キッチンの間取り、私にとって使いやすい配置とは?タイプ別〜パントリーまでご紹介☆

キッチンの間取りは、毎日立つ場所だからこそこだわりたいもの。日々の調理や洗い物はもちろん、お料理好きな方、おもてなしが好きな方にとっても重要なスペースですよね。 今回はキッチンのタイプや人気のパントリー、ダイニングキッチンの実例を多数集めました。ぜひ、自分にとって使いやすいキッチンの間取りの参考にしてみてくださいね。

公開日:2018/06/24
著者:
キッチンの間取り、私にとって使いやすい配置とは?タイプ別〜パントリーまでご紹介☆

キッチンの間取りは、毎日立つ場所だからこそこだわりたいもの。日々の調理や洗い物はもちろん、お料理好きな方、おもてなしが好きな方にとっても重要なスペースですよね。

今回はキッチンのタイプや人気のパントリー、ダイニングキッチンの実例を多数集めました。ぜひ、自分にとって使いやすいキッチンの間取りの参考にしてみてくださいね。

人が集まるアイランドキッチン

k_a_m_i25

調理中も家族の様子が分かる、オープンキッチン。お子さまがいらっしゃる家庭で人気のタイプです。

冷蔵庫も白で統一されていてすっきりとした印象ですね。


 

広告

 

kanaria_ouchi

アイランドキッチンの横に、ダイニングテーブルを設置した奥行きのある間取りです。

これなら食事した後のお片付けや、そのお手伝いもスムーズにできそうですね。

キッチンの隣ということで、よりアツアツのできたてお料理が食べられそう♪


 

mari.s.home

こちらのアイランドキッチンは、キッチンとダイニングを同じ白で合わせています。

リビングはダークグレーでまとめているので、LDKの間取りでも空間が分けられている印象になっていますね。

壁や家具で分けなくとも、色で分ければ部屋を広々と見せることができるんです。


 

minimal._.white

見事なまでに白で統一されたアイランドキッチンとダイニング。食器棚もスライドドアの向こうにあり、隠す収納が行き届いています。

色だけでなく棚もないので、とてもすっきりとしていますね。


 

sh.atyou

こちらのキッチンでは調理場所に透明の板が全面的に付いており、油ハネはもちろん、匂いや音なども抑えることができますよ。

食器棚にもカウンターが付いているので、誰かと一緒に調理ができそうな間取りです。


 

_____mariagram

とても広々としたアイランドキッチン。カウンターテーブルも付いているので、お料理しながらお喋りを楽しむことができます。

カウンターテーブルの横に、ちょっとした収納棚が付いているのも嬉しいですね。


 

modello_kitchen

天然石を使ったこちらのキッチンは高級感たっぷり。ダイニングテーブルとの間や、洗い場の前だけに壁を設置するなどの工夫が見られます。

ダイニングやリビングとの適度な距離感があり、調理にも集中できる間取りですね。


 

tongarihouse

最近はパントリーが人気あり、キッチンに大きな収納棚を置かないレイアウトの例も多いのだとか。

こちらのアイランドキッチンも、キッチンの作業台をメインにした間取りになっています。大きな作業台がすっきりとしていて広々と見えますね。


 

shirakabalab

カウンターテーブルと一体となった大きなアイランドキッチン。

収納は主にパントリーを使い、キッチンの奥に大きな窓を取り付けることで、採光もバッチリな間取りです。

窓からの緑を十分に楽しめるカウンターテーブルなど、とっても贅沢な空間ですね。


 

__amastyle__

シルバー×ブラックをメインにしたシックなキッチン。壁前面の収納棚にすっぽり収まる冷蔵庫など、計算し尽くされた間取りになっているようです。

ダイニングテーブルも黒にしているので、お料理も映えそうですね。


 

調理に集中しやすい、壁付けキッチン

yuuuuu.0904

壁付けのキッチンは効率のよい間取りで、調理などの作業に集中しやすのがメリット。

作業に集中できる分、家族とのコミュニケーションが取りづらそうなイメージですが、ダイニングと90度に接しているのでその心配もありません。


 

 

k1kazu

Ⅱ列型と呼ばれる壁付けキッチンは、効率よく作業できるのが一番の魅力。壁の一部にタイルを使用して、拭き掃除もしやすくなっています。

ホワイト系中心のキッチンに、くすみのあるライトブルーのドアがアクセントになっていますね。


 

haru_matsu

キッチンでは食器棚、加熱機器、シンクなど頻繁に移動しますよね。

この3点は、移動しやすいようにトライアングルになっていると作業効率がいいようです。


 

yu_akashi

可愛らしい壁付けキッチン。

シンクに貼られたタイルやモールディングされた扉は、ヨーロッパのアパートメントのような風情があっておしゃれです。


 

modello_kitchen

こちらはL字型の壁付キッチン。片側の壁に窓を取り付けて、採光を贅沢に取り入れられる間取りになっています。

大きく深めのシンクも使いやすそうで素敵ですね。部分的に取り入れたタイル壁も、インテリアのアクセントになっています。


 

mimimie46

壁付けキッチンは、オープンキッチンと比べて作業が捗る代わりに開放感に乏しくなると思っていませんか?

こちらのようにホワイトをメインカラーにすると、とても明るくなり閉鎖的な感じが全くしませんよね。


 

YunSamama

こちらは、賃貸の壁付けキッチンの実例です。

棚をキッチン後ろに配置してⅡ列型の間取りにすることで、素敵なカフェ風の雰囲気になっていますよね。

窓枠を利用して棚を置き、空間を有効利用しています。


 

ie_koto

窓がある壁付けキッチンなら、光を取り込みつつ窓から見える景色を楽しむことで、オープンキッチンとはまた違った開放感を味わえます。


 

hukurou2128

スペース効率の他に、ダイニングテーブルへの動線も短く済むので、食事の支度などにおいても効率が良い間取りになっています。

木目で統一された家具も素敵で、キッチンとよく馴染んでいますね。


 

センスが光る。コの字型キッチン

flower_mont

こちらはコの字型のタイプ。シンク側を壁に付けて、食器を出し入れしやすいようにしています。

加熱機器の傍にはダイニングテーブルを配置することで、食事をすぐ配膳できるように。

調理も食事も片付けも、常に家族と一体感を感じられそうな間取りです。


 

 

flower_mont

こういったオープンキッチンの間取りでは、一体どの様な収納がされているか気になりますよね。

実は、カウンターの下に食器棚、オーブン、椅子、食洗器と色々なものが収納されているそうです。


 

とても広々としたこちらのキッチン。加熱機器の奥に小さな壁がありますよね。

実は裏側が本棚になっており、リビングとキッチンダイニングの自然な分かれ目になっています。コの字キッチンには、部屋を広々とさせる工夫があるんです。


 

コの字型のキッチンは、奥行きをどう取るかによって使い勝手が変わりそうです。

こちらは奥行きをゆったりと取った壁付けのコの字型キッチン。収納も豊富で嬉しいですね。


 

L字の壁付けキッチンに長めのダイニングテーブルを置いて、コの字型にレイアウトしています。

カウンターテーブルよりも広々としていますし、キッチンと距離が近いので調理から食事への持ち運びが便利です。


 

こちらはコの字とロの字の中間くらいのキッチンです。

あまり見ないパターンですが、調理や洗い物にも集中しやすそうですし、収納もたっぷり。カウンターテーブルも広々と使えますね。


 

使い方によって高さも様々。キッチンカウンター

kaoriiii.1196

できたばかりの料理や調味料などを一時的に置ける、便利なカウンターテーブル付きのキッチン。

思い切ったダークカラーのアクセントウォールが素敵ですね。


 

pink.m.k

こちらのキッチンのカウンターは少し高め。

顔や様子はキッチンから分かりますが、調理中の油ハネやシンクの水しぶきなどを気にすることもなく、調理に集中できますね。


 

310akochi

キッチンカウンターは、調理しながらでもコミュニケーションを取れますが、あまりに調理中の手元が見えるのには抵抗がある方も多いはず。

こちらのようにカウンターにちょっとした棚を足せば、程よく手元を隠すことできますよ。


 

korenankore72

加熱機器やシンク台と同じ高さのカウンターなら、食事を運ぶときなど効率よく渡せそうですよね。

カウンター下にゴミ箱などちょっとしたものを置くと、スペースを効率よく使えそうです。


 

masumi_04

こちらは、ゆったりとした大きなコの字型のキッチンです。

幅が広く、奥行きもある大きなL字に配置されたカウンターが見事で、自宅というよりもカフェのよう。家具や壁一面の木目が美しいですね。


 

pink.m.k

キッチンカウンターは、コミュニケーションを重視する方にはもってこいの間取りですが、手元までオープンになるので集中できないということも。

フェイクの窓をカウンターにつければ手元も隠れますし、インテリアの見栄えもUPします。


 

usan.22

キッチンカウンターがあったら、どんな使い方をしますか?

できたての食事を渡しやすいのはもちろんですが、季節の花を飾るスペースとhして使うのも素敵ですよ。

白×グリーンなどテーマカラーを決めて活けるのも良いですね。


 

ayane_ciel

キッチンカウンターにフェイク窓を取り付けて、キッチン、ダイニング、リビングの空間を分けたような演出に。

壁ではないのでお互いの気配を感じつつ、それぞれの空間で集中することができますね。


 

人気急上昇中のキッチン収納スペース、パントリー

kaoriiii.1196

こちらのパントリーはアールのかかった特別な壁の中にあり、とても洒落た作りになっています。

パントリーのスペースをたっぷり取るなら、こういったおしゃれな間取りを提案するのも良いですね。


 

 

emiyuto

最近の間取りは、食器棚や調味料棚を置くスペースを作るよりも、パントリーを作る方が人気があるようです。

無印のファイルケースなどを使えば、パントリーの中もスタイリッシュに収納できますね。


 

yuuko0217

キッチンダイニングの奥に見えるパントリー。

キッチンとは別室にパントリーを設ける場合、キッチンからの移動が楽なようにスライドドアにするのが最近の人気なんだそうです。


 

k.h.s.0906

パントリーを冷蔵庫の奥に設置した間取り。パントリー内に、90度に交差させた棚を作って奥行きを有効利用しています。

ゴミ箱などもパントリー内に隠してしまえば、キッチンがすっきりしますね。


 

reiya_14

こちらは、パントリー内のインテリアコーディネートを楽しんでいる実例。かごやストレージケースを素敵にレイアウトしています。

ジャストサイズのラグを敷くことで、パントリーでも落ち着けるようなおしゃれな空間に。


 

flower_mont

キッチンの奥にパントリーを設置し、出入りしやすいようにあえてドアは付けない間取りに。

壁面に付けた棚には、雑貨などを飾ってギャラリースペースに。


 

yuuko0217

こちらのパントリーはランドリールームと共用です。洗濯機の上は収納がなかなか難しいので、こうして可動棚を取り付けるのは良いアイデアですよね。

家事動線の効率が良い間取りになっています。


 

rika.i.house

パントリーと棚を、隣り合わせに使っているこちらの実例。ドアの色は壁と同じ白色を使っているので、部屋もすっきりして見えます。

パントリーは冷蔵庫の近くに置くのが、やはり使い勝手が良さそうですね。


 

usagi.works

パントリーの中に食器棚を置いているので、カウンターキッチンの後ろがとてもすっきりとして、モダンな雰囲気があります。

パントリーの中には温かみのある照明があり、木目の棚ともよく馴染んでいますね。


 

simple0120

こちらは食器棚を置く代わりにパントリーのスペースを設け、スライドドアを付けて広々とした印象に。

パントリーの奥の壁紙をドット柄にすることで、ドアを開けると素敵なアクセントが飛び出します。


 

ダイニングキッチンの間取り実例

kanaria_ouchi

キッチンとダイニングを真っ直ぐに並べた例。縦長のお部屋を広々と使っていますね。

部屋の間取りの真ん中にキッチンとダイニングがあるので、部屋を真ん中で分けたようなユニークな作りになっています。


 

 

neko_musume

こちらは、キッチンに対してT字になるようダイニングテーブルを設置。

小さなお子さんがいて、キッチンの近くから離した方が良い場合におすすめのレイアウトですよ。


 

tomachia

キッチンカウンターの壁の一部がニッチ棚になっていて、リビングの雰囲気とよく合っています。

ダイニングをニッチ棚のカウンターよりも奥に設置することで、キッチンダイニングとリビングの空間を分けていますね。


 

aym_1006

ダイニングテーブルとキッチンの方向を揃えて設置。

キッチンとダイニングの間に幅を取り、色味も変えているので、同じ部屋でもはっきりと空間が分けられている印象を与えています。


 

kitchenarrange

キッチンカウンターの下に収納がたっぷりある実例。ダイニングテーブルを少し離してレイアウトすると、使い勝手が良くなりますね。

収納扉の思い切った黒がとってもかっこいい空間です。


 

hukurou2128

細長いテーブルをカウンターキッチンに沿うように設置すると、キッチンとダイニングに一体感があるレイアウトになりますね。

大きなソファを置くことでリビングもスペースが仕切られたようになり、それぞれの空間を楽しめます。


 

まとめ

キッチンの間取りをタイプ別に、また最近人気のあるパントリーやダイニングキッチンの素敵な実例ご紹介させて頂きました。

使う方の価値観によって、使いやすい間取りは変わってきます。

調理に集中したいから壁付けキッチンが良いのか、収納をたっぷりにするためにパントリーを作る方が良いのか、食べる人とのコミュニケーションを重視したオープンキッチンが良いのかなど。

自分に使いやすいキッチンを考えるとき、こちらの記事が参考になれば幸いです。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。