空き缶はリメイクへ!簡単DIYで空き缶がおしゃれなインテリアに変身♡

缶詰やドリンクの空き缶をおしゃれに加工するリメイク缶。海外で火が付いたDIYアイデアですが、トレンドの波は日本にもやってきています。今まで空き缶を何気なく捨てていた人も、簡単でおしゃれなリメイク缶作りに挑戦してみませんか?

2017/05/20 更新
著者:
空き缶はリメイクへ!簡単DIYで空き缶がおしゃれなインテリアに変身♡

著者名

Lylastar7

Lylastar7

音楽もファッションもインテリアもちょっぴりエッジの効いたものが好き。アンテナを張り巡らせて出会った素敵なインテリア。皆様にもご紹介していきます。

缶詰やドリンクの空き缶をおしゃれに加工するリメイク缶。海外で火が付いたDIYアイデアですが、トレンドの波は日本にもやってきています。今まで空き缶を何気なく捨てていた人も、簡単でおしゃれなリメイク缶作りに挑戦してみませんか?

アイデア満載!おしゃれなリメイク缶作り

まずは貼るだけで

DIY初心者さんなら、リメイクシートを使った簡単リメイク缶がおすすめ。お好みのデザインのシートを貼り付けたら、これだけでもただの空き缶がおしゃれなインテリア小物に変身です。

詳しい作り方はこちら


 

フルーツ缶が男前に!

スチール製のフルーツ缶をブラックに塗装したら、お好みのラベルを表面に貼るだけでおしゃれなリメイク缶に。使い古したようなザラついた質感を作るのは、なんとアクリル絵の具。程よく重ね塗りしてヴィンテージ感を演出しましょう。

詳しい作り方はこちら


 

広告

 

ニュアンスのあるカラーで

こげ茶やキャメルなどサビ感のある塗料を重ねていくのもおすすめ。長い間風雨に晒されていたような、深みのあるカラーを楽しめます。相性のいい多肉植物を入れたり、たくさん並べてディスプレイにするのもおしゃれ。

詳しい作り方はこちら


 

ブルーで爽やかに

夏らしいスカイブルーのリメイク缶は、なんとセリアの水性塗料で塗装したもの。100均グッズとは思えない発色の良さですよね?縁を飾る鮮やかなアクセントも100均のヘアゴムと毛糸を使った手作り。ボヘミアンな雰囲気がカッコいいですね。

詳しい作り方はこちら


 

オブジェのように

敢えてフタを切り離さずに加工したリメイク缶。シャビーなホワイトカラーとフラワーモチーフのステッカーが、ガーリーな雰囲気を作ります。パールのアクセサリーでアクセント付けしたら、アンティークなディスプレイにぴったりです。

詳しい作り方はこちら


 

ブラックをラブリーに

media

yo-ko.chi

出典:instagram.com

男前インテリアのイメージが強いリメイク缶ですが、こんなキュートなアイデアもあるんです。シーチキンの空き缶をブラックに塗装したら、ガーリーな編み込み花のアクセントを散らすだけ。ホワイトのサインも軽快な雰囲気です。


 

バッグタイプ

ドリンク用のアルミ缶は、柔らかいので加工も楽々。底をつぶして広げてあげれば、バッグ型のおしゃれなリメイク缶が作れます。お好みの塗料で塗装して、雰囲気のある小物入れに。

詳しい作り方はこちら


 

デニムでおめかし

media-1

あい

出典:instagram.com

塗装するだけがリメイク缶ではありません。パッチワークのデニム生地を張り付けたら、ハイセンスなリメイク缶の出来あがり。ベルトループや革のラベルがいいアクセントになっていますね。


 

まとめ

空き缶を使ったリメイク缶作りをご紹介しました。いままで捨てるだけだった空き缶も、工夫次第でこんなにおしゃれなインテリアになるなんて驚きですよね。おしゃれなリメイク缶は、インテリアの素敵なアクセントになること間違いなし。みなさんもぜひリメイク缶に挑戦してみてくださいね。

 

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。

シェアしよう!

関連タグ