本をより大切にしたくなる♪本棚の収納アイディアをご紹介します

デジタル化が進んでいるとはいえ、紙の本は書き込んでメモしたり、インテリアとしてディスプレイしたり、まだまだ私たちにとって欠かせない存在ですよね♪今回はそんな知識も見た目も楽しめる書籍類を収納するアイディアをご紹介していきます。

著者:
公開日:
本をより大切にしたくなる♪本棚の収納アイディアをご紹介します

デジタル化が進んでいるとはいえ、紙の本は書き込んでメモしたり、インテリアとしてディスプレイしたり、まだまだ私たちにとって欠かせない存在ですよね♪今回はそんな知識も見た目も楽しめる書籍類を収納するアイディアをご紹介していきます。

インテリアに合わせておしゃれに本を収納する

widadesign

こちらは広々としたベッドルーム。ベッドルームは大きな家具が入るので狭くなりがちですが、こちらの写真のように白壁に合わせた白い本棚にして、背表紙ではなく小口を見せれば、部屋を圧迫することなくシンプルな空間に見せることができますよ♪小口を見せて本をしまう方法は、特に海外インテリアの写真でよく見られるアイディア。様々なデザインの背表紙を見せるよりも、色味をシンプルに統一したいという方には、ぜひお薦めしたいアイディアです。


 

 

natasha.designs

こちらも本の小口部分を見せて収納した本棚の例。しかも、縦に並べたり横に並べたりして、まるで市松模様のように見える凝った並べ方!本棚の上の絵画や家具とも調和して、アートな空間に。本はかさばるし、インテリアの邪魔になるし、置き場所に困ると思っていた方も、このようにインテリアが活きるおしゃれな並べ方なら、安心して本を所有できるのではないでしょうか?


 

nordic_by_maag

こちらの写真はブラックの壁がシックで個性的な部屋の例。壁に合わせた黒い戸棚は、中にしまった本をまるでおしゃれな雑貨のようにデザイン的に魅せてくれています!背表紙の色は様々ですが、戸棚の中に納まっているのでうるさい印象はありません。インテリアの印象を崩したくないという方は、普通の本棚ではなく、戸棚をお薦めします♪


 

elinodnegard

黒い背表紙の本ばかりを一つの棚にディスプレイした例。本の並べ方は作家別、出版社別など様々ですが、写真のように背表紙の色で分けるというのもユニークですよね♪シックな雰囲気になるうえ、他の段に器などを飾れば、よりおしゃれなインテリア重視のディスプレイ棚になってくれます。


 

emelieshome

こちらは本とインテリア雑貨を交互に配置した例。たくさん読書をする方は、特に本棚いっぱいに本が敷き詰められて、部屋が窮屈な印象になってしまい悩むことがあるのではないでしょうか。そんな時には、雑貨を置いたり、空間を開けたりするのがお薦め。空間をとっただけ本棚の面積は狭くなりますが、インテリアとしても素敵に見えるので、本が多いのが悩みという方はぜひ検討してみてほしいディスプレイ方法です♪


 

スペースを活かせば本棚が生きてくる

universtworks

こちらはヘッド部分に本棚を取り付けたDIYベッドフレームの写真。ベッドで横になっている時って、ゆったりくつろいで本や雑誌が読みたくなりますよね♪そんな心理を活かした使える本棚のアイディアではないでしょうか。DIYする以外にも、ベッドのヘッド部分に物が置ける方は、そこを本棚に代用したり、ヘッド付近の壁にウォールシェルフを取り付けてみたりすると、手に取りやすい位置に本を置くことができますよ☆


 

 

_lisa_dawson_

リビングも、最も本を読む機会の多い部屋の一つですよね。テレビのある壁の両脇に本棚を置けば、様々なメディアから情報が得られるインプットに最適な空間に。写真のように背表紙が見える棚の場合は、背表紙をグラデーションで配置するなどすると、インテリア映えする見せる収納に。テレビをつけている時に視界の邪魔にならないような本の構成にすることがポイントです。


 

europeadeviviendas

まるで図書館のような本棚の写真。壁一面の本棚は、もはや圧巻のインテリアと言えるのではないでしょうか!上から下まで本で埋め尽くされていても圧迫感がないのは、部屋全体が広々としており、他の家具が本の邪魔をしていないから。壁一面本棚にするレイアウトの場合は、その壁の周囲をシンプルにして、本棚の機能性を重視したインテリアづくりをすることが大切です。


 

good_room

こちらは窓際の上の部分に本棚を設置した例。デッドスペースになりがちな部屋の上部に、これまた置き場所に困る本は最適な組み合わせ♪写真のようにおしゃれなカフェ風の空間なら、本をぎゅうぎゅうに詰め込まず、好きな表紙を見せるレイアウトもお薦め。


 

slow.life.works

こちらはキッチンカウンターの下の空きスペースに食器棚と本棚を配置した例。棚の高さを同じにすることで、違う機能を持つ棚を並べてもすっきりしてみえますよね♪キッチンやダイニングスペースは、インテリアを意識したり、料理を作る時の参考にしたりと雑誌を見る機会が多い場所。そうしたスペースで雑誌がいつでも手に取れるようにしておくと、新しいアイディアが浮かんできそう☆


 

PINK FLAG

こちらは広い空間を本棚で間仕切りするアイディア。特に写真のように表紙がおしゃれな雑誌たちを飾れば、落ち着いたカフェのような空間で読書を楽しむことができますよ♪空間の間仕切りとして本棚を作る場合は、完全に本棚で仕切ってしまうより、向こうの風景が見えるようなデザインにした方が、部屋同士の機能を分けながらも空間全体の広さを保つことができるのでお薦めです。


 

ALGORHYTHM

こちらも広い空間を本棚で間仕切りしたアイディア。黒い枠とガラス製の棚がシックで落ち着いた印象ですよね♪このように、本棚としての実用性というよりも、空間を十分に使って雑貨を飾ってみたり、おしゃれな表紙の本を選んで並べてみたりとインテリアを重視した飾り方もできるんですね!


 

PINK FLAG

こちらは窓下のスペースに本をたくさん並べた、手作りのはしご型本棚の例。はしご型は本の上に空きスペースがあるので、より開放的な見た目になりますよ!


 

PINK FLAG

はしご型の本棚を側面から見るとこのようになります。ポイントはしっかりと小口側が壁につくように棚を作ること。また、棚板は、幅広にした方が本の落下を防ぎやすくなります。


 

PINK FLAG

こちらは壁を利用した絵本棚。絵本は表紙が可愛らしいので、お子さんが思わず手に取りたくなるように、表紙を向けて飾るのがお薦めです。写真のように、段の上下に余裕を持ったほうが、本の見栄えが良くなりますよ。天井で柱をしっかり固定すれば、小さなお子さんにも安心な、丈夫な本棚に。


 

まとめ

今回は機能性に優れ、そしてインテリアにもマッチする本の収納例をご紹介しました♪どの本棚も、かさばっていた本を飾ることが楽しくなるようなアイディアに溢れていますよね♪お家の本収納のヒントになれば幸いです☆

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告