【連載】塗らずに貼ろう!100均セリアの木製ティッシュボックスケースをおしゃれにリメイク!

今回は、100均の木製ティッシュボックスケースをステンシルではない方法で簡単にかっこよくリメイクします。一見、どうやってリメイクしているかわからない仕上がりなりますよ。

公開日:
著者:
【連載】塗らずに貼ろう!100均セリアの木製ティッシュボックスケースをおしゃれにリメイク!

今回は、100均の木製ティッシュボックスケースをステンシルではない方法で簡単にかっこよくリメイクします。

一見、どうやってリメイクしているかわからない仕上がりなりますよ。

塗るのではなく貼る手法

100均(セリア)の木製のティッシュケースは無塗装でリメイクしやすい材質です。

これを塗るリメイクではなく、貼っていきます。


 

 

材料

木製のティッシュボックスケース 1個

お好みのポスターか包装紙 (サイズA3以上)

ワックス(ニッペ Vintage Wax クリア・チーク)


 

ポスターをカット

各面に合わせてポスターのお好みの部分をはさみでカットします。(底面以外)


 

貼る


 

水で薄めた木工ボンド(速乾)を切ったポスターの裏側に垂らして、全体にのばし、素早くボックスの面に合わせて貼ります。


 

布でしっかりとしわを伸ばすようにこすります。


 

更にドライヤーで乾かしながら、布でこすります。これで、しわが無くなりました。


 

紙ヤスリで角を中心にヤスリをかけます。ヤスリをかけると余分な紙が切れていきます。


 

取り出し口もこのように際で綺麗に切れます。


 

木と紙の際の部分は念入りにヤスリがけをして馴染ませます。


 

角の部分はこのように少しプリントが剥がれた感じなります。


 

 

仕上げの塗装

上からコーティング塗装をします。

ジェル状のオイル系塗料もしくはワックスがよいです。

今回はニッペ ビンテージワックスを塗ります。


 

最初はクリアを塗ってから木部や角を中心にチークを塗ります。

一色でもできますが、色の濃淡の調整をしたい時は2色使いがお勧めです。


 

完成

完成です。ワックスやオイル系の塗料は塗りたては臭いがきついので、よく乾かしてから使いましょう。


 


 


 


 


 

ちょっとしたテクニックを使って、オリジナルにリメイクしてみてくださいね。


 

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
掲載商品の在庫については各店舗にご確認ください
内容について運営スタッフに報告