetter

モダンなニューボヘミアンスタイルでは、色数を抑えたインテリアが主流です。

ブラック×ホワイトのモノトーンに、ナチュラルな木の色を組み合わせたり、コッパーやブロンズなどの金属を組み合わせると、より洗練された印象になります。


 

アーシーな色調で

a1000xbetter

こちらは石や土の雰囲気を感じさせる色使いの、ニューボヘミアンスタイルのインテリアです。

石造りの暖炉のカラーと、ラグのカラーがフィットしているところがポイントになっています。


 

白い空間にボヘミアンアイテムを

a1000xbetter

こちらは、天井が屋根の形になっている白い空間に、モロッコスタイルのラグやスツールが置かれています。

ラグも白ベースに赤や黒を取り入れたシンプルなデザインです。

モダンな印象の白いソファには、モノトーンデザインのクッションを並べて、スタイリッシュにしています。


 

まとめ

インテリアの新しいトレンドであるニューボヘミアンは、伝統的なアイテムとモダンでポップなデザイン、中近東やアフリカ、南米にアジアなど世界各地の工芸品などをミックスしたスタイルです。

ラグのデザインや、合わせる小物によって、エネルギッシュなカラフルな空間になるので、ぜひ参考にしてみてください。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告