ズボンはどうやって収納する?お手本にしたいズボン収納アイディア51選☆

ズボン収納アイディア特集!クローゼットの収納は、アイテムが増えがちでなかなか整理整頓できないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?またどんな収納方法があるのかわからないという方もいるかもしれませんね。そこで今回は、すっきりとズボンの収納をしている実例や便利なアイテムなどをご紹介します。

公開日:
著者:
ズボンはどうやって収納する?お手本にしたいズボン収納アイディア51選☆

ズボン収納アイディア特集!

クローゼットの収納は、アイテムが増えがちでなかなか整理整頓できないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

またどんな収納方法があるのかわからないという方もいるかもしれませんね。

そこで今回は、すっきりとズボンの収納をしている実例や便利なアイテムなどをご紹介します。

吊り下げ型のズボン収納

ズボンを収納する一番オーソドックスな方法の1つは、こちらのようにハンガーを使ったものですよね。

長いズボンであればこちらのように、トップスをかけるハンガーにかけて収納することができます。

こちらではそれぞれのスペースにあわせやすいトップスとズボン、そしてシューズを分けて収納しているアイディア。コーディネート選びが楽になりそうですね。


 

 

Katarina Olsson

出典:instagram.com

こちらではトップスとズボン、シューズを別々に収納していますね。2段に分かれているクローゼットの上にはデニムを、下にはそれ以外のズボンをとアイテム別に収納をしています。


 

YOU(ゆう)

出典:instagram.com

こちらはカラー別に分けてズボンを吊り下げていますね。

スーツなど、組み合わせを検討するときには、こちらのようにカラー別になっていると選びやすいので、オフィスコーデのアイテムを収納しておくのにぴったりのアイディアです。


 

[TIMELESS COMFORT] tower (タワー) コートハンガー ワイド

8,424円

オフィスアイテムなど、よく着る服だけをこちらのようなハンガーラックに掛けて収納しておくのもいいアイディア。 こうしておくことでゆとりのある収納スペースを作り、洋服にシワができたり、こすれあったりすることを防げるんですよ。

 

YOU(ゆう)

出典:instagram.com

トップスと同じハンガーを使うと長いズボンを半分の長さにすることができるので、クローゼットの下に収納ケースを置くこともできます。

よく着るズボンはハンガーにかけて収納し、あまりはかないズボンはたたんで収納ケースに入れて置くなど仕分けもできますね。


 

収納アイテムを販売しているショップやコーナーを見ると、ズボンなどボトムをかける専用のハンガーも販売されていますよね。

こちらは片方がオープンになっているハンガーで、ポールからはずさなくてもズボンが取り出すことができる形になっていますよ。


 

こちらのようなボトム専用のハンガーには、滑り止めの加工がされているものが多いので、ズボンをかけたまま持ち運んでもずれにくくて、とても便利なんですよ。

短め丈のボトムでも落ちる心配が少ないのは、うれしいですね。


 

瀧本真奈美(lovelyzakka)

出典:instagram.com

こちらはピンチでボトムをはさんで収納するタイプのハンガー。この形のハンガーならショートパンツやスカートなども収納しやすいですよ。折りじわができにくいのもうれしいポイント。

さらにこちらのハンガーはフックで連結することができるので、1着のスペースに何着ものズボンを収納することができますよ。


 

 

Mana

出典:instagram.com

こちらはショップのような雰囲気のオープンクローゼット。低いポールにあわせてズボンなどを短くかけて収納していますね。

長さをそろえて収納しておけば、見た目にもすっきりするのでオープンクローゼットにおすすめの方法です。


 

natsu._.log

出典:instagram.com

こちらは先ほどと反対に、長いボトムをそのままかけて収納している実例。

下に置く収納ケースの位置を工夫することで、デッドスペースを作らずに収納していますね。

クローゼット内に余裕があると服にシワができにくくて、服をきれいに収納して置くことができますよ。


 

masumi

出典:instagram.com

こちらは同じようにピンチを使ったズボン収納ですが、ピンチのある上の部分がホワイトで木製なので、他のハンガーと一体感が出ますね。

ハンガーがおしゃれだと洋服を収納するのが楽しくなりそうです。


 

こちらでは、低いポールの高さにあわせて長いズボンのおしりの部分をピンチではさんで収納しています。ここなら折りじわなどが気になりづらいので安心ですね。

高さがないクローゼットしかないというときには、このアイディアを試してみましょう。


 

こちらはトップスと一緒にズボンを収納しておけるハンガー。スーツやセットアップなど、一緒に収納しておきたい洋服をかけるのにぴったりのアイテムですね。

スペースもとらないのがうれしいポイントです。


 

こちらはズボン専用の収納アイテム。収納棚に付属されているアイテムなので、引き出して使った後はきちんと収納棚に収まるんですよ。

これから家や収納を作ろうという方におすすめのアイテムです。


 

こちらは引き出しのような形のズボン収納。こちらの形ならホコリなどがかかりづらいので、ズボンをきれいに収納しておけますね。

上からかけて上から引き出せる方式の収納アイテムは、洋服に負担をかけないのでズボンが長持ちしそうです。


 

ehami(えはみ)

出典:instagram.com

デニムなど1度はいただけでは洗濯しないアイテムの収納は、クローゼットに戻すわけにも行かないので困ってしまいますよね。

そんなときには、こちらのようにハンガーフックなどに引っ掛けて収納するのがおすすめ。ベルトループにS字フックを付けたり、そのままフックにかけたりと簡単に真似ができるアイディアです。


 

整理収納アドバイザーmiyo

出典:instagram.com

こちらはS字フックを使ってデニムを収納しています。引っ掛けるスペースは、クローゼットのサイドなどいろいろな所に掛けられるので、S字フックさえ用意すれば他にアイテムなどを必要としないところもうれしいですね。


 

仮置き用や着用済みのズボン収納に活躍するラダー

[TIMELESS COMFORT] tower (タワー) ラダーハンガー

4,860円

先ほどのデニムのようにもう一度着たい服の仮置きに使えるのが、ラダー。壁面に立てかかるだけで収納が作れるので、人気のアイテムですよね。 こちらを使えば、スーツのズボンなどシワをつけたくないズボンを、きちんとかけておくことができますよ。

 

 

市販のラダーでは、置きたいスペースのサイズに合わないという場合には、DIYしてみるのもおすすめ。

こちらのように木材とアイアンを組み合わせて作ってもいいですし、木材だけで作ってもナチュラルでいいですよね。


 

journal standard Furniture

出典:instagram.com

ラダーをいくつかつなぎ合わせたような形のアイテムなら、自立してくれるアイテムもあるので、壁面に立てかけなくても使えますね。

自作のラダーを蝶番などでつなげて、衝立のような形にするとさらに便利な収納が作れそうですね。


 

棚を使ったズボン収納

ここからは、ズボンを折りたたんで棚に収納している実例をご紹介します。

こちらは、ウォークインクローゼットに取り付けた棚にズボンを収納している実例。デニムやチノなどカジュアルに使うアイテムなら、少しシワができても大丈夫なので、こちらのような方法はスペースをとらない便利な収納ですよ。


 

yyuuuuri…e

出典:instagram.com

こちらもウォークインクローゼットに取り付けた棚を使った収納。ズボンだけでなくセーターなど、ハンガーにかけて収納できないアイテムと一緒に収納していますね。


 

ショップ風のオープンクローゼットでも棚を使ったズボンの収納は便利ですね。

シャツやトレーナーなどを並べて収納しておく方法は、コーディネートを考えるときにもいろんなアイテムを比較できるので、便利ですね。


 

yu_akashi

出典:instagram.com

こちらは突っ張り型の収納アイテムを使って作ったオープンクローゼット。上部にトップスやアウターをかけて、下にはトレーナーやズボンを収納しています。

メインのクローゼットだけでなく、こちらのようなクローゼットがあれば、いつも着る服や今シーズンのアイテムだけを収納しておけますよ。


 

こちらはウォークインクローゼットの中に作られた収納棚。アイテムによって収納するアイテムによって高さを変えている収納棚は、とても使い勝手がよさそうですね。


 

実は、こちらのように引き出せる収納棚なんですよ。これなら奥に入れたアイテムも簡単に取り出すことができますね。

しかもたたんだズボンを積み重ねて収納することがないので、きれいに収納しておけますよ。


 

?北欧/シンプル/暮らし/インテリア?

出典:instagram.com

こちらはカラーボックスを使った、真似しやすいアイディア。

カラーボックスの中も奥行きがあって奥のアイテムが見づらいということもありますが、こちらのように収納用のケースを入れておけば取り出して見やすいですね。

ニトリなどでは、カラーボックスに取り付けることができる引き出しレールが販売されているので、インボックスなどとあわせて、自作の引き出し収納にしてもいいですね。


 

衣類用収納ケースを使ったズボン収納

murakami☺︎

出典:instagram.com

トップスやアウターがたくさんあるので、ズボンまでかけて収納するのは無理という場合には、衣装ケースなどの収納アイテムを使って収納するのがおすすめ。

こちらではクローゼットを上下に分けて、上にはハンガーにかけたトップス、下には引き出し式の衣装ケースに収納したズボンと下着という風に分けて収納しています。


 

 

引き出し式の衣装ケースを上手に使うポイントは、中に入れる衣類の高さを合わせてたたんで、立てて収納すること。こちらのようにブロック分けして収納するとよくわかりますね。


 

こちらでは、100均で手に入るプラスチックバスケットを使って、アイテムを分けて収納しています。この方法なら中のアイテムが少なくなっても、衣類が倒れないので、きれいな収納を保つことができますよ。


 

整理収納アドバイザーmiyo

出典:instagram.com

半透明な素材の衣装ケースなら、中に入れているもののカラーや大きさがわかるので、同じ収納ケースをたくさん並べても、どこに何があるのかわかりやすいですね。

透けて見えるのが嫌という場合には、画用紙や厚紙などでカバーしてあげましょう。


 

Eri * 彩り住まい

出典:instagram.com

こちらは、ワイヤーバスケットが引き出しになっている収納アイテム。

クローゼットに湿気がたまりやすいなど、湿度が気になる場合にはこちらのように通気性のいいアイテムを使って収納するのがおすすめですよ。


 

瀧本真奈美(lovelyzakka)

出典:instagram.com

こちらもワイヤーバスケット型の引き出し首脳にズボンを入れているアイディア。

ワイヤーバスケットの目の間から中に入れているものが見えますが、きちんとたたんでおくことによって、乱れが気にならないので、オープンクローゼットにもぴったりのアイテムですね。


 

hachi

出典:instagram.com

クローゼットの高さをフルに活用した収納アイテム。でもワイヤーバスケットだと圧迫感が少ないのがうれしいですね。

このアイテムならデッドスペースが少なくなるので、クローゼットの中を有効利用できますよ。


 

おユキ

出典:instagram.com

こちらは引き出して使えるタイプの収納アイテム。この形ならいつもの着替えのときだけでなく、掃除のときや衣替えのときにも収納自体を取り出酢ことができるので、とても使い勝手がいいんですよ。

奥のアイテムもきちんと管理できるのがうれしいですね。


 

瀧本真奈美(lovelyzakka)

出典:instagram.com

こちらはワゴン式の収納アイテムを使っているアイディア。こちらも収納自体を取り出すことができるのが便利そうですね。

ワゴン式の収納は、よくキッチンなどで使用されていますが、クローゼットや脱衣所など様々な場所で活用できるんですよ。


 

収納ボックスを使ったズボン収納

[haco!] シミリキュイール・ストレージボックスL

2,376円

こちらはクローゼットの中で活用できる収納ボックス。見た目がかっこいいので、オープンクローゼットなど人目につく場所においてもいいですね。 ここからは、こちらのような収納ボックスやバスケットなどを使用した収納をご紹介します。

 

?北欧/シンプル/暮らし/インテリア?

出典:instagram.com

子どもの衣類を収納しているアイディア。

こちらではIKEAの収納ボックスを使っているのですが、子供用の小さな洋服なら、100均で販売されているプラスチックボックスでも入れられるので、よりリーズナブルな収納を作ることができますよ。


 

Kumiko Fujishiro

出典:instagram.com

U.S.MAILと書かれた収納ボックスは、それぞれにキャスターがついているので、たくさんのズボンを入れても引き出すのが楽にできますよ。

引き出すときに便利な持ち手つきなのもうれしいですね。


 

手持ちの収納ボックスを利用したいけれど、キャスターがついていないというときには、こちらのようなアイテムを作ってみるのもおすすめ。

持ち手を付けてボックスを一気に引き出すことができるこちらのようなアイテムは、いろいろな場所で活躍してくれそうですね。


 

journal standard Furniture

出典:instagram.com

こちらはクローゼットの中にふた付きの収納ボックスを入れています。紙製のボックスは軽くて使い勝手がいいアイテムで、プラスチックは丈夫なのがメリットのアイテム。

よく着る服は上の紙製のボックスに、季節違いのアイテムは下のプラスチック製にと分けて収納すると便利ですよ。


 

yuko

出典:instagram.com

こちらはワイヤーバスケットを使ったズボン収納。ワイヤーバスケットは通気性がいいので、湿気が気にならないのがいいですね。

衣料品の仮置きや一度はいたズボンを入れるのに使うなど、いろんな収納に使えるアイテムです。


 

子供のズボンを収納するアイディア

ehami(えはみ)

出典:instagram.com

こちらからは、子どもの使い勝手がいいように考えられているズボン収納をご紹介します。

子供の衣料品収納ではオープンクローゼットを使うと、自分で服を探したり着替えたりするのが楽になるのでいいですよ。

こちらでは同じハンガーを使ってトップスとズボンを収納しているので、見た目が統一されてすっきりとしています。


 

 

こちらはIKEAの棚受けを使ってハンガーラックと取り付けているアイディア。あまり多くのアイテムがあると子どもには管理しにくいものですね。

そこで、こちらにかかるアイテムだけを使ってコーディネートするようにすると、子供も大人もストレスの少ない収納になるんですよ。


 

ehami(えはみ)

出典:instagram.com

こちらでは、まるでショップのような雰囲気でズボンを並べて収納しています。

トップスやアウターだけをハンガーでかけて、その下の棚によく着るズボンを3つだけ置いておくというのは、子供にとってものが見つけやすい収納を作るという面で、とても有効ですね。


 

ゆうこ

出典:instagram.com

こちらもショップ風のオープンクローゼット。

限られた数のトップス以外はすべて棚にたたんでおいていますが、アイテムごとに棚を変えているので、子供でもどこに何があるのかを把握しやすいクローゼットになっています。


 

厳選したアイテムだけを出して収納しているアイディア。着用頻度が少ない服はしたの紙製ボックスに入れておいて、使うときにだけ出して使うようにすることで、すっきりと整理整頓されたクローゼットを作れますね。


 

かな

出典:instagram.com

こちらはワイヤーシェルフを使った子供用のクローゼット。

子供の手がとどきにくい上部にはボックスに入れた季節違いのアイテムを入れて、下の方にはハンガーにかけたトップスと、ボックスに入れたズボンやスカートが収納されています。

スペースを有効活用しつつ、子供が使いやすい収納にしていますね。


 

かな

出典:instagram.com

先ほどの収納で使われていたラベルは、お母さんの手作り。子供それぞれにカラーを変えて作っているので、どちらが誰のものかすぐにわかりますよね。

イラストとひらがなを使っているのも、わかりやすいポイントです。


 

yuka

出典:instagram.com

英語でアイテム名が書かれたラベルは、子供が英語に興味を持ってくれる機会も作れそうですね。しかも英語表記のラベルなら、他の人の目に触れる場所にも使っても大丈夫ですね。


 

Y a m a n o u c h i R i e

出典:instagram.com

こちらは子供の名前とアイテムのイラストを描いている衣装ケース。ホワイトボード用のマーカーを使っているので、子供の成長に合わせて書き換えも可能ですよ。


 

ズボン収納アイディアまとめ

様々なズボンの収納方法をご紹介しました。

クローゼットや衣料品の収納方法は、なかなか他の人と比べることができないので、自己流で収納してしまいがちですが、今回のようにさまざまな収納方法を知っていれば、家の収納スペースや収納アイテムそして家族構成などによって、収納方法を工夫することができますね。

ぜひ今回の内容を参考に、すっきりとしたズボンの収納にチャレンジしてみてくださいね。

こちらもおすすめ☆

掲載商品の在庫については各店舗にご確認ください
内容について運営スタッフに報告