ウエストINもなし!『ゆるゆるコーデ』をバランスよく仕上げるための6つのポイント

ゆったりめのトップスとボトムでつくる「ゆるゆるコーデ」。今っぽいのに楽チンそうで、すぐにでも実践してみたい!けれど、単にだらしなく見えるのは避けたいですよね。というわけで今回は、ゆるゆるコーデをスタイリッシュにまとめるための、マル秘Tipsをご紹介!パンツスタイルを中心にピックアップしましたので、カジュアル派は特に必見です★

公開日:
著者:
ウエストINもなし!『ゆるゆるコーデ』をバランスよく仕上げるための6つのポイント

著者名

masumi0330

masumi0330

ファッション系メディアライター。また、「スタイルプロデューサー」としても活動中。 みなさんのコーデに関する悩みを解決すべく、各種情報発信をしたり、ちょっと変わった手法で個人のスタイリングをコンサルしています。 とにかくオモロイことが好き★

ゆったりめのトップスとボトムでつくる「ゆるゆるコーデ」。今っぽいのに楽チンそうで、すぐにでも実践してみたい!けれど、単にだらしなく見えるのは避けたいですよね。というわけで今回は、ゆるゆるコーデをスタイリッシュにまとめるための、マル秘Tipsをご紹介!パンツスタイルを中心にピックアップしましたので、カジュアル派は特に必見です★

ワークパンツにはガーリーブラウスをON

レースブラウスで甘辛MIX

メンズライクなカーキパンツと、乙女なホワイトトップスの組み合わせ。このテイストブレンドスタイルは、今季の鉄板コーデです!


 

重心を上に引き上げるカンカン帽

着姿に雰囲気を出す夏っぽ帽子は、全体のウェイトを分散させる効果もアリ。さらに身長も盛れるので、トータルの均整を取りたいときには心強い味方です。


 

 

小物で遊んでもオシャレにキマる♪

とことんスポーティーな足元に、ちょっと変わったデザインのクリアバッグ。そんな「無難じゃない」アイテム合わせでも、白ブラウスとカーキパンツの上下なら、散らかった印象にはなりません。


 

透けトップスでデニムをソフトな印象に

ボトムの肉厚感をブラウスで軽く

生地にゴツみのあるデニムパンツは、ワイドになればなるほど厚ぼったくなりがちです。でも肌がほのかに透けるエアリートップスを持ってくれば、その重々しさが一気に軽減!


 

短め丈ならバランスも取りやすい

モードな柄が都会の空気を醸すデザイントップス。直線的なボックスシルエットに加えて、ミニマムなショート丈になっているので、ゆるめパンツにも難なくフィットしてくれます。


 

スッキリまとまる縦見えトップス

白パンツでも膨張感の心配なし!

Iラインをつくる代表的なプリントと言えば「ストライプ」。ダボ系ボトムを持ってきても、シャキッと清潔感のある着こなしが完成します。


 

ネイビー×ベージュの上品配色

ルーズなパンツを洗練された配色で真面目顔に。シャツのセンターに配されたボタンのおかげで、さらにすっきりとした印象になっています。


 

赤バッグでコーデをレディに風味付け

キャップ、スポサン、リラクシーパンツ…。そんなエフォートレススタイルを大人に昇華するのは、どこか懐かしさを感じる派手色ショルダーバッグです。


 

視線を上半身に集めるレイヤード

トップに立体感を持たせてメリハリを

トレンドのキャミソールは、アウトフィットに抑揚がつく優秀アイテム。下に重みが出やすいゆるゆるコーデも、偏りのない着こなしに仕上がります。


 

小粋さが備わるカーデの肩掛け

羽織りものでポイントを置けば、目線は自然と上半身へ集中!カーデとトップスのカラートーンを合わせると、美しいグラデーションもつくれます。


 

肌見せでこなれヌケポイントを

足首を出して華奢なイメージを演出

くるっとパンツの裾をワンロール。さり気なくくるぶしを出すことで女っぽ指数が上昇!メタリックなサンダルも、その存在感を発揮します。


 

ショートパンツを使ったヘルシーコーデ

一歩間違えるといやらしくなってしまうミニ丈ボトムも、ゆるめシルエットなら程よく元気な印象に。カッチリとしたスクエアトートで、しっかり洋服とのギャップも出しましょう★


 

 

今年らしいゆるワンピとのマッチング

イージーデニムを忍ばせて

グレーの静謐ワンピが、ブルージーンズとペアを組ませたことでこなれたカジュアルスタイルに。デコルテを広めに開けて色気もバッチリ!


 

爽やかなシャーベット系カラーブロック

ロング×ロングでも、涼しげトーンなら暑苦しさはゼロ。パンツのホワイトに、澄んだラベンダーカラーがキレイに映えています。


 

長めワンピをあえて一枚で着ない

とにかく今年は、スタイリングにひと手間加えるのがお約束。普通なら一枚で着れそうなワンピでも、あえてバギーデニムを仕込みます!


 

おわりに

いかがでしたか?ストレスフリーな上に旬感も手に入る「ゆるゆるコーデ」。ただオーバーサイズのアイテムを着るのではなく、しっかりスタイリングのコツを押さえて、肩肘張らない垢抜けルックを堪能しましょう♪

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
内容について運営スタッフに報告