衣類収納のお悩み解決!クローゼットを整理して無駄を減らそう

後回しになってしまいがちなクローゼットなどの収納スペースですが、見直してみるとかなり無駄があったり効率の悪い使い方をしてることも。収納が使い勝手の良いものになると、モノを減らすことにつながったり、本当に必要なものが見えてきたりといいことがいっぱい♪収納上手なインスタグラマーさんの活用術を参考にしてみましょう。

公開日:2018/02/19
著者:
衣類収納のお悩み解決!クローゼットを整理して無駄を減らそう

著者名

anko

anko

インテリアもファッションもベーシックアイテムに少しトレンドを加えたスタイルが好きです。興味のあることを自分らしく発信していきたいと思っています。

後回しになってしまいがちなクローゼットなどの収納スペースですが、見直してみるとかなり無駄があったり効率の悪い使い方をしてることも。収納が使い勝手の良いものになると、モノを減らすことにつながったり、本当に必要なものが見えてきたりといいことがいっぱい♪収納上手なインスタグラマーさんの活用術を参考にしてみましょう。

収納を見直して暮らしを整えよう

収納上手になれるテクニック

murakami☺︎

出典:instagram.com

衣類を長さごとに分けてハンギングして、空いたスペースに山型に収納ケースを配置。限られた収納スペースを無駄な空間を残すことなくフルに活用できていますね。


 

広告

 

letoile__life

ハンガーを揃えたり、クローゼット上の収納に同じ種類のケースを並べることで、見た目がすっきりと整った印象になります。ハンガーやケースの数を決めて、衣類をそれに収まる枚数を超えないように心がけると余計なアイテムが増えていくこともありません。


 

瀧本真奈美(lovelyzakka)

出典:instagram.com

収納力を上げるには棚や収納BOXだけではなく、『吊るす』というアイデアも。ニトリや無印良品では、用途に合わせたアイデア吊り収納を取り扱っているので、上手く活用したいですね。


 

murakami☺︎

出典:instagram.com

畳むのが苦手な人は、出来るだけハンギング率を増やすのがおすすめ。お洗濯した後もそのままクローゼットに移動できます。収納ケースには使用頻度の低い衣類や下着類、デニムなどのシワになりにくいアイテムを。


 

あゆみ

出典:instagram.com

クローゼットの中にキャスター付きのハンガーラックを入れて子供服用に。収納を作り込みすぎてしまうと、家族の成長とともに使い方が変わっていくことに柔軟に対応出来なくなります。移動しやすいアイテムで揃えるのも、収納上手への近道。


 

子供服の収納方法

子供専用のクローゼットは、自分で管理できるように今使っているものだけを入れるのがポイント。制服やアウターなどのシワになりやすいアイテムのみをハンギングして、朝の着替えはひと目でわかるように1箇所にセット。子供が朝、慌てずに自分で用意をする習慣がつきます。


 

Miyoko

出典:instagram.com

こちらは同じクローゼットの夏休みなどの長期休み時の使い方。学習デスクの横にかけているランドセルや、学校から一時持ち帰ってくる道具をクローゼットの中に収納。そうすることで、休み中に学校のものを混在させずに整った部屋を維持できます。


 

ehami123

まだ小さい子供の洋服は飾っておきたいくらいかわいい♪アパレルSHOPをイメージしたおしゃれなオープン収納で、インテリアの一部として楽しむのも◎


 

Saori Araki

出典:instagram.com

丈のある衣類は一箇所にまとめてクローゼットのハンギングバーを2段仕様に。下の段を子供専用にして、収納力アップ!突っ張り棒などでも真似できるアイデアです。


 

yuka

出典:instagram.com

いつかは自分の部屋で一人で準備して欲しいけど、まだまだ子供はリビングが中心の生活。そんな時は身近な収納の隙間を使って、毎日使う制服やアウターを突っ張り棒でハンギング。背の低い子供にも使いやすい高さで設置してあげたいですね。


 

押入れ活用術

Y a m a n o u c h i R i e

出典:instagram.com

奥行きがあって使いにくい押入れですが、収納力は抜群!上手に活用して使い勝手の良いものにしたいですね。ハンギングバーを取り付ける時には、下段の子供服収納のように前後につっぱり棒をつける方法も。奥の方まで無駄なく使えます。


 

 

ehami(えはみ)

出典:instagram.com

雑貨や本がおしゃれにレイアウトされているのは何と押入れ!黒板壁紙を使用して、壁と一体化した雑貨屋さんのような洗練された空間。お気に入りのファッション小物や、衣類のディスプレイもよりインテリアの完成度を高める存在に。


 

ゆうこ

出典:instagram.com

階段下の不規則な形の押入れ収納。凹みの部分を利用してチェストを設置し、普段使いのアイテムを身近に収納出来る『身支度コーナー』に。カーテン仕様にすることで、開け閉め楽で急いでる朝にも使い勝手の良いスペースになります。


 

おしゃれなオープン収納

明石裕佳子

出典:instagram.com

収納が少し足りない!そんな時は、無理に詰め込んで使いにくいクローゼットにしてしまうよりも、思い切ってオープン収納を取り入れてみて♪インダストリアル風のレイアウトがインテリアに馴染んでよりおしゃれな空間に。


 

Y a m a n o u c h i R i e

出典:instagram.com

オープン収納は、余白を残して詰め込まないのがおしゃれに見せるポイント!頻度の高いレギュラーアイテムだけをハンギングしてすっきり使うことで、生活感を減らすことが出来ます。


 

Saori Araki

出典:instagram.com

オープン収納を目立ちすぎずさりげなく空間に馴染むようにする為には、衣類をインテリアのカラーに合わせてセレクトするのがコツ。


 

見た目もおしゃれに収納を楽しむ

pipicoc

出典:instagram.com

クローゼットを『収納』という概念にこだわらず、お部屋の一部としてインテリアを楽しむ空間に。ヴィヴィッドなピンクの壁紙は、並べたアイテムをおしゃれに見せてくれます。


 

pipicoc

出典:instagram.com

シャンデリアやドレッサーなど、女子がワクワクするアイテムでコーディネートした、海外の映画に出てくるようなポップでかわいいウォークインクローゼット。少し無造作なくらいがおしゃれに見える、洗練された空間ですね。


 

yyuuuuri…e

出典:instagram.com

広々ウォークスルークローゼットは、向かって左は奥行きを浅めにしておしゃれに衣類をレイアウト&パンツ収納に。右側は奥行きたっぷりの2段収納にして、空間をフルに有効活用。お気に入りの服を飾るように収納することで、圧迫感が抑えられます。


 

universtworks

カラーボックスなどを置いたスペースの上を活用してバッグをハンギング。デッドスペースをつくらないように、工夫をして使いやすい収納を目指したいですね。


 

まとめ

収納が整うと、毎日の準備や洗濯の後の片付けの手際もアップすること間違いなし!無駄なスペースを作らないように有効活用して、便利に使える空間にしたいですね。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。