GUのドルマンスリーブコンパクトカーディガン大特集☆種類別のオススメカーディガンもご紹介!

最近、WEARやインスタなどで人気と話題の、GUのドルマンスリーブコンパクトカーディガン。オシャレさんを中心に、このカーディガンをヘビロテしたコーディネートが沢山アップされているんです。そこで今回は、そんなドルマンスリーブコンパクトカーディガンについてご紹介したいと思います!

公開日:2017/10/26
著者:
GUのドルマンスリーブコンパクトカーディガン大特集☆種類別のオススメカーディガンもご紹介!

著者名

tentenwork

tentenwork

男の子を子育て中の主婦です。それまではセレクトショップを中心に、約10年間アパレル業界で仕事をしていました。プチプラブランドからセレクト系まで、等身大のおしゃれをご提案できたらと思います★

最近、WEARやインスタなどで人気と話題の、GUのドルマンスリーブコンパクトカーディガン。オシャレさんを中心に、このカーディガンをヘビロテしたコーディネートが沢山アップされているんです。そこで今回は、そんなドルマンスリーブコンパクトカーディガンについてご紹介したいと思います!

SNSで話題!GUのドルマンスリーブコンパクトカーディガンとは?

起毛感のある素材に、ドルマンスリーブとコクーンシルエットがポイントのこちらのカーディガン。一見すると、ごくシンプルなデザインですが、いざ着てみるとゆるっとした着こなしが出来、合わせるボトムスも選ばないと大人気なんです。色はグレー・黒・赤・ブルーの4色展開。


 

広告

 

オシャレに着こなすポイントは?

今っぽく見えるポイントは、何と言っても後ろに衿抜きして抜け感を出すこと。また、その分フロントの着丈が短くなるので、ワイドシルエットのボトムスとも合わせやすくなります。こちらはプレーンなTシャツ&ワイドデニムに、ライトグレーのカーディガンをラフに羽織った着こなし。赤のバケツ型バッグが、ベーシックなカラーリングコーデのアクセントに。


 

こちらは前のコーデの横向きバージョンです。コクーンシルエットになっているので、衿を抜いて着ると、丸みを帯びた可愛いバックスタイルに。さり気なくヒップラインもカバー出来ます。


 

それでは着こなし実例をご紹介★

まずは軽く羽織って

ボーダートップス&ワイドデニムに、黒のカーディガンを羽織って。モノトーンでまとめたベーシックなコーデですが、起毛の素材感とゆるっと衿を抜いた着こなしで、今年っぽいこなれた雰囲気になっています。


 

グレーのカーディガンにカーキのベイカーパンツを合わせて、大人カジュアルなスタイリングです。同じくGUのカラーパーツピアスや、ファースリッパで女っぽさとトレンド感をプラスして。


 

着丈が短めなので、ロング丈のオールインワンやワンピースとも相性◎です。こちらはサロペットの上からグレーのカーディガンを肩掛けして。モノトーンでまとめて、大人のフレンチカジュアルスタイルに。


 

赤のカーディガンを、フラワープリントのロングワンピースに羽織って華やかに。ワンピースの中にも赤が使われているので、全体的にまとまりがあります。ハイゲージよりもざっくりとしたローゲージのカーデを合わせることで、デイリーに着られるような程良いカジュアル感が出ています。


 

ボタンを留めてプルオーバー風に

カーディガンのボタンを全部留めて、プルオーバー風に着るのもおススメ。こちらはグレーにデニムを合わせ、ベレー帽をコーデのポイントに。ざっくりしたニットを素肌風に着ることで、女性らしい華奢な印象になります。


 

 

赤のカーディガンをプルオーバー風に着れば、トレンドの赤ニットコーデも楽しめます。白のフェイクファーのショッピングバッグ&コンバースとデニムで、秋冬のトリコロールスタイルに。


 

黒をプルオーバー風に着た胸元から、レースのインナーを覗かせて。オールブラックでまとめた大人シックなコーデに華やかさをプラスしています。


 

こちらはボタンを上2つだけ開けた技ありコーデ。肩を少し落として着ることで、女性らしい抜け感と華奢さが更に強調されています。ボトムスにはユニクロのリブタイトスカートを合わせ、レディライクなスタイリングにまとめています。


 

こちらのコンパクトカーディガンもオススメ

ループヤーンコンパクトカーディガン

ループヤーンで作られたカーディガンは、凹凸のある表情で存在感抜群な1枚。シンプルなアイテムに合わせるだけで、スタイリングがキマります。コンパクトなシルエットなので、トレンドのワイドパンツなどとも相性◎です。


 

ブラウンのループヤーンカーデに、イエローベースのグレンチェックのワイドパンツを合わせて。秋らしいマイルドなカラーリングです。こちらも少し衿を後ろに抜いて着ることで、今っぽいこなれた雰囲気に。


 

アイボリーのカーデに、白のタートルをインナーにして。トップスをホワイト系のワントーンでまとめることで、すっきりとした装いに。ノーボタンのデザインなので、ちょっとしたジャケットのように着ても素敵です。


 

オレンジがかったブラウンのスカートをメインに、あとは黒でまとめて。同じ黒を重ねても、カーディガンに素材感があることで、のっぺりとした印象にならず、メリハリの効いたスタイリングになっています。


 

まとめ

いかがでしたか?羽織りとしてもプルオーバーとしても着られる、ドルマンスリーブコンパクトカーディガン。程よい厚みもあるので、真冬までヘビロテ間違いなしです。また、ループヤーンの方はコーディネート次第では春先まで活躍しそうです。是非チェックしてみてくださいね。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。

シェアしよう!