シンプルでラグジュアリーなインテリア☆都会的な印象にするためのアイディア集

都会的で洗練されたインテリアには、一度は憧れるのではないでしょうか?空間の使い方や色づかい、そして家具の配置によってラグジュアリーに見せることができたら素敵ですよね♪今回はそんな都会の洗練にリッチさを加えた大人のインテリアをご紹介していきます。

公開日:2017/11/06
著者:
シンプルでラグジュアリーなインテリア☆都会的な印象にするためのアイディア集

著者名

ai

ai

シンプルライフを目指した部屋づくりがマイブームですが、次は何を飾ろうか妄想するのも、また楽しみの1つ。シンプルライフや実践したいDIY・100均活用法、憧れのインテリア等をご紹介していきますので、どうぞよろしくお願いいたします!

都会的で洗練されたインテリアには、一度は憧れるのではないでしょうか?空間の使い方や色づかい、そして家具の配置によってラグジュアリーに見せることができたら素敵ですよね♪今回はそんな都会の洗練にリッチさを加えた大人のインテリアをご紹介していきます。

広々とした空間

widadesign

都会的な雰囲気を出すには、空間を広く見せることが大切です。一番取り入れやすいのが、窓辺に家具を置き、部屋の中央に広い空間を作って、広く見せる方法。家具を壁側に引き寄せ、また部屋のサイズに合わせた家具を選ぶことで広く見せることができますよ♪

こちらの写真では、明るい日差しが差し込む広い窓がありますが、ちょうど窓の高さに合わせたソファサイズを選んで採光を妨げていないのも、真似したいポイントですね。


 

widadesign

写真は部屋の間仕切りを壁ではなく、ガラス張りの仕切りにした例。たとえ空間の間仕切りがあったとしても、このように向こうの空間が見えて広く感じさせることができたら、まるでひとつの広間のように感じられますよね♪


 

widadesign

こちらも、隣の部屋とをガラス窓で仕切っている部屋の一例です。ダイニングルームはどうしてもテーブルセットを置くので空間を圧迫しがちですが、仕切り戸をガラスにして広く見せ、広く窓辺を見渡すことができる大きな窓を採用すれば、家具があっても広々と見せることができますね。


 

widadesign

空間は横方向だけでなく、縦方向にも広がりが感じられると、都会的な洗練を生かした部屋作りに役立ちますよ!写真は天井から細い縦ラインを強調したシーリングライトが垂れて、食卓にシャープな印象を加えてくれていますね。こうした縦方向の広がりを感じさせるアイテムを使うことによって、空間を広く見せることもできます。


 

広告

 

ラグジュアリーな配色

decoindeed

グレーは都会的な洗練を感じさせるベーシックカラー。今回のテーマである都会のテイストには、ぜひメインで使いたい色です。

グレーのみだとモノトーンのシックな部屋になりますが、ラグジュアリー感を出したい場合は、写真のように1色プラスしたいところですね。

こちらの写真では、ブリックカラーの濃いオレンジを差し色に使い、シックな装いの部屋に華やかさを加えました。濃いオレンジ色なら、赤ほど刺激的ではなく、茶色ほど渋くなく、程よい華やぎを演出することができますよ!この程よさが都会的な洗練につながるので、あまり広い面積に使わず、あくまでもポイント使いするのが肝となります。


 

decoindeed

こちらもグレーがメインのインテリア。差し色にはサンドイエローが使われています。写真のように光沢のあるファブリックで取り入れれば、ゴールドに近いカラーとなって、ラグジュアリーな印象を演出できますよ。

また、グレーの家具の脚も注目ポイント。シルバーで統一されていますよね。グレーに光沢感を出したシルバーもまた、都会の洗練を感じさせる色。

ベーシックカラーに近いので、家具など比較的存在感のあるインテリアに使われていても、うまく馴染んでくれます。サンドイエローやゴールドカラーは差し色として使いたいので、分量は少なめに。あまりキラキラしすぎると、洗練よりもゴージャス感が強い印象になります。


 

widadesign

こちらは、サンドイエローよりも少し落ち着いたサンドブラウンを差し色に使った例。落ち着いた茶系カラーを差し色に使うと、都会的な洗練色であるグレーと好相性ですが、地味に感じられることも。そうした場合は、写真のライトのように、メタリックな素材をプラスすることで、インテリアに華やぎを加えましょう。

また、シックさをより押し出すなら、写真のように天井の広さを利用し、下に重心を置いたインテリアづくりをするというアイディアもありますよ!


 

窓辺

decoindeed

広く明るい窓辺は、都会的な部屋作りには欠かせないポイントです。その広い空間の傍に椅子など、くつろげる家具を置くと、風景を楽しみながらゆったりとした贅沢な時間を過ごすことができますよ。その贅沢なイメージが、ラグジュアリー感につながるので、お気に入りの家具をぜひ窓辺に置いてみてはいかがでしょうか♪

写真ではベーシックカラーであるグレーのソファを配置していますね。角の取れた丸みのあるデザインの一品で、目の前にはセットのオットマンも配置。足をのせてくつろいでも、テーブルとして使っても良さそうですね♪


 

decoindeed

こちらはブラックの椅子を窓辺に置いた例。繊細で華奢なつくりの椅子は、洗練された印象を与えてくれています。また、背の低い家具なので、天井が高く見えることもポイント。大きく開け放した窓から広く外を見渡すことができ、贅沢な時間を過ごすことができそうですよね♪


 

widadesign

窓の上部が緩やかなカーブを描いたおしゃれな窓辺。そんなおしゃれなデザインの窓枠と同色の、白い椅子を配置しました。2つ椅子を配置すれば、そこが自然と会話が生まれる中心になります。窓の外の風景を眺めながらのおしゃべりは、時を忘れそうな贅沢なひと時になるのではないでしょうか♪

こちらの写真でも、天井を広くとってあり、長く下されたライトが広さを強調してくれています。また、グレーのソファがメインのリビングのコーナーには同色のラグが敷かれているので、壁がなくても、窓辺のコーナーとは自然に間仕切りができています。

衝立を置かなくても、空間を広く、機能を分けて使うことができるので、オススメのアイディアですよ!


 

widadesign

こちらも最初にご紹介した写真と同様に、窓のすぐ下にソファを配置した例です。広い窓とほぼ同じサイズの長さのあるソファーは、横の空間を広く取っていてラグジュアリー感が出ていますね。

また、グレーをベーシックカラーとし、ブリックカラーのブラウンを差し色にしており、ご紹介したアイディアを盛り込んだ、都会的でラグジュアリーなインテリアとなっていますよね♪


 

widadesign

こちらはグレーに加えてベージュもベーシックカラーに盛り込んだ落ち着いた空間。差し色はありませんが、ベージュのローテーブルやカーペットが東南アジアの高級リゾート風のデザインなので、そこはかとないラグジュアリーな印象を出すことができています。このように、差し色ではなく、素材感でラグジュアリーな印象を出すこともできますよ☆


 

widadesign

さらに変化球なインテリアをご紹介します。こちらはブラックレザーの重厚感のあるソファをメインとした写真。差し色はブラウンで、レザーのクッションや、細身の脚が優美なテーブルから取り入れていますね。都会的なベーシックカラーであるグレーが使われていませんが、家具を少なくシンプルにし、空間を広く使う基本を守ることで、都会の洗練された印象を保っています。

また、ポイントとなる、広くて明るい窓辺と、そこにくつろげる家具を置くアイディアも生かされていますよね♪都会らしいインテリアでも、よりラグジュアリー感を強調したいなら、こうしたハードな家具をシンプルに配置することでも実現することができますよ。


 

 

ベッドルーム

くつろぎの空間は窓辺だけではありません。ベッドルームだって、都会的でラグジュアリーな空間にすることができますよ!

ベッドルームは毎日使用しますし、ファブリックを何枚も重ねるので、シンプルで洗練された印象づくりは難しいとあきらめている方はいませんか?ベッドルームでも基本を守ったインテリアづくりをしてみましょう。

 

widadesign

 

こちらの部屋では、天井を高く広く見せるために、部屋の上部にはインテリアアイテムを飾らないようにしていますね。また、ベッド以外の家具は少なめにして、広く見せる工夫もしています。

色使いはグレーをメインとしつつ、ブリックカラーをワンポイント取り入れて、メリハリを利かせて♪また、斜めになった天井には採光窓がついているので、部屋が明るくなり、窓から広がりを感じることもできていますね!


 

widadesign

窓のない空間をベッドルームを使っていても、あきらめることはありません!部屋のドアをいつも開け放しておくのも、一つのアイディアとして使えますよ☆

隣の空間への広がりが感じられますし、また常に人に見られても大丈夫なインテリアづくりは、整って洗練された印象にそのまま通じますよ!

窓以外の基本を守り、また片付いたシンプルさを心がけることが、都会的でラグジュアリーなインテリアづくりへの一番の近道なんですね☆


 

まとめ

いかがでしたか?今回はシンプルかつ高級感を感じさせる都会的なインテリアのアイディアをご紹介しました。日本の住宅事情だと、なかなか広い空間が取りづらかったり、広い窓がなかったりすることもありますが、一つ実現できない場合でも、他の基本となるポイントを押さえれば、洗練とラグジュアリー感を出せますので、ぜひトライしてみてくださいね☆

 

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。

シェアしよう!