大人女子におすすめのフレアスカートコーデ50選♡丈の長さや、テイスト別にご紹介!

今回は、フレアスカートのコーディネートを丈の長さやテイスト別にご紹介します。ふわっと広がったシルエットが魅力のフレアスカート。歩くたびに裾が動くのがとても女性らしいアイテムですよ。

公開日:2017/12/22
著者:
大人女子におすすめのフレアスカートコーデ50選♡丈の長さや、テイスト別にご紹介!

ふわっと広がったシルエットが魅力のフレアスカート。歩くたびに裾が動くのがとても女性らしいアイテムですよね。でも丈や素材によってはかなりイメージの変わるアイテムでもあります。今回は、そんなフレアスカートのコーディネートを丈の長さや、テイスト別にご紹介します。

軽やかさが出るヒザ丈のフレアスカート

光沢のあるフレアスカートは、革ジャンというメンズライクなアイテムとあわせても女性らしさをきちんと出してくれるので、大人のカジュアルコーディネートに大活躍してくれそうですよね。足元をスニーカーにすることでカジュアルさを強調していますね。


 

広告

 

ふんわりとしたシルエットがよくあらわれているフレアスカート。ブラックとブラウンあわせが大人っぽい仕上がりにしてくれていますね。丈感も脚がきれいに見える丈なので、いろいろなアイテムとあわせてヘビーユースしてしまいそうな雰囲気のスカートです。


 

フレアスカートなのに、膨らみすぎないシルエットがかっこいいスカート。すっきりとしたシルエットに見えるので、フレアスカートは太って見えそうと思っている方にもおすすめのアイテムですよ。でもタイトスカートのようにかっこよさが全面に出るシルエットではないので、女性らしさをキープしていますね。


 

ふんわりと広がるだけの生地の分量がありながら、すとんと下に落ちるようなシルエットなので、着太り感を気にしなくても大丈夫。柔らかさとハリ感の両方がある質感で、きちんともカジュアルもどちらでも使えそうな雰囲気のスカートですね。


 

こちらは1着で2度おいしいリバーシブルのフレアスカート。ひざが丁度隠れる丈感がオフィスでも使えそうな雰囲気ですよね。ふんわりと楽なシルエットで、リバーシブルのスカートは旅行にも重宝しそうなアイテムです。


 

イレギュラーヘムがかっこいい雰囲気のフレアスカート。グレンチェックのマニッシュさにリボン方のベルトという可愛らしさをプラスしているので、大人女子には使い勝手のいい雰囲気に仕上がっていますよね。


 

トレンチコートのようなダブルのボタンがついたフロントがユニークなフレアスカート。フレアスカートというと甘さや女性らしさが強調されやすいアイテムなので、こちらのようにマニッシュなディテールがとてもよく合うんですね。甘さと辛さの両方を兼ね備えているアイテムなので、様々なコーディネートに活躍してくれそう。


 

同じ素材を使ったビスチェと一緒にセットアップのように使えるフレアスカート。ブラックのスマートさとフレアスカートの甘さと、ジャンパースカートのような可愛らしさを上手くカバーしてくれるアイテム。セットアップにはかっこいい雰囲気のものが多いですが、このアイテムなら可愛らしさも出せますよね。


 

程よい丈感が足をきれいに見せてくれるフレアスカート。ちょうどいい張り感でふんわりとしたシルエットを作ってくれているので、脚がさらに細く見えるんですよ。シンプルな無地のフレアスカートはどんな雰囲気にも合わせやすいですよ。


 

すっきりシンプルなフレアスカートに、チェックのシャツとマニッシュな靴という辛めのアイテムを組み合わせて、オフィスなどにも着ていけそうな雰囲気に仕上げたコーディネート。ブラックの格好良さがきいていますね。


 

 

大人っぽさが演出できるミモレ丈のフレアスカート

スエードのような質感が面白いミモレ丈のフレアスカート。素材の重さですとんと落ちるようなシルエットに仕上がっていますね。そのためカジュアルでもエレガントでも、使い方によっていろんな表情を楽しめるアイテムです。


 

無地でシンプルな上に落ち感のあるフレアスカートは、他のフレアスカートよりも甘さが少ないので、辛目のアイテムとの相性が抜群ですよ。そこにファーやニットなどふんわりとしたアイテムを組み合わせることで、女性らしさを強調しすぎない大人女子のコーディネートが完成します。


 

デニムはカジュアルさを一気に加速させてくれる素材ですね。でもフレアのミモレ丈スカートなら、きちんと女性らしさも出してくれるからうれしいところ。ショルダーにアクセントがあるチェックのシャツや特徴のあるシューズなど、個性のあるアイテムと組み合わせても受け止めてくれるのもデニムの良いところです。


 

すとんとした落ち感がタックをとっているようにも見えるフレアスカート。まっすぐなシルエットができるので、トップにボリュームのあるものを持ってくるとバランスがいいですよね。そでにボリュームのあるトレンドアイテムとの相性が○


 

小さめの花柄がかわいい雰囲気になりがちですが、ネイビーなので大人っぽい雰囲気に仕上がっていますね。薄手の生地なので、ボリュームのあるアウターとあわせてもすっきりとしてバランスがいいのがうれしいですね。


 

ふんわりとしたボリュームが特徴的なフレアスカート。ハリ感のある生地でできているフレアスカートは、しっかりとシルエットが保たれるので、トップスやシューズとのバランスをとるのにとてもいいんですよ。


 

こちらも張り感のある素材で作られたボリュームが魅力のフレアスカート。チノ素材で作られているので、しっかりとした形ですが、きちんとしすぎずにカジュアルダウンにも使えるアイテムですよ。シンプルだけどイレギュラーヘムなのでユニークさもありますね。


 

巻きスカートのようなディテールが面白いフレアスカート。大胆なカラーですが、くすみが入っているので派手になりすぎないのが良いところです。また広がり過ぎないシルエットにミモレ丈という落ち着きのある仕様で大人にぴったりのアイテムですよ。


 

かわいくなりがちなチェックのフレアスカートも、カラーを選べば大人女子のカジュアルファッションにぴったりのアイテムになりますよ。少し長めで縦長のシルエットなのも落ち着きが出るディテール。マニッシュなシューズとのバランスもいいですね。


 

透け感のあるシフォン生地は、女性らしい雰囲気を程よく出してくれますね。フレアスカートにしても広がり過ぎないので、柔らかくてかわいらしさもある大人のカジュアルファッションにぴったりですよ。ブラックというカラーも辛さがきいていいですね。


 

ネイビーに目立ち過ぎない程度に、細い線のチェックを入れたフレアスカート。張り感のある素材に細めのチェックは、マニッシュな雰囲気になりがちですが、ウエストのリボンベルトがかわいいので、丁度いいバランスに仕上がっていますね。


 

ブラックの生地に花柄が素敵なフレアスカート。でも薄手の生地で作っているので、程よくAラインのようなシルエットになっているのがポイント。ボリュームのあるトップスや華奢なシューズなど、いろんなアイテムとのあわせが楽しめますよ。


 

パッチワーク風のイレギュラーヘムが印象的なスカート。ホワイトにブルー系の花柄という爽やかなアイテムですが、程よいボリュームがあるので、ニットのような冬のアイテムとも合わせられるアイテムですよ。


 

こちらもイレギュラーなヘムが印象的なフレアスカート。大き目のチェック柄でかわいい雰囲気もありますが、イレギュラーヘムのシャープさで可愛すぎないアイテムです。またブラックのアイテムと一緒にコーディネートすることで、さらに甘さを控えたコーディネートになりますよ。


 

 

ボリュームが魅力のロングのフレアスカート

シンプルなシルエットのように見えて、ディテールの楽しさがきいているフレアスカート。ロング丈なのでボリュームがあるのですが、細身に見えるのは切り返しのおかげ。すっきりとしたシルエットに見えるので、スタイルアップも期待できますよ。


 

こちらもロング丈できれいなシルエットを描いているフレアスカート。ウエストからヒップにかけてがあまり広がっていないので、ボリュームのあるトップスでもメリハリが出て素敵ですよ。春や秋はスニーカーではずして、冬にはブーツでと長いシーズン楽しめそうなアイテムです。


 

ブルーにレッド系の花柄が楽しいフレアスカート。落ち感のある素材で重なった生地が奥行きを生み出していますね。花柄のレディーライクな雰囲気に、マニッシュなブーツというあわせが絶妙のバランスです。


 

腰から下のほうに切り替えを付けてフレアスカートにしているので、裾のボリュームの割りにウエストからヒップに向かってが、すっきりと細く見えるシルエットのスカート。腰が張っている方や下半身のボリュームが気になる方にも、おすすめのアイテムですよ。


 

ビビットなカラーが印象的なロングスカートでも、シルエットがAラインですとんと落ちる無地のアイテムは、ブラックなど引き締めアイテムとの相性が抜群ですよ。カジュアルダウンさせて格好良くするのがおすすめのアイテムです。


 

ふんわりとした動きが女性らしさを存分にあらわしてくれそうなフレアスカート。でもカラーがマニッシュな雰囲気なので、甘さが少ないのが使いやすいポイント。シューズも辛さがあるものを選んでかっこいい雰囲気に仕上げていますね。


 

ワインカラーがかっこいいフレアスカート。ふんわりとしたボリュームもあり、大人の女性の余裕が現れたアイテムですね。トップスをあえてボーダーにして、カジュアルダウンしているところが上手なコーディネート。


 

超ロングといってもいいような長さと表面感が楽しいロングスカート。フレアでたっぷりと広がるシルエットなのに、ここまで長いスカートだと格好良さも感じますよね。大人のカッコいい助成に着てほしいアイテムです。


 

 

エレガントなフレアスカートコーディネート

落ち間のある生地を使ったロングのフレアスカートは、大人女子のエレガントさを強調してくれますよね。カラーもグレーと抑え目なので、いろいろなアレンジがききそうなアイテム。透け感のあるブラックのストッキングで、更に大人っぽさを出していますよ。


 

後ろの長さがながいフィッシュテールのスカート。普通のフレアスカートも動きに合わせてスカートの裾がゆれるのを楽しめるのですが、フィッシュテールなら更に動きを出すことができるので、女性らしい雰囲気に。トップはちょっとカジュアルにしてバランスをとっていますね。


 

ネイビーのシフォンを幾重にも重ねたフレアスカートは、ふんわりとしたシルエットがエレガント。素足が見えるサンダルに合わせて女性らしさを強調しておきながら、トップをボーダーにして少しはずすところが大人の余裕があるところです。


 

ヒザより少しだけ短めのフレアスカート。大人女子にはヒザを出す丈はなかなか難しいですが、厚手の生地できちんと感のあるフレアスカートなら、幼くならないのでおすすめです。あわせるタイツによっても印象が変わりますよ。


 

ウエストから腰にかけて対とシルエットにしているフレアスカート。裾の広がりが大きくなりすぎないので、きちんと感があるスカートですよね。ミモレ丈で女性らしい雰囲気を出しながらも、シャープなカラーで引き締め感も出してくれるアイテムですよ。


 

ドレープの表情がとてもエレガントなフレアスカート。薄手の生地で広がりを抑えているので、ドレープとヒダが重なってとても素敵ですね。シンプルなトップスをあわせても大人の色気が出るコーディネートになりますよ。


 

ふんわりとしたシルエット持つワンピース。フレアスカートにタイトシルエットのトップスを合わせたような雰囲気のワンピースは、使い勝手が良さそうですね。ゴージャスにアクセサリーを合わせると結婚式などにも使えそうな雰囲気です。


 

 

カジュアルなフレアスカートコーディネート

ロングでブラックのフレアスカートは、エレガントなアイテムと合わせてしまうと、ちょっと老けた印象になってしまうこともありますが、こちらのようにカジュアルなアイテムとあわせると大人過ぎないコーディネートが作ることができますよ。落ち感のある、こちらのようなスカートならトップスにボリュームがあっても大丈夫。


 

カジュアル感があるデニム素材なら、ロングのフレアスカートでもエレガントすぎないアイテムですよね。でも広がった裾の動きが女性らしさを出してくれるので、大人女子のカジュアルコーディネートにはもってこいです。


 

コーディロイもカジュアル感のある素材なので、ミモレ丈のフレアスカートを上手にカジュアルダウンしてくれます。そこにバレエシューズやワインカラーのバッグなど女性らしいアイテムをプラスして絶妙なバランスに。


 

張り感のある素材を使ったフレアスカートは、エレガントにもカジュアルにもぴったり。トップスやスニーカーでカジュアルダウンさせて、可愛らしさを出すのもいいですし、タイトシルエットのトップスで女性らしさを出すのもいいですよ。


 

パンチのきいたカラーのロングスカートに小花柄の組み合わせは、花柄を使ったアイテムなのにカジュアル感が出ますね。でもインパクトのあるアイテムなので、あわせるものはシンプルに。こちらの画像であわせているようなプレーンなセーターや、デニムジャケットなどが◎


 

フィッシュテールのフレアスカートを上手にカジュアルダウンして、若々しいコーディネートを作り上げています。ボーダーの太さが細身だと女性らしい雰囲気になってしまうので、カジュアルなコーディネートにしたいなら、これくらい太目のボーダーがおすすめですよ。


 

シフォンのヒザ丈フレアスカートはガーリーになりがちなアイテムですが、ミリタリーを思わせるカーキとマニッシュなシューズのあわせでカジュアルな雰囲気をプラス。仕上げにニットキャップをかぶっておしゃれなカジュアルコーディネートに。


 

こちらはキャップで仕上げたカジュアルコーディネート。ななめかけバッグやスニーカーでカジュアルダウンしていますが、トップスとスカートはシンプルなので、同じあわせでもいろいろな表情が楽しめそうですよ。


 

落ち感のある素材でも少し厚めの生地ならカジュアルさが出せますよ。シンプルトップスとバレエシューズというエレガント気味なコーディネートなのにグレーのリラックス感があるフレアスカートならカジュアルに。


 

まとめ

フレアスカートを使ったコーディネートをご紹介しました。一口にフレアスカートといっても、広がりのあるものから落ち感のあるものまでシルエットは様々でしたね。今回ご紹介したコーディネートとアイテムを参考に、フレアスカートのコーディネートを楽しんでみてくださいね。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。

シェアしよう!