みんなどう着てる?ユニクロの秋トップス★コーディネート実例集

さり気なくトレンドを盛り込みつつも、シンプルで着回しやすいユニクロのアイテム。早速秋の新作が出ていますが、オシャレな人がどんな風に着こなしているのか気になるところですよね。そこで今回は、ユニクロの秋トップスを使った素敵なコーディネートをご紹介したいと思います。

2017/09/15 更新
著者:
みんなどう着てる?ユニクロの秋トップス★コーディネート実例集

著者名

tentenwork

tentenwork

男の子を子育て中の主婦です。それまではセレクトショップを中心に、約10年間アパレル業界で仕事をしていました。プチプラブランドからセレクト系まで、等身大のおしゃれをご提案できたらと思います★

ユニクロの秋トップス、みんなはどう着ている?

さり気なくトレンドを盛り込みつつも、シンプルで着回しやすいユニクロのアイテム。早速秋の新作が出ていますが、オシャレな人がどんな風に着こなしているのか気になるところですよね。そこで今回は、ユニクロの秋トップスを使った素敵なコーディネートをご紹介したいと思います。

カットソー編

マーセライズコットンフレアスリーブT

レディライクなラッフル袖がポイントのカットソーは、腕が細く見える長さに計算されているそう。深みのあるグリーンを黒のワイドパンツと合わせて、大人シックな秋らしいキレイめなコーデにまとめています。


 

広告

 

前と同じラッフル袖のカットソーを、ワークパンツやスニーカーに合わせて甘辛ミックスに。シルクのような光沢のある素材感なので、カジュアルになり過ぎずにスタイリング出来ます。


 

ベロアプルオーバー

ブラウンのベロアプルオーバーにベージュのフレアスカートを合わせて、秋らしいレディライクな装いに。全体を茶系のワントーンでまとめていますが、小物のディティールや素材感などでメリハリを付け、単調にならないようにしています。


 

大ヒット中のワッフルクルーネックT

ベージュのワッフルクルーネックTにブルーデニムを合わせたカジュアルコーデです。ニットをまとったかごバッグとバレエシューズで、甘さと季節感をプラスしています。


 

白のワッフルクルーネックT×デニムに、黒の小物と白のファーサンダルでモノトーンにまとめたコーデ。シンプルですが、短めショルダーのサコッシュやベレー帽、ファーの素材感で全体的にメリハリを付けて、こなれた雰囲気に。


 

幾何学模様がインパクトのあるマスタードイエローのスカートをメインに、黒のワッフルネックTとサイドゴアブーツを合わせてすっきりと。ワッフルTのゆったりしたシルエットが、コーデに程よい抜け感を出しています。


 

黒のワッフルネックTに、ドット柄のパンツを合わせて。ベレー帽やかごバッグで、フレンチカジュアルな装いです。


 

ブラウス編

イネスのドットプリントで

イネスとのコラボラインのブラウスを、デニムと合わせてシンプルに。ワイン色のドット柄がレディライクな印象ですが、丸サングラスで辛口なテイストをプラスして、こなれた雰囲気に着こなしています。


 

ドレープモックネックブラウスで

ドレープモックネックブラウスの深い赤をメインに、あとは黒でまとめたコーデ。パンツもユニクロのベロアパンツで、上品な雰囲気です。大ぶりなイヤリングも今年らしい装いのアクセントになっています。


 

大人気のエクストラファインコットンギャザーブラウスで

大人気のエクストラファインコットンギャザーブラウスのネイビーを使ったコーデ。ベレー帽とボトムスも色を揃え、ワントーンにすることでスタイリッシュな印象に。足元は白のコンバースで軽さと抜け感を出しています。


 

こちらもギャザーブラウスのブラウンにドット柄のスカーチョを合わせて、レトロ&クラシカルな装いに。ロングネックレスや大ぶりのイヤリングでモード感をプラスしつつ、足元はマニッシュなサイドゴアブーツでハズすなど、小物づかいが光るスタイリングです。


 

 

コットンドビーラッフルブラウスで

ビクトリアン調の襟元がエレガントなコットンドビーラッフルブラウスを、カーキのワイドパンツに合わせて甘辛ミックスに。全体的にスモーキーなカラーリングで、大人ナチュラルな雰囲気です。


 

同じくコットンドビーラッフルブラウスの黒で、他のアイテムもワントーンにまとめたコーデです。甘い印象になりがちなラッフルブラウスが、クールでモードライクな印象に。


 

ニット編

ニットは定番的なシンプルベーシックタイプに、トレンドライクなボトムスを合わせたコーデをご紹介★

 

UVカットのカーディガンとインナーのツインに、ボトムスはネイビーのベロアワイドパンツを合わせて。ベーシックでシンプルなトップスだからこそ、ベロアの質感が際立ち、さり気なくトレンドを取り入れた着こなしに。イエローのバブーシュが差し色になっています。


 

ドレープタンクブラウスをインナーに、ベーシックなクルーネックカーディガンを羽織って。どちらもユニクロです。オフィスシーンでも着られそうなキレイめなトップスの組み合わせに、グレンチェックのワイドパンツを合わせれば、一気にトレンドライクな装いになります。


 

まとめ

いかがでしたか?カジュアルからキレイめにモードなタイプまで、様々なスタイリングが楽しめるユニクロの秋トップス。ぜひコーディネートの参考にしてみてくださいね。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。

シェアしよう!