【ダイソー・セリア】100均アイテムで簡単DIY♡空き缶をおしゃれにリメイクしよう♪

使い終わったらごみになるだけの空き缶。でもごみで捨てるなんてもったいない!100均のアイテムを使ってDIYすれば、おしゃれにリメイクできるんですよ。缶を100均アイテムでDIYした実例をご紹介します。

公開日:2017/08/18
著者:
【ダイソー・セリア】100均アイテムで簡単DIY♡空き缶をおしゃれにリメイクしよう♪

使い終わったらごみになるだけの空き缶。でもごみで捨てるなんてもったいない!100均のアイテムを使ってDIYすれば、おしゃれにリメイクできるんですよ。缶を100均アイテムでDIYした実例をご紹介します。

缶は100均アイテムでDIY

ダイソーのアクリル絵の具

ダイソーのアクリル絵の具は、シャビーシックな雰囲気を出すのにぴったりなアイテム。アクリル絵の具は乾かすと耐水性があるので、グリーンを入れてプランターのようにして使ってみてもいいですね。

シャビーシックな缶の作り方はこちら


 

広告

 

セリアのステンシルシート

缶にペイントでリメイクを施しても、カラーを置いただけではちょっとシンプルすぎる…と思うなら、ステンシルシートをアクセントに使いましょう。ステンシルシートを全部貼るのではなく、部分使いしても素敵ですね。

ステンシルシートを使った缶の作り方はこちら


 

ダイソーとセリアのアクリル絵の具

こちらもアクリル絵の具でDIYリメイクしています。アクリル絵の具を使ったDIYリメイクといっても、どんなカラーを使うかによって仕上がりがまるで違います。ダークカラーを使うと、男前な雰囲気にリメイクできます。かっこいいですね。

男前な缶の作り方はこちら


 

セリアのポスター

気に入ったポスターがあれば、そのデザインを缶に貼り付けてリメイクしてしまいましょう。実例で使っているのは、アンティークフラワーポスター。華やかなフラワーデザインが、アンティーク調で何ともおしゃれな仕上がりに。

デザインポスターを使った缶の作り方はこちら


 

セリアのつや消し

缶をDIYリメイクしたら、外見の質感はとても大事。セリアのつや消しブラックとつや消しホワイトを使って、セメントのような渋い質感を出しています。もちろん実際にセメントで塗装はしていませんよ。ペンキで塗装しています。

セメント風の缶の作り方はこちら


 

ダイソーのデコパージュペーパー

空き缶を下地のデザインがすっかり消えるようにホワイトを3度塗りしたら、その上からデコパージュペーパーを貼っていきます。いろいろなデザインのデコパージュペーパーを貼ってバランスよく。デザインを考えながら貼るのは楽しそうですね。

デコパージュペーパーを使った缶の作り方はこちら


 

ダイソーのアクリル絵の具

使い勝手のよいダイソーのアクリル絵の具。下地として塗り込んでいます。でこぼことした質感は小麦粉とペンキを混ぜた塗料を塗ったもの。DIYならではのアイデアですね。錆びた感じが、こなれ感をかもし出していて素敵です。

アクリル絵の具を使った缶の作り方はこちら


 

セリアのリメイクシート

缶はセリアで購入したものです。もともとのデザインはブルックリン風だったとのこと。そこにさらにリメイクシートを貼ってDIYしていきます。表と裏とでデザインが違うので、その時の気分に合ったデザインの使い方ができますね。

リメイクシートを使った缶の作り方はこちら


 

100均のシート

果物が入っていた缶詰の缶に、リメイクシートを貼ってDIY。リメイクシートはレッド系のブラウンカラーで、単色使いをしており無地です。そこに同じく100均で手に入れたステンレスシールを貼っています。味わいのあるリメイクになりましたね。

ステンレスシールを使った缶の作り方はこちら


 

100均の転写シート

缶に下地を塗ったら、あとはお好みのカラーを塗っていきます。単色使いでもいいですし、カラーを組み合わせてカラフルにしてもいいですね。もちろん色を塗るだけでなく、100均の転写シートを貼っても素敵。味わいが出ます。

転写シートを使った缶の作り方はこちら

 


 

まとめ

缶を100均のアイテムでリメイクしたDIY実例をご紹介しました。缶は身近に手に入る材料。小物入れやプランター代わりにも使えます。ぜひ、おしゃれにDIYリメイクしてみてくださいね。

 

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。

シェアしよう!