壁をキズつけずに収納を増やす!ディアウォールを使ったDIY実例集☆

壁面を利用して物を飾ったり、収納にしたりというアイデアはぜひ真似したいですよね。ですが、賃貸や新築で壁にキズをつけたくないという理由で、壁面を利用することを諦めている方はいませんか?今回は、そんな方にぴったりの「ディアウォール」を使ったDIY実例をご紹介します!

公開日:2017/12/12
著者:
壁をキズつけずに収納を増やす!ディアウォールを使ったDIY実例集☆

著者名

pupinya411

pupinya411

シンプルなインテリアと無印良品が大好き!子育てに奮闘しながら、効率的な収納や家事に見直しを日々研究中!自分が知りたいことをみなさんにもお伝えしていきたいと思っています。

壁面を利用して物を飾ったり、収納にしたりというアイデアはぜひ真似したいですよね。ですが、賃貸や新築で壁にキズをつけたくないという理由で、壁面を利用することを諦めている方はいませんか?今回は、そんな方にぴったりの「ディアウォール」を使ったDIY実例をご紹介します!

ディアウォールとは?

ディアウォールとは、天井と床の間に木材をはめ込むためのジョイント材のことです。市販されている2×4材にセットするだけで、柱を立てることができます。これなら、ビスやくぎを使わなくても簡単に棚を設置することができますよ。


 

広告

 

おしゃれなディスプレイ棚に

古材のようにペイントした2×4材とディアウォールを壁面に設置します。L字金具を使って古材の棚を取りつけたらできあがり。グリーンをあしらったり、小物を置いたりすれば、素敵なディスプレイ棚になりますよ。

詳しい作り方はこちら


 

玄関の収納棚として

シューズボックスが小さくて収納が少ないと感じたら、玄関の壁面を利用して収納棚を作ってみてはいかがですか。2×4材に棚受けレールを取りつければ、棚板の高さを自由に調節することができるので、長靴やブーツも置けますよ。

詳しい作り方はこちら


 

キッチンカウンターに

キッチンカウンターにディアウォールを設置して、スペースを有効活用しています。カップやコーヒーセットなどを並べるだけで、おしゃれなカフェのようですね。また、キッチンが直接見えないので、目隠しの効果もありますよ。


 

キッチンカウンター下にも

デッドスペースを有効利用できるのがディアウォールのいいところ。キッチンカウンターの下にディアウォールを設置すれば、収納スペースが増えますよ。棚板と丸い棒を取りつければ、本を飾ることもできますね。

詳しい作り方はこちら


 

出窓にも

お部屋を明るい雰囲気にしたいのなら、グリーンを取り入れてみませんか。お日様の光が当たる出窓にディアウォールを設置して、たくさんのグリーンを飾るのも素敵ですね。


 

キッチンスペースでも

キッチンの壁面にディアウォールを設置すれば、おしゃれで便利なキッチンスペースを作ることができます。物を置くことができるので、整理整頓ができますね。2×4材を好きなカラーでペイントすれば、お部屋のテイストに合った棚を作ることができます。


 

壁面をディスプレイスペースに

2×4材とディアウォールを設置し、間にすのこをビス留めします。2×4材や100均などで手に入るすのこも、ペイントをすればおしゃれな壁面ディスプレイ棚に早変わり。これなら、賃貸でも気兼ねなく壁面ディスプレイを楽しめますよ。

詳しい作り方はこちら


 

まとめ

ディアウォールを使ったDIY実例をご紹介しました。ディアウォールは、壁をキズつけることなく取りつけられるので、賃貸やキズつけたくない場所にぜひ使ってみてくださいね。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。

シェアしよう!