GUのカーディガンコーデを色別に大特集♪プチプラで春夏コーデを着回しちゃおう♡

GUのカーディガンは色展開も豊富で、毎年色んな形のものを出していますよね。定番のシンプルなカーディガンから、華やかさの感じられるカーディガンまで色々と出ているので、どれを買おうか迷ってしまうほど。今回は、そんなGUのカーディガンを使ったコーデを、色別にたっぷりご紹介してきます。

公開日:
著者:
GUのカーディガンコーデを色別に大特集♪プチプラで春夏コーデを着回しちゃおう♡

GUのカーディガンは色展開も豊富で、毎年色んな形のものを出していますよね。

定番のシンプルなカーディガンから、華やかさの感じられるカーディガンまで色々と出ているので、どれを買おうか迷ってしまうほど。

今回は、そんなGUのカーディガンを使ったコーデを、色別にたっぷりご紹介してきます。

白系のカーディガン

GUのロングカーディガンは、どんな着こなしにもピッタリなアイテムになりますよ。

デニムで統一したカジュアルなコーデには、フェミニンさをプラスするアイテムとして取り入れることができますね。


 

 

フリンジが今どきなサッシュベルトが目を惹くコーデには、柔らかい質感のロングカーディガンがマスト!

足元をポインテッドトゥにすることで、辛口な印象もプラスされたスタイルになります。


 

ザックリとした質感のカーディガンや、ワッフル地のカーディガンなどは、オフィスライクなコーデのフェミニンなアクセントにもなりますね。

ヒールのある靴にすることで、よりレディな印象のコーデになります。


 

ボーダーのカーディガンを取り入れるときは、肩にかけるようにすると、こなれた着こなしになりますよ。GUのボーダーカーディガンは、寒くなってきたらそのまま羽織っても、カジュアルに決まるアイテムになります。


 

ダメージジーンズなどのカジュアルなアイテムをレディライクに着こなしたいときは、白のカーディガンの前を開けて着るのがオススメ!

白のカーディガンがフェミニンな印象をプラスしてくれるので、ダメージジーンズのマニッシュさを程よく抑えてくれます。


 

赤のトップスが女性らしいコーデには、ふわっと羽織るスタイルがgood!

定番のシンプルなカーディガンでも、袖を通さずに羽織るとこなれた印象で着こなすことができますね。


 

GUの小花柄ガウンカーディガンは、レディカジュアルなコーデにしたいときはピッタリのアイテムですね。

かごバッグをあわせると、よりトレンドライクなスタイルが完成します。


 

GUのレースカーディガンは、春夏の羽織ものとして大活躍するアイテムになりますね。

裾がフリンジのようになっているので、フェミニンな雰囲気のレースカーディガンでも、程よくカジュアルに取り入れることができますよ。


 

ザックリと羽織るようにレースカーディガンを取り入れると、エレガントすぎないラフな着こなしになりますね。

カーディガンとバッグ以外の物は色を濃い目にすることで、より白のレースカーディガンが映えますよ。


 

モノトーンやネイビーのシックなスタイルに、白いレースカーディガンを組み合わせたエレガントなコーデ。

モノトーンなどの暗い色をメインにすると、カーディガンのレースの模様がキレイに透けるので、質感が際立ってフェミニンさが強調されますね。


 

黒系のカーディガン

定番シンプルなGUのカーディガンの前を閉めて、ニットのように取り入れるコーデも。

裾をインすると、よりトップス感が出る印象になりますね。

このように着るときは、UネックのタイプよりもVネックのタイプの方が、フェミニンに着こなすことができますよ。


 

 

センタープレスのついたワイドパンツとの組み合わせは、フォーマルさも感じさせる着こなしになりますね。

カーディガンを閉めると深めのVネックになるので、女性らしい雰囲気が感じられるスタイルに。


 

ラフなスタイルのコーデにしたいときは、ボーダーのシャツとカーディガンの組み合わせも◎

袖の裾からボーダーが見えるようにカーディガンを着ると、こなれた印象もプラスすることができますね。


 

白とベージュのフェミニンなコーデには、黒のカーディガンが全体を引き締めてくれますね。

GUの定番カーディガンは、どんなスタイルのファッションにも取り入れやすいので、色違いで買うのもオススメですよ。


 

緑のパンツが目を惹く大人っぽカジュアルなコーデも、黒のカーディガンを取り入れるとシックな着こなしになりますね。

足元はピンヒールにすることで、より女性らしい雰囲気のスタイルが完成します。


 

メンズライクな印象のワイドパンツとあわせるときは、オーバーサイズなカーディガンで全体的にゆるい着こなしをしてもステキですよ。

カーキとモノトーンの組み合わせなので、甘さのないクールな雰囲気にもなりますね。


 

白と黒のモノトーンだけで組み合わせたコーデでも、レーススカートが華やかさをプラスしてくれます。

前を開けてカーディガンを着ることで裾が広がり、柔らかさも感じられるスタイルになりますね。


 

黒のカーディガンの前を全部閉めて、黒一色で揃えたクラシカルなスタイルです。

黒のみのファッションは重たげなイメージがありますが、キャップやトートバッグで軽さを出しているので、カジュアル感も感じられるコーデになっています。


 

カーディガンをニットのように着こなすときは、キャミソールやタンクトップを中に着ないで取り入れるようにすると◎

深めなVネックがヌケ感を出し、デコルテをキレイに見せてくれますよ。


 

ピンクのボトムを取り入れたいときは、トップスを暗色のカーディガンにするのがマスト!

黒のパッキリした色がボトムの甘さを抑え、シンプルなコーデに表情を出してくれますよ。


 

黒のレースカーディガンと組み合わせるときは、明るめのコーデに取り入れるのもオススメですよ。

レースの透け感が、重たげな黒でも軽やかな印象をプラスしてくれるので、大人カジュアルな着こなしを実現してくれますね。


 

黒のレースカーディガンとあわせると、カーキのクラシカルさがより感じられますね。

レースカーディガン以外はナチュラルな雰囲気のアイテムにすると、程よくバランスのとれたスタイルが完成しますよ。


 

赤のロングスカートがレディライクなコーデも、黒のレースカーディガンで甘さとシックさをプラスすることができますよ。

スカート以外を白と黒でまとめることで、より赤の華やかさが感じられるファッションに。


 

スポーティーなメンズライクファッションも、レースカーディガンを羽織るだけで一気にチャーミングな雰囲気になりますね。

モノトーンでまとめているので、レースをプラスしても甘くなりすぎないスタイルが完成します。


 

落ち感のあるトラッドなオールインワンのアクセントにも、黒のレースカーディガンが活躍しますよ。

がごバッグは編み目がこったタイプのものにすると、レースの質感となじんでこなれた印象をプラスできますね。


 

フェミニンなレースのロングスカートにあわせるときは、シンプルな定番カーディガンにするとクラシカルに決まりますよ。

ボトムが華やかなタイプのものなので、トップスはシンプルなニュアンスのものにすると、メリハリのあるコーデが完成します。


 

同じような組み合わせでも、ボーダーのトップスとスニーカーに変えるだけで一気に大人カジュアルな雰囲気に。手持ちのアイテムにチョイ足しするだけで、印象をガラリと変えられるのは嬉しいですよね。


 

ボーダーのカーディガンを肩巻きスタイルにして、コーデのアクセントにする方法も。袖をゆるく結ぶんで垂らすことで、ネクタイのようなニュアンスを作ることもできますね。


 

その他のカラーのカーディガン

ネイビー系

ネイビーのカーディガンは、黒よりも少し軽さを感じさせるアイテムになりますね。

ネイビーと相性の良いブラウンと組み合わせると、クラシカルなオフィスライクコーデになりますよ。

更に軽さを出したいときは、淡い色の差し色アイテムをプラスするとgood!


 

 

シャツの上からゆるくカーディガンを羽織ることで、柔らかい印象をプラスすることができますね。

全体的に青みのあるコーデなので、爽やかさも感じさせるスタイルになっています。


 

ピンク系

淡めのピンクカーディガンは、これからの季節に着回したくなる大人カワイイアイテムの1つですね。

甘さを抑えたいときは、辛口なチェーンバッグなどをプラスするのもオススメです。


 

ピンクカーディガンをシックに着こなしたいときは、ボトムを黒のロングタイプのものにするのが◎

モノトーンの面積が大きくなると、ピンクの甘さが控えめになるので、大人な着こなしをすることもできますよ。


 

フェミニンさを強調したいときは、柔らかい色合いのアイテムを取り入れるのがマスト!

甘すぎないように、グレージュやチャコールなどのアイテムで柔らかさを出すのがオススメですよ。


 

スカートと合わせて大人フェミニンなスタイルにしたいときは、カーキなどのダークトーンのスカートとあわせるとgood!

ピンクとカーキの組み合わせは、大人なくすみ感もプラスしてくれるオススメな組み合わせですよ。


 

赤系

赤のカーディガンはカジュアル感の強いアイテムになりますが、インスタイルにしてヒールのある靴とあわせるだけで、大人っぽいスタイルが完成しますよ。

明るい色のカーディガンは、顔まわりも明るくしてくれますね。


 

 

少しマニッシュ感のあるストレートデニムでも、赤のカーディガンを取り入れることでレディライクなコーデになりますね。

バスケットのようなかごバックが、シンプルなコーデにトレンドライクさをプラスしてくれます。


 

グリーン系

緑のカーディガンは、コーデにオシャレなアクセントをプラスしてくれるアイテムになりますよ。

シンプルにデニムとあわせるだけでも、おしゃれ上級者のような印象のコーデになりますね。


 

暗めの緑のカーディガンは、カジュアルなコーデにクラシカルな印象を与えてくれます。

ロングにすることで落ち着きのある色がより感じられ、知的な雰囲気も感じさせるスタイルになりますね。


 

イエロー系

レモンイエローのような明るい色のカーディガンを、肩巻きスタイルで羽織ることでこなれた印象のコーデに。

肩巻きスタイルは、カーディガンをちょっとした差し色として取り入れることができるスタイルになりますね。


 

デニムとシャツのシンプルなコーデには、黄色のカーディガンでカジュアル感を更にアップさせるのも◎GUには落ち着いた芥子色に近い色のカーディガンもあるので、自分の好みの黄色をコーデに取り入れることができますよ。


 

グレー系

グレーのカーディガンをオーバーサイズで取り入れると、ふんわりフェミニンな印象のコーデになりますね。

モノトーンの中にピンクのバッグで差し色をプラスすると、よりガーリーな雰囲気をつくることができますよ。


 

クラシカルな大人コーデにしたいときは、グレーのカーディガンをシンプルに着こなすのもgood!

差し色は深みのある色にすることで、よりエレガントさがアップするスタイルが完成しますね。


 

カジュアルなスタイルにしたいときは、ロングカーディガンをサッと羽織るのも◎

ゆるめなシルエットのトートバッグとあわせると、よりルーズな印象のコーデにすることができますね。


 

カジュアルながらもキチンと感を出したいときは、ニットのようにカーディガンを着るのがオススメです。

足元をピンヒールのものにすると、より大人の女性らしさがアップする着こなしに。


 

白に近いグレーのロングカーディガンも、真っ白なトップスとあわせることでニュアンスのあるコーデが完成します。

微妙に色合いの違うアイテムをあわせているので、全体に表情が感じられるスタイルになりますよ。


 

シックなロングスカートにも、グレーのカーディガンは相性バツグンです。

クラシカル過ぎないコーデにしたいときは、足元をスニーカーなどでカジュアルダウンするのがオススメですよ。


 

ブラウン系

ブラウンのカーディガンは、ほんのり甘さをプラスしてくれるアイテムになりますね。

ダメージデニムがマニッシュな印象のコーデも、ブラウンのロングカーディガンで柔らかさを感じさせてくれます。


 

 

ダボッとしたボトムと、ロングカーディガンのゆるさがマッチしたリラクシーなコーデ。

アクセサリー代わりにサングラスを胸元にかけると、休日感がよりアップする着こなしになりますね。


 

ボーダーのトップスとデニムがプレインなコーデも、ブラウンのカーディガンが甘さをプラスして女性らしさを感じるスタイルに。

袖を結んで羽織ると、胸元にアクセントがついてこなれた印象になりますね。


 

個性的な柄パンツも、ロングカーディガンとあわせると落ち着きある印象のコーデに。

全て同じ系統の色合いで統一しているので、全体的にまとまりを感じられるファッションになっています。


 

まとめ

いかがでしたか?GUのカーディガンは、色んな形と色が揃ったオススメファッションアイテムになります。プチプラなので、気に入った形を色違いで複数買う人も多いんですよ♪

今年の春夏コーデには、是非GUのカーディガンをプラスして着こなしてみてはいかがでしょうか?

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
内容について運営スタッフに報告