オフィスカジュアルコーデ50選!秋冬の通勤スタイルの参考に☆

オフィスファッションというと、きちんとしたいかにもビジネスライクなスーツや会社で決められた制服…という印象がありますが、もっとくだけたファッションでもOKな会社もあります。ただカジュアルな中にもきちんと感は必要。そこでこの秋・冬に着ていきたくなるようなオフィスカジュアルなファッションを集めてみました。

2017/09/21 更新
著者:
オフィスカジュアルコーデ50選!秋冬の通勤スタイルの参考に☆

オフィスファッションというと、きちんとしたいかにもビジネスライクなスーツや会社で決められた制服…という印象がありますが、もっとくだけたファッションでもOKな会社もあります。いわゆるオフィスカジュアルOKな会社。カジュアルとはいってもあくまでオフィスファッションなので、カジュアルな中にもきちんと感は必要。それでいておしゃれでいたいんですよね。そこでこの秋・冬に着ていきたくなるようなオフィスカジュアルなファッションを集めてみました。

きちんと感のあるシャツやブラウスを

カジュアルとはいってもきちんと感は必要なオフィスカジュアル。そのためオフのカジュアルよりはきちんと感のあるファッションを心掛けたいもの。黒いシャツできちんと感を出しつつも、ちょっと大胆な開襟でカジュアルに。


 

広告

 

フェミニンなブラウスは、きちんと感があるうえに女性らしいファッションを楽しめるアイテム。オフィスカジュアルにはおすすめのアイテムです。カジュアルな中にもオフィスさを感じさせるなら、カラーはベーシックなベージュで。


 

襟元がしまったベージュのシャツは、きちんと感を感じられるアイテムですね。柄もベーシックなストライプ柄で、カジュアルな中にもオフィスらしさを感じられます。カジュアルすぎないのも好感度が高いですね。


 

襟なしのシャツで、カジュアル感を出しているオフィスカジュアルスタイルです。スカートや靴、小物などにダークカラーを使ってオフィスならではのきちんと感を出しているので、シャツでカジュアルダウンを図ってみては。


 

白いシャツできちんと感のあるオフィススタイルを作りながら、パンツはゆったりめのカジュアルダウンでオフィスカジュアルなスタイルに。カラーが鮮やか系だとカジュアルすぎるので、抑え目カラーでしっとりと。


 

動きやすいパンツコーデ

動きやすいパンツコーデはオフィスでも大活躍。でもどんなパンツを選んでいいのかは迷いますよね。会社の雰囲気にもよりますが、デニムは避けた方が無難です。リラックスなストレッチパンツも、センタークリースできちんと感を。


 

トップスにカジュアル感の強いイエローのセーターを合わせるなら、ボトムスはきちんと感のある黒パンツで。オフィスカジュアルはあくまでもオフィスでのファッションなので、どちらかをカジュアルにしたら、どちらかをきちんと系でバランスをとってみては。


 

トップスにボーダーのプルオーバー、ボトムスがジョッパーズパンツというかなりカジュアルな雰囲気のファッションになっています。バッグとパンプスを黒で揃えて、カジュアルな中にもオフィス感を。


 

ハイネックのニットが秋冬らしいファッションですね。ボトムスはガウチョパンツで、フェミニンな装いを。黒とチャコールグレーのダークカラーコーデなので、バッグをホワイトにして明るさをプラス。


 

インナーがリラックス感のあるブラウスなので、ジャケットを羽織ってオフィスライクに。ジャケットもあまりかちっとならずに、これくらいのゆる感があった方が、オフィスカジュアルにぴったりといえるでしょう。


 

 

フェミニンなタイトスカートは外せない

フェミニンさをアピールするなら、マストアイテムはやっぱりスカート。いちおしはオフィスライクなファッションにぴったりのタイトスカートです。膝下のタイトスカートはきちんと感があるので、カジュアルに傾きすぎるのを防いでくれます。


 

グレー系でカラーコーデしたタイトスカートのオフィスカジュアルです。グレー系でもカラーの明るさが違うので、ファッショナブルに仕上がっていますね。足元にはベージュのパンプスを合わせてベーシックな差し色として。


 

カジュアル寄りがOKなオフィスなら、タイトスカートも短めで攻めてみては。コーデをブラック系で統一して、露出を少なくすれば案外ひざ上ミニスカートでもフォーマル寄りなオフィスでもいけちゃうかも。


 

テーラードカラーのジャケットにタイトスカートのきちんと感があるコーデです。インナーがシャツではないので、カジュアル感もありますね。ちょっとだけカジュアルダウンな、オフィスカジュアルです。


 

シャツとタイトスカート、シャツ以外のアイテムは黒で統一しているコーデです。黒のジャケットを羽織ったら、そのままフォーマルなファッションになりそうなコーデですね。カジュアルな中にもきちんと感があります。


 

秋冬ならではのカーディガンコーデ

秋冬でのカジュアルコーデでワードローブにぜひ加えたいのが、カーディガン。デザインによってはカジュアル度の高さが調整できるので、オフィスの雰囲気に合わせたオフィスカジュアルな装いができますね。


 

落ち着いた雰囲気のモノトーンコーデに、明るめなベージュのロングカーディガンをコーデしてカジュアルダウン。ゆったりとしたシルエットのオフィスカジュアルコーデになっています。足元はパンプスできちんと感を。


 

きちんと系カジュアルなスタイルですね。グレーのカーディガンを合わせたクルーネックのブラウスに、スキニーパンツというタイトなシルエットもできる女っぽく見せています。


 

きれいめカーディガンを使ったオフィスカジュアルは、センタークリースのきちんと系を主張しながらも、くるぶしより上のクロップドパンツでカジュアル感が出ていますね。トップスがダークカラーなので、ボトムスは白系にして明るさを。


 

ロングカーディガンで襟なしブラウスとベージュのベーシックなパンツといったオフィスコーデをカジュアルダウンしています。インナーはピンクですが、全体的にペール系なので、しっとりとした印象に。


 

 

ストールやマフラーで秋冬を楽しんで

秋色モードなストールを用いたオフィスカジュアルのコーデです。ニットとプリーツスカートのコーデはそのままデートにも使えそうなくらい、フェミニン。華やかなオフィスカジュアルですね。


 

白の襟なしブラウスとワイドなブラウンのパンツコーデは、ゆったりとしたシルエットと落ち着いたカラーとでオフィスカジュアルなコーデになっています。そこにストールをプラスして、ちょっとシンプルになりがちなコーデのアクセントに。


 

白いブラウスと巻きスカートのようなスリットが入ったタイトスカートの、シンプルなコーデをチェックのストールで華やかにカジュアルダウンしています。ストールが印象的な分、バッグとパンプスもシンプルに。


 

カジュアル寄りなオフィスカジュアルコーデですね。ウエストが絞れるモスグリーンのワンピースは、スカートがフレアになっていてとってもフェミニン。きちんと感があるので、大きめバッグと合わせてオフィスに着ていきたいファッションですね。


 

プルオーバーのトップスに、ワンタックの入ったパンツはきちんと感漂うコーデ。すそをロールアップさせてカジュアル感をかもし出しています。長めに巻いたマフラーもキュートで、ほっこりする印象に。


 

コートを羽織って通勤スタイル

秋冬の通勤スタイルに欠かせないのがコート。オフィスカジュアルなコーデにはシンプルなラインとデザインのコートがおすすめです。カラーもキャメルやベージュといったベーシックカラーを選んだ方がいいでしょう。


 

ノーカラーのコートですが、すそに向かってラインがフレアに広がるフェミニンなデザイン。冬にはしっかりと着込んで、秋には羽織って着るのもいいですね。インナーもベーシックなカラーでコーデして。赤いパンプスが差し色になっています。


 

オフホワイトのコートは、白いコートより落ち着いて見えるので、通勤向けのカラーといえるでしょう。インナーはトップスが白のタートルネックなので、ボトムスにチェックのパンツをあしらってカジュアルダウン。


 

白いケーブルニットとスカートのセットアップは、上品さを感じさせるコーデ。フェミニンな印象が強いコーデなので、チェスターコートを合わせてオフィスライクなコーデに仕上げましょう。


 

裾がフリルになったニットやグレイッシュなレーススカートは甘めなフェミニン仕様。オフィスカジュアルでコーデするなら、メンズライクなチェスターコートでフォーマル感を出して。


 

 

秋冬といえばやっぱりブーツ

夏が終わったことを実感するのは、ブーツを履きだしたあたりから…。なんてブーツで季節を感じる人も多いのではないでしょうか。季節感を感じさせてくれるアイテムは、おしゃれにはマストなアイテムですよね。ブーツのオフィスカジュアルコーデを紹介しましょう。


 

もこもこのスヌードで上半身に重心を置いたら、下半身はシンプルなコーデで。黒タイツとシンプルなブーツですっきりとみせています。インナーは白とベージュの明るめカラーですが、コートはダークカラーで秋冬っぽく。


 

グレーがベースとなっているオフィスカジュアルのコーデです。トップスとボトムスのスカートでは質感が違いますが、実はワンピースなんです。スカート丈が膝下なので、カジュアルな中にもフォーマルな雰囲気がありますね。


 

シャツをニットにインしたコーデです。襟や袖口、すそからのぞくシャツが可愛らしさを感じさせますね。足元のブーツもカジュアルなので、スカートはシンプルな台形スカートできちんと感を。


 

オフショルダーのトップスに、マーメイドラインを思わせるタイトスカートでフェミニンなコーデを作っています。デザインがフェミニンな分、カラーはグレーとインディゴブルーのダークなカラーをチョイスして。


 

カラーにこだわった秋冬コーデを

モスグリーン

シックな秋冬のカラーでおすすめなのが、モスグリーン。深く落ち着いた緑色は、太陽の光が和らぐ季節にはぴったりのカラーです。秋冬のオフィスカジュアルにも取り入れていしまいましょう。ロングカーディガンでカジュアル感をプラス。


 

きちんと感のあるハイウエストのスカートにモスグリーンを取り入れてみては。タートルネックのトップスとシンプルなショートブーツを合わせると、モスグリーンのカラーが引き立ちます。


 

膝下のロングタイトスカートにダークな黒を取り入れたら、トップスは明るめカラーで攻めちゃいましょう。モスグリーンもペールカラーなら明るい印象になります。オフホワイトのスヌードとの相性も抜群ですね。


 

ボルドー

シックなボルドーは大人な女性にはぴったりのカラー。華やかさがありますが、落ち着いた印象のカラーなので、秋冬に取り入れたいカラーです。グレイッシュなダークカラーコーデの差し色としても使えますよ。


 

グレーのトップスに黒いパンプス、黒いバッグとダーク系カラーのコーデを、フェミニンなオフィスカジュアルに仕上げているのはボルドーのリブニットタイトスカート。デザインもカラーも季節感を感じさせてくれます。


 

グレーのトップスと白のパンツ、ベージュのコートとベーシックなカラーコーデですが、明度が高いので明るめなカラーコーデになっていますね。トレンチコートとパンツのメンズライクなコーデですが、パンプスにボルドーを持ってきて女性らしさもアピール。


 

 

テラコッタ

素焼きの陶器の色といわれるテラコッタカラーは、赤とブラウンの中間のようなカラーで、落ち着きがあって渋めなカラー。日本人の肌色にもなじみやすいカラーといわれています。そんなテラコッタをスカートに取り入れて、黒コーデの差し色に。


 

スタイリッシュなロングジレを取り入れたオフィスカジュアルなコーデです。テラコッタのセットアップに、ネイビーのロングジレといった秋冬ならではのカラーをコーデしています。デザインがシンプルなので、首元にスカーフを合わせておしゃれ度をアップしてみて。


 

黒のボートネックにテラコッタのパンツを合わせています。トップスもボトムスも濃いめのカラーなので、足元のパンプスをオフホワイトにして明るさをプラス。秋冬らしい落ち着いたオフィスカジュアルなコーデですね。


 

ピンク

オフィスカジュアルといっても、フェミニンさは必要!フェミニンの代表的カラーといえばやっぱりピンクでしょう。カジュアルとはいえオフィスコーデなので、ダスティピンクといったシックな色合いで。


 

インナーにピンクを合わせているコーデです。ピンクとグレーは色の相性がいいので、グレーのコートを持ってくることでお互いが引き立っていますね。ボトムスは全体を落ち着けるように黒でしっとりと。


 

秋色らしいベージュとピンクのコーデです。タイトなシルエットのニットとアシンメトリーなプリーツスカートのコーデはきちんと感がありながらもとってもフェミニンで、デートにもこのまま使えそうなコーデですね。


 

ブルー

ネイビーのオーバーブラウスをグレーのタイトスカートにインしてきちんと感を出しているコーデです。ベイビーとグレーのダーク系カラーに黒のバッグとブーティーを合わせているので、落ち着いた印象に。タイトスカートのウエストベルトをリボン結びにしてフェミニンに。


 

ネイビーのコートとベージュのスカート、ブラウンのブーティーと秋冬らしいカラーのコーデですね。ダッフルコートとフレアスカートのコーデは、オフィスカジュアルな中にもガーリーさがありますよ。


 

タックの入った黒のパンツとバッグ、パンプスのシックさを感じるコーデに、きれいめカラーのブルーをトップスに合わせて。トップスは透け感のあるカーディガンなので、オフィスカジュアルな中にもフェミニンさを感じさせてみては。


 

まとめ

秋冬にぴったりなオフィスカジュアルのコーデを紹介しました。オフィスカジュアルといっても、フォーマル寄りだったりカジュアル寄りだったり。オフィスの雰囲気などに合わせて、オフィスカジュアルなコーデを楽しんでみてくださいね。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。

シェアしよう!