衣類収納が楽になる!かさばらず見た目もスッキリするおすすめ整理整頓術をご紹介!

「増え続ける衣類をスッキリ整頓したい!」と思う方はいらっしゃいますか?ちょっとした工夫でクローゼットや押し入れなどの衣類収納スペースがスッキリ整理整頓しやすくなります。今回は、衣類をかさばらずにスッキリと収納するためのコツをいくつかご紹介していきます。

公開日:
著者:
衣類収納が楽になる!かさばらず見た目もスッキリするおすすめ整理整頓術をご紹介!

著者名

toki0128

toki0128

旅行やインテリア、アクセサリーに手芸、芸術などなど好奇心の赴くままに勉強中です。最近は10歳の愛犬とのお散歩に夢中。座右の銘は「人生万事塞翁が馬」です。

「増え続ける衣類をスッキリ整頓したい!」と思う方はいらっしゃいますか?ちょっとした工夫でクローゼットや押し入れなどの衣類収納スペースがスッキリ整理整頓しやすくなります。今回は、衣類をかさばらずにスッキリと収納するためのコツをいくつかご紹介していきます。

クローゼット内は、衣類の種類ごとに収納する場所を分けておく

中身が見やすく、取り出しやすいように種類ごとにしまう場所を分ける

MAYU

出典:instagram.com

クローゼット内の見た目をスッキリさせ、かつ整理整頓しやすくしたいのであれば、衣類の種類ごとに収納する場所をあらかじめ分けておくとやりやすいです。こちらの収納例では、ジャケットやシャツなどの羽織るものをハンガーラックにかけ、丈の長さをそろえることで、見やすく取り出しやすい収納にしています。


 

 

yuki

出典:instagram.com

こちらのクローゼット収納例では、ハンガーラックのほか、衣類収納ケースや不織布ボックスなどの収納アイテムをクローゼット内に設置することで、より明確に衣類ごとにしまう場所を分けています。また、ハンガーラックにかけるジャケットなどのカラーもそろえて収納することで、よりすっきりとした見た目にしています。


 

瀧本真奈美(lovelyzakka)

出典:instagram.com

見せる収納を意識して、クローゼット内を整理するのであれば、こちらを参考にしてみるとよいでしょう。クローゼット内にハンガーラックだけでなく、ジャケット以外の衣服を収納するスペースを作ることで、視覚的にもスッキリとし、整理整頓しやすい空間になっています。


 

Tomoyo

出典:instagram.com

クローゼット内の限られた空間を有効利用したいのであれば、こちらの収納例が参考になります。内部のデッドスペースを極力なくすようにカラーボックスや衣類収納ケースを設置することで、収納場所を増やし、きっちりと整理整頓しやすいクローゼットに仕上げています。


 

衣類収納ケースを活用して、衣類を整理整頓しやすくする

クローゼット内に設置することで、空いたスペースを有効に使える

サチ(暮らしやすさラボ)

出典:instagram.com

「無印良品」や「ニトリ」などの衣類収納ケースは、余分な飾りがなく、コンパクトですっきりとしたデザインなので、狭いスペースでも設置しやすく、押し入れやクローゼット内の空間をより有効活用できます。こちらの収納例のように衣類収納ケースを設置すれば、デッドスペースを活かした収納にすることも可能です。


 

ma*on / ミニマリスト/収納

出典:instagram.com

クローゼットなどに衣類収納ケースを設置する場合は、なるべく引き出し式のものを選び、同じデザインのものをそろえるようにしましょう。引き出し式だと収納するスペースが増え、衣類の種類に合わせて整理整頓しやすくなり、また、デザインを統一することでデッドスペースができにくくなり、見た目もスッキリとします。


 

しまい方などを工夫することで、よりスッキリとした衣類収納に

Hill

出典:instagram.com

ニットなどの衣類を収納する場合は、平置きにしまうのではなく、こちらの収納例のように立てて収納すると便利です。引き出しを開けてすぐに何が入っているのか分かりやすく、平置きよりも取り出しやすいため、着たい服を探す時間や手間が大幅に省けます。


 

maco

出典:instagram.com

また、引き出し式の衣類ケース内に仕切りを作ることで、より整理整頓しやすくなります。仕切り板は100円ショップでも購入可能で、スリットが入っているものは自在に区切る位置を調整できるため、いくつか持っておくと便利です。


 

yuka

出典:instagram.com

ハンカチや下着、子ども服など小さめの衣類を収納する場合も、仕切り板などを使って種類ごとに区切るとよいでしょう。また、衣服を収納する際も、平置きではなく立ててしまうことで、子どもでも整理整頓しやすく、扱いやすい収納にすることができます。


 

irodori.0306

ハンカチや靴下など、失くしやすい子ども用の衣類やグッズは、「無印良品」のPP小物収納ボックス3段を使うと整理整頓しやすくなります。コンパクトですっきりとしたデザインで狭い場所にも置くことができ、縦と横、どちらにも使えるためスペースを有効に活用できます。


 

DIYで作った衣類ボックスで、見た目もおしゃれに

ゆうこ

出典:instagram.com

「市販の衣装ケースはシンプルすぎて物足りない」という方は、DIYしてオリジナルの衣類ケースを作ってみてはいかがでしょうか?ホワイトやナチュラル、ブラウン、ターコイズブルーと変化にとんだ木箱の収納ケースは、見た目だけでなく実用性も抜群です。


 

インデックスラベルを活用して、より整理整頓しやすくする

種類ごとに「住所」をつくり、どこになにがあるのか分かりやすくする

yuka

出典:instagram.com

衣類は種類が多いため、収納する際はあらかじめ衣類ごとの「住所」を決めておくと整理整頓しやすく、靴下などの小さい衣類を紛失することも少なくなります。その際、引き出しなどにはインデックスシールなどで「名札」をつけるとより収納効率が上がります。


 

 

yuka

出典:instagram.com

子ども用の衣類収納ケースにも、テプラなどでネームラベルを作って貼り付けておくと便利です。また、子どもの成長に合わせて漢字を使わずひらがなやカタカナで衣類の名前を記入しておくと、子どもが自分で整理整頓しやすくなります。


 

letoile__life

不織布ボックスなど、インデックスラベルが貼り付けにくい素材でできた収納ケースには、こちらのようにネームタグを作ってくくりつけるとよいでしょう。テプラやPCなどで簡単に作ることができるので、タグのデザインなどもちょっと工夫するとおしゃれです。


 

Y a m a n o u c h i R i e

出典:instagram.com

インデックスシールやテプラなどのネームラベルを使わず、マーカーなどで衣装ケースに直接衣類の名前を記入するのもオススメです。ブラックボード用の白いマーカーを使い、ポップな書体とキュートなイラストを用いることで、収納スペースの実用性だけでなく、インテリア性も高めています。


 

デッドスペースを有効活用した衣類収納

ベッド下のデッドスペースを衣類収納に活用する

Hill

出典:instagram.com

衣類の収納は、クローゼットや押し入れだけでなく、ベッド下などのデッドスペースも有効活用しましょう。こちらの収納例では、ベッド下の空いているスペースに「無印良品」の引き出し式衣類ケースを設置することで、クローゼットなどに入りきらない衣類を収納するためのスペースを作っています。


 

さふぁいあ

出典:instagram.com

また、ベッドに引き出しなどの収納スペースがあらかじめ設置されている場合は、引き出しの中に仕切りを作って衣類を立ててしまうことで、よりスッキリとした衣類収納にすることができます。こちらの収納例では、仕切りに「キャンドゥ」の同じデザインのボックスを複数用いることで、見た目も整然とした、実用性の高い収納に仕上げています。


 

インテリアとして活用!お部屋をおしゃれに見せる衣類収納

ハンガーラックなどお部屋のデッドスペースを活かして「見せる」衣類収納に

Y a m a n o u c h i R i e

出典:instagram.com

クローゼットに収まりきらない衣類は、お部屋のデッドスペースをうまく活用することで、インテリアとして楽しめる「見せる収納」にすることができます。こちらの収納例では、ハンガーラックとオープンラックを活用して衣類を収納し、インテリアの一部にしています。


 

Saori Araki

出典:instagram.com

こちらの衣類収納例では、インダストリアルな雰囲気漂うハンガーラックを設置し、お気に入りのコーディネートをディスプレイするように収納することで、よりストーリー性を感じさせる空間演出をしています。その日の気分によってかける衣類を気軽に変更できるのも魅力です。


 

ehami(えはみ)

出典:instagram.com

デッドスペースを活用して子ども用の衣類収納スペースを作るのであれば、子どもが喜びそうなポップで可愛らしい装飾を施すなど、「お片付けするのが楽しい」空間にするようにしましょう。こちらの収納例では、切り絵やブラックボード、ガーランドなどでデコレーションすることで、ユーモアとかわいさを感じさせる衣類収納スペースにしています。


 

まとめ

今回は、収納スペースの確保に苦労しやすい衣類の整理整頓についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?衣類をスッキリ収納するコツは、「無駄なスペースを作らず、見やすく、取り出しやすくする」ことです。今回のまとめをぜひ参考に、今日からスッキリ衣類収納を目指してみてくださいね。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
掲載商品の在庫については各店舗にご確認ください
内容について運営スタッフに報告