ライフスタイルを充実させよう☆魅力のキャニスター特集

今回は、キッチンで活躍する汎用性やインテリア性の高い、キャニスターをご紹介します。食材の保存や日々の調理での使用、食器のように扱ったりと、使い勝手の良さが魅力のキャニスターは、キッチン周りには欠かせないものですよね。これらのキャニスターを使用して、ライフスタイルをUPさせてみませんか♪

2017/10/16 更新
著者:
ライフスタイルを充実させよう☆魅力のキャニスター特集

著者名

edit_ao

edit_ao

いつもの暮らしが楽しくなるようなトピックスをあちこち探してます。いろんな情報を皆様とシェアできましたら、うれしいです。どうぞよろしくお願いします。

今回は、キッチンで活躍する汎用性やインテリア性の高い、キャニスターをご紹介します。食材の保存や日々の調理での使用、食器のように扱ったりと、使い勝手の良さが魅力のキャニスターは、キッチン周りには欠かせないものですよね。これらのキャニスターを使用して、ライフスタイルをUPさせてみませんか♪

食のライフスタイルをUP!キャニスター特集☆

野田琺瑯のホワイトシリーズ

サイズが豊富に揃っている野田琺瑯のホワイトシリーズは、インテリア性が高いシンプルなデザインと、サイズが豊富に揃っているところが魅力です。琺瑯は熱に強く、キズがつきにくいため、衛生的に使うことができ、食材の調理や保存などにぴったりです。特にレクタングルやスクエアなど、角ばったフォルムは収納場所に収めやすく、人気があります。


 

広告

 

野菜の皮をむいてカットしたもの、茹でたものなど、新鮮なうちに下処理しておいた野菜を保存しておく時にも、琺瑯容器は活躍します。事前にこれらを冷蔵庫にストックしておけば、調理の時間も短縮されますね。


 

ニオイ移りしにくい琺瑯容器は、味噌漬けにした肉や、下処理した魚の保存にも向いています。琺瑯表面はガラス質なので、雑菌が繁殖しにくい点も◎ 浅いタイプは肉や魚を扱うのに向いており、冷蔵庫内で重ねて置けるのがGOOD。まとめて下ごしらえしておけば、献立も充実しそうです♪


 

持ち手がついたタイプは、取り出しやすく、持ち運びしやすいのがメリットです。また、琺瑯は電子レンジ仕使用は不可ですが、直火にかけることは可能です。そのため保存しておいたダシやスープの素など、冷蔵庫から出して、そのまま調理に取り掛かることができます。


 

こちらは、左からシール蓋・琺瑯蓋・密閉蓋と並んでいます。3種類の中から、食材や用途ごとに選ぶことが可能です。


 

コーヒー豆の保存なら、湿気予防に密閉蓋がベストです。琺瑯容器は、常温で保存しておきたい様々な食材にも活用できるのがうれしいですね。また、ホワイトなので、様々なインテリアシーンに馴染みやすいこともポイントです。


 

WECKの保存瓶

WECKのキャニスターは、ほどよい厚みのあるフォルムと、レトロな風合いのリサイクルガラス素材が特徴です。サイズ展開が豊富で、食材や用途ごとに使い分けることができ、お手入れもしやすいなど、使い勝手の良さで人気があります。


 

広口で使いやすいデザインのキャニスターは、日常的に使用する上で欠かせない条件のひとつですよね。また、汎用性が高いのでドライフードや調味料、ピクルスやオイル漬けなど、様々な食材の保存に向いていることも、長く愛用できるポイントです。


 

WECKの専用のゴムパッキンとクリップを使用すれば、湿気を防ぎ、密封性を高めるため、長期保存に対応することができます。また、スパイスなど香りの強い食材もしっかり密封することで、風味を保つことができます。


 

浮き上がったロゴがおしゃれなWECK用のプラスチックカバーです。開閉が容易なので、デイリー使いとしてぴったりです。しっかりした蓋は、ジャムやシロップなどを保存したい時に便利ですね。ちなみにこちらに掲載はありませんが、木蓋やコルク蓋、シリコンキャップのラインナップもあります。


 

ボール社のメイソンジャー

ボール社のメイソンジャーは、ダブルキャップ構造で密封性が高く、丈夫なガラス製でシンプルなフォルムが特徴です。食材の保存以外にそのデザイン性の高さゆえ、ドリンクを入れてグラスがわりにしたり、アイスやケーキを入れパフェ風にアレンジしたりするなど、食器のようにアレンジして使われることが多いのも頷けます。


 

 

いろいろなフレーバーのキャンディをつめれば、カラフルで、ワクワクするようなビジュアルに♪ シールやリボンなどでラッピングすれば、このままプレゼントできそうですよね。


 

メイソンジャーに入れたジャーサラダは、とてもポピュラーなレシピですよね。ボリュームもあって、豊富な種類の野菜を摂取できるのがGOOD。ビジュアルの美しさに加え、野菜の組み合わせや合わせる食材、そしてドレッシングの種類によって、それぞれテイストが異なったものを味わえる点が魅力です。


 

セラーメイトチャーミークリア ー

蓋はメタクリル樹脂、本体はガラス製のセラーメイトチャーミークリアーです。広口設計なので粉物など中身が取り出しやすく、かつ補充もしやすいデザインです。引き出しに入れても透明蓋なので、上から見て中身がすぐに分かります♪


 

ナチュラルな英字プリント

シリアルやマカロニなどある程度の量を保存しておくには、やや容量の多いキャニスターがぴったりです。こちらは正面に英字デザインが入っていて、ナチュラルな雰囲気がかわいいですね♪


 

蓋部分には折りたためるハンドルがついており、開ける時はハンドルを上げ、ハンドルを倒すことで密封できる仕組みとなっています。


 

LeParfeitのボーカルジャー

こちらは、しっかり密封できるLeParfeitのボーカルジャーです。季節のフルーツの美味しさを閉じ込めたジャムや、フレッシュな野菜を使った栄養たっぷりのソースなど、風味をキープし、かつ衛生的に保存することができます。


 

繊細でシンプルなデザイン

繊細でシンプルなデザインのガラスケースは、様々なインテリアシーンにフィットします。スタッキング可能なので、省スペースも実現するのでコンパクトなキッチンにも対応できます。余計な装飾のないフォルムは、並べるとまるでオブジェのような佇まいですね。


 

緩やかなカーブを描くデザイン

こちらは緩やかなカーブを描き、ガラスドームをイメージさせるフォルムが愛らしいキャニスターです。ステンレス製の蓋はシリコーン付きで高い密封性があります。食材を美しく魅せてくれる、芸術性の高いデザインです。


 

スチール製のキャニスター

3サイズがワンセットになったキャニスターは丈夫なステンレス製で、パッキン付きの蓋は半透明となっています。コーヒー豆やグラノーラなどの食材の保管の他、ランチボックスとしても使用できるなど、フレキシブルに活躍するキャニスターです。マニッシュなデザインも魅力です。


 

まとめ

今回は、機能性やデザイン性が高い、キャニスターをご紹介しました。シンプルなデザインと使い勝手の良さを叶えたキャニスターなら、毎日の食のシーンを盛り上げてくれますよね。ぜひキャニスターを活用してみてくださいね♪

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。

シェアしよう!