ニトリの購入品を自分好みにリメイク♡おしゃれでさらに使いやすくする方法

ニトリには安くて実用的なものがたくさんありますが、自分の好みに合わなかったり、お部屋のテイストにマッチしなかったりということも。そんな時はアイテムをリメイクして、さらにおしゃれにしてみませんか?今回は、ニトリの購入品のリメイク実例をご紹介します。

著者:
公開日:
ニトリの購入品を自分好みにリメイク♡おしゃれでさらに使いやすくする方法

ニトリには安くて実用的なものがたくさんありますが、自分の好みに合わなかったり、お部屋のテイストにマッチしなかったりということも。そんな時はアイテムをリメイクして、さらにおしゃれにしてみませんか?今回は、ニトリの購入品のリメイク実例をご紹介します。

ニトリの家具をおしゃれにリメイク!

カラーボックスとインボックス

ニトリのカラーボックスにぴったりとはまるインボックスを使えば、引き出し収納になり便利なんですよ。サイズやカラーも豊富なのですが、こちらは男前インテリアにも合うようにリメイクしています。インボックスにワトコオイルを塗ったベニヤ板をビス留めし、取っ手を付けています。ラベリングに付けたプレートもおしゃれですね。

詳しい作り方はこちら


 

 

ロールカーテンをかっこよく

アイボリーだったニトリのロールカーテンを、インダストリアルな風合いのブラックに塗装しています。文字はステンシルを施していますが、こちらはキャンドゥの紙袋の文字を切り抜いて使っているんですよ。ロールカーテンとしてだけでなく、タペストリーとして使ってもおしゃれ。

詳しい作り方はこちら


 

すのこを棚に

ニトリの2枚組になっているすのこを好きなカラーでペイントします。こちらはヴィンテージ感を出すのに、やすりで削ってワックスを塗っています。あとはすのこを組み立てて固定するだけで、簡単におしゃれな棚が完成します。

詳しい作り方はこちら


 

主役級のこたつに

ニトリのこたつをリメイクすれば、お部屋の主役になります。まず、天板にやすりをかけてニスをはがしていきます。ニスが取れたらヘリンボーン柄に溝を彫っていき、そこにオイルステインなどでランダムにカラーリング。スタイリッシュなヘリンボーン柄のこたつが完成です。

詳しい作り方はこちら


 

編み物で可愛らしく

お部屋のテイストを変えたら、今まで使っていた家具がインテリアに合わなくなってしまうことがありますよね。こちらではブラックのチェアの脚をホワイトにペイントし、座面にはかぎ針編みの手作りカバーで雰囲気をガラリと変えました。毛糸を変えれば、自分の好きなカラーにできますね。

詳しい作り方はこちら


 

ウォールミラーでドレッサー

カットした1×4材を組み合わせて、ニトリのウォールミラーの周りに棚をDIYするだけで、素敵なドレッサーが出来上がります。ホワイトにペイントをしてシャビーな加工を施しているので、インテリアにも良く馴染んでいますね。

詳しい作り方はこちら


 

ラックもアレンジ

ニトリのラックをお部屋に合わせてリメイク。荒杉材にブライワックスを塗って、元々ラックに付いていた部品を取り付けます。シルバーの脚はブラックにペイントをすることで、高級感の漂うラックに生まれ変わりますよ。

詳しい作り方はこちら


 

壁面をレンガ調に

ニトリの貼ってはがせる壁紙を使えば、簡単に壁や家具をイメージチェンジすることができますよ。リアルなレンガ調のおしゃれなシートは貼ったりはがしたりできるので、賃貸でも気軽に模様替えを楽しむことができますね。

詳しい作り方はこちら


 

まとめ

ニトリのものをDIYしている実例をご紹介しました。高い家具はリメイクするのにも勇気が必要ですが、お手ごろ価格で購入できるニトリなら自分好みに気軽に挑戦できますね。ぜひ、こちらを参考にリメイクを楽しんでみてくださいね。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告